Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポートthe 原爆オナニーズのドキュメンタリー映画『JUST ANOTHER』(大石規湖監督作品)、名古屋シネマテークにて先行上映!

the 原爆オナニーズのドキュメンタリー映画『JUST ANOTHER』(大石規湖監督作品)、名古屋シネマテークにて先行上映!

2020.09.19

今年2020年で結成38年を迎える日本を代表するパンクバンド、the 原爆オナニーズ。
そのキャリア初となるドキュメンタリー映画『JUST ANOTHER』(大石規湖監督作品)の舞台挨拶付き先行上映が9月18日(金)に名古屋シネマテークで行なわれた。
 

just_another_メインビジュアル.png

あいにくの曇天模様となった名古屋市千種区今池。日本でも指折りの劇場であり、the 原爆オナニーズと同じ38年の歴史を持つミニシアター名古屋シネマテークには平日にもかかわらず朝から長蛇の列が出来た。
並ぶ人々のお目当ては、今夜20時より上映される、地元が誇るパンクバンド、the 原爆オナニーズのキャリア初となるドキュメンタリー映画『JUST ANOTHER』の舞台挨拶付き世界最速上映のチケット。ただでさえ小さな映画館なのに、コロナ禍の感染予防対策として減席での販売となるため、さながらプレミアムチケットとなってしまった。
なかには仕事を休んで来た人、他県からGo Toした人もいて、チケットは午前中で完売。本来であれば、例年この時期には街を上げての『今池まつり』が開催され、一年の中で一番の盛り上がりとなるはずだが、今年は中止。ならば『今池まつり』をフィーチャーしたこの映画で盛り上がろうと、商店街の至る所に映画のポスターに「今池ハードコアは死なず」の言葉を加えたオリジナルポスターが貼り巡らされている。
 

サブ_10.jpgメイン_web.jpg

昼間は朝の行列が嘘のように静かになった今池には雨も降り、時折り劇場に訪れてはチケットの完売を知り去っていく人の姿があった。日が暮れ始め、街に夜の帳が下りるころ、まだ上映まで1時間以上の時間があるにもかかわらず、まるで祭りの始まりを待つようにどこからともなく人々が集まり始め、名古屋シネマテークの周りは次第に活気に満ちてきた。
 
そして雨もやんだ20時前、プレミアムチケットを手にした人々は番号を呼ばれて劇場の中へと誘われていく。開映のブザーが鳴り、上映開始。暗闇の中、90分の間スクリーンに映し出されたthe 原爆オナニーズは観客はどのように映ったのだろうか。エンドクレジットが終わると場内からは大きな拍手が起きた。
 

全体.jpgフォトセッション.jpg

明るくなった劇場に司会者が入り、舞台挨拶の開始。大石規湖監督、the 原爆オナニーズのTAYLOW、EDDIE、JOHNNY、SHINOBUの順で呼ばれると再び大きな拍手が起きた。
まずはそれぞれの挨拶があったあと、監督が「『今池まつり』があっての映画なのでコロナ禍で今年の祭りが中止になって本当に残念です。本当は『今池まつり』に参加してからこの映画を観るという流れにしていただきたかったので来年の祭りが楽しみです」と語り、TAYLOWが「大石監督から最初に話しをもらったときには最後までやり遂げられるかなと思ったけどよくぞ完成させた!」と監督をねぎらうと、EDDIEからも「良い感じにまとめてくれてありがとう」の言葉が。予告編の中で波乱万丈のないバンドと語っていたJOHNNYからは「監督が良いと思ってくれれば何でもご自由に撮ってくださいと思っていたけど。完成した映画を観てこうきたかと思いました」との話があり、SHINOBUからは「自分自身を観るのが恥ずかしい」と照れくさそうに話し、場内は笑いに包まれた。
 
また大石監督からは「最後までメンバーの誰も本当に映画になると信じてくれていなかったことが一番やり辛かった」というここぞとばかりの恨み節も。映画の中心が次第にSHINOBUにシフトしていくことについては「年齢的にも立場的にも一番自分に近いSHINOBUさんの視点を通すことでバンドをうまく伝えられるのではないかと思いました」と監督が話すと、SHINOBUからは「監督と一番親しいのは僕です!」との宣言が。
 
今年中止になった『今池まつり』については「唯一の豊田市民である自分はお邪魔している感じですが、子どものダイブを大人が支えたり、誰もが楽しめる他に類を見ないイベントだと思います」とTAYLOWが話すと、大石監督からは「海外のヴェニューの雰囲気のような分け隔てなく老若男女が楽しめる日本では特異なイベントだけど、今池では音楽が生活にあることを感じる輝かしいイベントだと思います」と語り、TAYLOWから「日常の中に音楽があることが感じられるんです」との話があった。
 
舞台挨拶中には温かい野次も飛ぶ終始和やかな雰囲気となり、最後に監督からは「映画をご覧いただいて気に入っても、気に入らなくても、どんな言葉でも良いのでSNS等でリアクションが欲しいです!」とのメッセージがあり、TAYLOWからは「一人10回は観てください!」というリクエストも。そしてJOHNNYからは「来年の『今池まつり』まで上映が続くように何度も劇場に来てください」との言葉もあった。
舞台挨拶は大きな拍手で終了し、10月24日(土)からの新宿 K's cinema、10月31日(土)からの名古屋シネマテークでのロードショーに大きな弾みとなる先行上映となった。
 

商品情報

映画『JUST ANOTHER』

出演:the 原爆オナニーズ(TAYLOW、EDDIE、JOHNNY、SHINOBU)、JOJO広重、DJ ISHIKAWA、森田裕、黒崎栄介、リンコ 他
ライブ出演:eastern youth、GAUZE、GASOLINE、Killerpass、THE GUAYS、横山健
企画・制作・撮影・編集・監督:大石規湖
スチール:菊池茂夫
1.78:1 | カラー | ステレオ | 90分 | 2020年 | 日本 | 配給:SPACE SHOWER FILMS
©2020 SPACE SHOWER FILMS
10月24日(土)より新宿 K's cinemaほかにてロードショー!以降、全国順次公開!

関連リンク

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻