Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポートRosalie「あなたたち、まだまだいける?」感謝と覚悟の気持ちを込めた単独ライブに大歓声!

Rosalie「あなたたち、まだまだいける?」感謝と覚悟の気持ちを込めた単独ライブに大歓声!

2020.02.06

unnamed-5.jpg
Roselia にとって2020年最初の単独ライブは、 ショパンの幻想即興曲が流れる中登場したメンバーへの 観客の大声援の中で幕が開いた。 オープニング曲は、 Roseliaの代名詞とも呼べるナンバー「BLACK SHOUT」。 彼女たちの世界観が詰まったロックチューンに、 会場は開演早々ヒートアップ。 そして中島のベースソロから始まる「R」。 櫻川の力強いドラムプレイをはじめメンバーの魂の込もった演奏に先導され、 観客のボルテージはさらに上がっていく。 
 
unnamed.jpgunnamed-1.jpg
 
メンバー紹介を挟んで次の「Neo-Aspect」では、 スクリーンに映し出されたミュージックビデオとリンクするパフォーマンスで観客を魅了。 志崎の巧みなキーボードソロではじまる「Ringing Bloom」へとつないでいく。 さらに頂点を目指し挑み続ける5人の思いが詰まった一曲「Re:birth day」へ。 相羽と工藤が、 お互いの思いを共有するかのように顔を見合わせると、 会場からは大きな歓声が上がった。 
 
MCパートに入ると、 櫻川と志崎からメンバーの名前にちなんだ、 ユニークな謎解きが出題される。 堂々たるパフォーマンスに加えて、 愛嬌のあるMCで会場を笑顔にするギャップもまた、 Roseliaの魅力だ。 
 
unnamed-2.jpgunnamed-3.jpg
 
MCの終わりには、 メンバー全員から会場へ、 そしてライブ・ビューイングの観客へのコールが放たれる。 それに観客も大歓声で応えると、 アニメ「BanG Dream! 2nd Season」のオープニング楽曲「BRAVE JEWEL」を披露。 会場の熱気がさらに上昇する中、 次の「Determination Symphony」へ。 アニメと同様、 ギターを日菜のものに持ち替えた工藤が、 圧巻のソロパートでも観客の魂を震わせ「ONENESS」へと続くのだった。 
 
幕間の映像を挟み、 後半パートの一曲目で演奏された「Legendary」により、 会場は再び熱狂の渦に。 続くカバー楽曲「Shangri-La」では、 Roseliaにとって初の試みとなるタオル回しを相羽が披露。 観客も気持ちの昂ぶりを示すかのように、 タオルを大きく回して応えた。 
 
unnamed-6.jpgunnamed-4.jpg
 
さらに、 相羽からの「あなたたち、 まだまだいける?」の言葉に、 再び客席から大歓声が沸き起こる。 Roseliaも会場の熱気に負けない情熱的なパフォーマンスで、 「PASSIONATE ANTHEM」と「熱色スターマイン」を2曲続けて演奏。 「頂点へと狂い咲く」圧巻のステージに、 会場のテンションがさらに高まっていく中、 Roseliaの魂のナンバー「FIRE BIRD」が始まり、 会場はさらなる盛り上がりを見せた。 
 
アンコールでは、 最新曲の10th Single「約束」をドロップ。 「未来へ続く道を歩こう」という歌詞にもある通り、 この楽曲は未来に向け新たな一歩を踏み出すRoseliaの象徴となる一曲。 相羽と中島のボーカルの掛け合いではひときわ大きな歓声が沸いた。 最後は感謝と覚悟の気持ちを込めて歌うという「LOUDER」が熱唱され、 冷めやらぬ熱気の中でステージの幕は降ろされたのだった。 
 
unnamed-7.jpg
 

セットリスト

1. BLACK SHOUT
2. R
3. Neo-Aspect
4. Ringing Bloom
5. Re:birth day
6. BRAVE JEWEL
7. Determination Symphony
8. ONENESS
9. Legendary
10. Shangri-La
11. PASSIONATE ANTHEM
12. 熱色スターマイン
13. FIRE BIRD
―アンコールー
14. 約束
15. LOUDER
 
(C)BanG Dream! Project (C)Craft Egg Inc. (C)bushiroad All Rights Reserved.
Photo:畑 聡
このアーティストの関連記事
松本ロフト
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo