Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート《シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020》『スリー・フロム・ヘル』高橋ヨシキ×てらさわホークによるトークショー!

《シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020》『スリー・フロム・ヘル』高橋ヨシキ×てらさわホークによるトークショー!

2020.11.02

takahasi_terasawa (7).JPG
10月30日より開催されている「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020」。10月31日ハロウィンのヒューマントラストシネマ渋谷では『スリー・フロム・ヘル』上映とともに、高橋ヨシキ氏・てらさわホーク氏のお二人によるトークイベントが開催された。
 

<作品紹介>『スリー・フロム・ヘル』

「シッチェス2020」映画祭メインビジュアルデータ.jpg
 
殺戮大好き一家が殺人行脚を繰り広げる、血塗れロードムービー!
 
ロブ・ゾンビ監督が『マーダー・ライド・ショー』『デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2』に続いて贈るシリーズ第三弾。殺戮大好き一家のキャプテン・スポールディング、オーティス、ベイビーは警官隊の銃撃から生き残り、刑務所に入れられる。死刑を逃れたオーティスとベイビーはオーティスの腹違いの兄弟フォクシーの協力で脱獄、メキシコを目指す。狂気度を増した殺人行脚が繰り広げられる血塗れのロードムービー。
 
○監督:ロブ・ゾンビ
○出演:シェリ・ムーン・ゾンビ、ビル・モーズリー、リチャード・ブレイク、シド・ヘイグ、ダニー・トレホ
○原題:3 FROM HELL 2019年/アメリカ/115分 
2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
 

イベントレポート

takahasi_terasawa (6).JPG
 
満員となった劇場を見て、本作の感想とともに会場に集まった熱いファンに感謝の意を述べた。
 
高橋:満員じゃないですか。ロブ・ゾンビに中継で見せるべきですね。アメリカだとほとんど配信で数回しか劇場上映していないから、こんな状況を見たら泣くんじゃないかな。
 
てらさわ:本当に。世の中捨てたもんじゃない。冥利に尽きるんじゃないですか。
 
高橋:見終わったところですけど、メチャクチャ元気出るじゃないですか。これで明日も生きていけるぞと。“お前らの命より、俺の自由”という大切なことを教えてくれた映画ですね。
 
てらさわ:人間ちょっとやそっとじゃ死なないんだな。あと全体的に汚いですね、臭そうだし。でもその汚さが美しい。
 
マンソン事件に対するロブ・ゾンビ監督のコダワリも強く感じることが出来た本作。
 
高橋:オープニングはマンソン事件がベースになっていて、撮り方も凄い似せているし、ベイビーが入っている牢屋も実際にスーザン・アトキンズが収監されていた場所で撮影されていて、僕の中ではこっちの方が『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』よりもマンソン度は高い!!
 
高橋:マンソンファミリーに対する愛が高いのは間違いないですね。
 
takahasi_terasawa (1).JPG
 
高橋は本作を見る前は不安もあったという。
 
高橋:前作の最後でうわー良かったってなって、それをどうするんだろうと思っていたんです。そこを“悪魔的な回復力”で復活!その手が合ったか!!
 
キャスティングも映画愛を強く感じた本作。
 
高橋:シド・ヘイグも亡くなり、撮影されたシーンも重体だったのを1日だけ病院から許可をもらって撮影させてもらったという事です。この抜けた穴をどうするんだと思ったら、ミッドナイト・ウルフマン(フォクシー)を演じたリチャード・ブレイクの素晴しいこと。間違いない、人がまた来てしまったなと感じました。
 
takahasi_terasawa (3).JPG
 
てらさわ:絶対に友達になりたい感じですよ。あと今回ビックリしたことがあって、モーテルの親父どこかで見たな、誰かなと思っていたら、エンドロールを観てわかったんですけど、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』のリチャード・エドソンなんです。ここしばらくTVシリーズやインディ映画とかだったのがここで大フューチャーされていて、あの人を出したいという強い思いがあったんでしょうね。そこにロブ・ゾンビのインディ映画魂を感じた。
 
高橋:間違いない。タランティーノのとはまた違う形のキャスティングの目利き感があって、それも奥ゆかしい使い方をするのが素晴らしい。ロブ・ゾンビは本当に古い映画好で、舞台のセットアップを見てもジョルジュ・メリエスをやりたい人なんだと思って。
 
てらさわ:大事なとこですよね。そしてリリシズムもあります。
 
takahasi_terasawa (2).JPG
 
シリーズファンにへのサービスも
 
高橋シリーズだから同じところがあって。みんなで飲んでとっ散らかるっていう場面を楽しそうにやるっていうのと、裸なのおばさんを殺すというのを絶対やるっていう強い意志。シリーズ感も凄い高い。それにオーティスが一作目から何を言っているかわからない説教をするというパターンが今回も良かった。結構、使えるんじゃないの「そんなの不可能だ」に対して「俺が不可能だ」みたいな「俺が~~」という返し(笑)。
 
てらさわ:凄い論法ですね(笑)。発見ですよ。
 
高橋日本でこんなハロウィンの晩にこんな大勢で『スリー・フロム・ヘル』を見れるのは本当に嬉しい。みんなの熱い思いはロブ・ゾンビに時空を超えて届くと信じてます。
 
takahasi_terasawa (4).JPG
 
と集まったファンの熱い思いに感謝の意をのべ、大盛り上がりのなかトークショーは締めくくられた。
 
本作をはじめ今年も刺激的な作品が集まった「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020」。トークショーにも登壇された高橋ヨシキ氏考案のドリンクを片手に劇場スクリーンでSF・ホラー・スリラーサスペンス映画の名作の数々を是非!!
 
takahasi_terasawa (5).JPG

高橋ヨシキpresents 劇場限定オリジナルドリンクも発売中‼

「マーダー・ライド・ショー」シリーズ最新作となる本作のイメージを基に、高橋ヨシキが考案したオリジナルドリンク「ヘイル・サタン」の発売が決定しました! 血生臭い殺人行脚を連想させるビジュアルはインパクト大!ロブ・ゾンビ待望の新作に祝杯をあげられます!
 
血をイメージしたザクロ色のカクテルとなり、【ヘイルサタン レッドカクテル(テキーラベース)】とノンアルコールのソーダベースは【ヘイルサタン ノンアルコール】の2種。
 
テキーラベースのカクテルで酔い浸るもあり、ノンアルコールのソーダでスカッとするもあり。ぜひ劇場で映画と共に味わってほしい。惨殺大好きファミリーの快進撃に乾杯!
 
シッチェスドリンク.png
 
■ヒューマントラストシネマ渋谷        限定ドリンク
【ヘイルサタン レッドカクテル(テキーラベース)】450 円
【ヘイルサタン ノンアルコール】350 円

Live Info.

シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020

会期・会場:
10月30日(金)~11月12日(木) @ヒューマントラストシネマ渋谷
今秋開催           @シネマスコーレ
10月30日(金)~11月12日(木) @シネ・リーブル梅田
 
料金:当日一般:1,600円/専門・大学生、シニア:1,200円/高校生以下:1,000円
配給・宣伝:ブラウニー
協力:松竹
 
このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻