Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート秦基博、アコースティック編成で「ひまわりの約束」「鱗(うろこ)」「Raspberry Lover」など全13曲を披露!

秦基博、アコースティック編成で「ひまわりの約束」「鱗(うろこ)」「Raspberry Lover」など全13曲を披露!

2019.12.17

unnamed.jpg
 
MTVの人気シリーズ『MTV Unplugged』に秦 基博登場――と聞いて「待ってました!」とヒザを打った音楽ファンも多いことだろう。 弾き語りを筆頭に秦の音楽にはアコースティックギターが欠かせないし、 アコースティックセットを中心としたライブシリーズ「GREEN MIND」もデビュー直後から定期的に開催してきた。 そんな“アコースティック道”を極めてきた彼が、 数々の名演が行われた夢の舞台で何を見せるのか?――12月16日(月)のBillboard Live OSAKAは、 クリスマス前の華やぎに加え、 詰めかけたオーディエンスの期待感であふれていた。 
 
フラリとステージに登場した秦はアコギを抱えると、 何も言わず聞き慣れたリフを弾きはじめた。 挨拶代わりの 「ひまわりの約束」 。 繊細なタッチと彼独特の深みのある声がこれ以上ないブレンドを見せる。 
 
「あこがれの『MTV Unplugged』、 Billboard Live OSAKAでのライブも初めてになります。 みなさんにはゆっくり楽しんでいってもらいたいと思います」
MCを挟み弾き語り形態のまま 「Fast Life」 へ。 こちらは 「ひまわりの約束」 から一転、 激しいカッティングにラップのようなボーカルスタイル。 冒頭から対極的な2つの顔を描き出す姿に、 この先のライブがどんな展開を見せるのか期待はさらに高まる。 
 
そこからは1曲ずつバンドメンバーを迎える形で進んでいった。 まず、 ピアノのトウミ ヨウトオミ ヨウと2人で 「聖なる夜の贈り物」 。 心を込めた歌いぶりは、 観客に向けた歌のクリスマスプレゼントのようである。 次に登場したのはパーカッションの朝倉真司。 実は秦は4年ぶりとなるオリジナルアルバム『コペルニクス』を5日前に発表したばかりで、 今回は発売後初のライブとなる。 
 
「アルバムでもこの3人でレコーディングした曲があって、 今日はオリジナルメンバーでお送りします」演奏された 「Joan」 はトオミのアコーディオンに朝倉のコーラスが重なり、 あたたかな空気を作り出す。 そんなぬくもりから急転、 ベースの鈴木正人とマンツーマンでの 「赤が沈む」 は荒々しいベースラインとスリリングなセッションを見せつけたのだった。 
 
次に参加したのはバイオリン・室屋光一郎とチェロ・水野由紀。 秦と共に最新作のサウンドプロデュースを担当したトオミのピアノに先導され、 「仰げば青空」 に突入する。 2本の弦は情感を引き立て、 地下のライブスペースに澄んだ青空を映し出す。 
 
続く 「鱗(うろこ)」 は秦の代表曲のひとつだが、 これをバイオリンとアコースティックギターの伴奏のみで披露したのには驚いた。 このできるかぎり装飾を削ぎ落としたギリギリのアレンジこそ、 『MTV Unplugged』に臨むにあたって秦が仕掛けたチャレンジなのだろう。 
 
「それでは次の曲から全員集合でお送りします」の声で壇上にはミュージシャンが勢揃いした。 しっとりと演奏された 「初恋」 は、 テンポを落としたことで過去の記憶を噛みしめるドラマチック成分が増した気がする。 デビュー曲の 「シンクロ」 は大胆にもボサノバ調にリアレンジ。 デビュー13年後の遊び心と音楽性の拡がりにうならされる。 
 
意外といえば最新シングル 「Raspberry Lover」 にも度肝を抜かれた。 チェロを基調に再編曲。 アコースティックなのにサスペンスフルというこの世界観は他に類を見ないものだ。 そしてアルバムからもう1曲「 9inch Space Ship」 。 メンバー一丸となっての力強い演奏に心が高く舞い上げられる。 そのポジティブな高揚感は空へと羽ばたく 「Girl」 の浮遊感に昇華され、 ひとりひとりメンバーを紹介しながら送り出すと、 舞台の上には再び秦ひとりが残された。 
秦はここで「今回はあこがれの『MTV Unplugged』に呼んでもらえて本当に嬉しかったです」と感謝を述べたが、 “あこがれの”という言葉を二度も口にしたところにもこのライブに対する並々ならぬ想いが感じられる。 「アコースティックというスタイルは僕の原点。 今回はたっぷり聴いてもらえて嬉しかったです」。 
 
最後に歌ったのは、 冒頭と同じ弾き語りでの 「アイ」 。 この曲の秦の歌への集中は凄まじく、 まさに 「アイ」 の歌詞にある〈ただの一秒が永遠よりながくなる〉を実感させる瞬間があった。 Unpluggedだからこその、 むき出しの魂、 嘘偽りのない心の叫びがそこには表れていたのである。 
 
秦 基博の『MTV Unplugged』は楽曲の緩急に新旧のセレクション、 さまざまな形態でのセッションなど、 自らの持ち味を総動員した極めて完成度の高いメニューだった。 そこにこの日限りの濃密なテンションが加わったパフォーマンスは、 秦にとっても、 『MTV Unplugged』の歴史にとっても新たなる金字塔となったに違いない(text:清水浩司 )
 

MTV Unplugged: Hata Motohiro

・収 録 日:2019年12月16日(月)
・収録場所:Billboard Live OSAKA
・番組放送:1月25日(土)19:00-20:00、 1月31日(金)18:00-19:00
 
●セットリスト 
1. ひまわりの約束 
2. Fast Life
3. 聖なる夜の贈り物 
4. Joan
5. 赤か゛沈む 
6. 仰け゛は゛?空 
7. 鱗(うろこ)
8. 初恋 
9. シンクロ 
10. Raspberry Lover 
11. 9inch Space Ship 
12. Girl 
13. アイ
 
ポスタープレゼントキャンペーン 
内容:秦 基博のサイン入りMTV Unpluggedオリジナルポスターを計5名にプレゼント
応募期間:12月17日(火)12:00~2020年1月31日(金)23:59
応募資格:12月1日(日)~2020年1月31日(金)までの期間、 スカパー!にてMTVを新規ご契約いただいた方
 
※「MTV」および「Unplugged」は米国Viacom International Inc.の登録商標です。 
著作権法および国際条約によって権利が保護されています。
 
 
(C)笹原清明
このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻