Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポートWOMCADOLE「黎明プルメリア」を引っ提げて自身最大規模の「旗鼓堂堂ツアー」スタート!

WOMCADOLE「黎明プルメリア」を引っ提げて自身最大規模の「旗鼓堂堂ツアー」スタート!

2019.12.02

WOMCADOLE1129_MAIN.jpg
 
滋賀発4ピースロックバンド、WOMCADOLE(ウォンカドーレ)が、メジャーデビューアルバム「黎明プルメリア」を引っ提げた自身最大規模となる「旗鼓堂堂ツアー」を、11月29日、超満員の大阪心斎橋・BIGCATを皮切りにスタートした。
 
今作アルバム名となっている“プルメリア”は、「満月の夜明けに好きな人に渡すことができれば、その夢が叶う」という言い伝えを持つ花だ。満を持して迎えたWOMCADOLEの旗鼓堂堂ツアー初日は、暗闇の中から細く光初めた二日月である繊月の夜、まさに黎明とも言える鮮烈な光を放つその瞬間がそこにあった。
 
旗鼓堂堂ツアー、その名の通り堂々たるパフォーマンス、最大音量で魂を揺らしながら直情的な旋律を、WOMCADOLEは観る者に息をつく間もなく突き刺していく。最新作「黎明プルメリア」から繰り出さされるサウンドは、まさにバンドの新境地。燃えたぎる衝動を持って放つ楽曲に幾重もの炎を灯し、オーディエンスを瞬間沸騰させた、そんなツアー初日をレポートする。
 
WOMCADOLE1129_solo1.jpg
 
冒頭、今回の旗鼓堂堂ツアーで新たなSEでのメンバー登場、陰と陽、語りから叫びへ、冒頭から大きく期待を上回る何か新しいことがこの日始まる予感が膨らむ。そんな高揚感の中、これまでハイライトを飾ってきたバンドのアンセムとも言える鋭く壮大なメロディーを持つ「ライター」のイントロからファンの合唱が会場中に響き渡り、会場のヴォルテージは、冒頭のたった1曲で瞬時に沸点を凌駕する。最高潮の渦の中に、「狂ったように私を飼い鳴らす」と歌い始める狂騒的サウンドの「wariniawanai」、ライブでその真価を発揮するその新曲は何の疑いも無く観客の心を鷲掴みする。
 
希望と不安が入り混じる中、悲しみを希望に変える力を持つ「ドア」、さらに、黒野のベースから始まる自らの意思で不安を撃ち消す強いメッセージを持つ「絶望を撃て」、そして、深い闇の中で浮遊しながら光を求める「深海ゲシュタルト」のダークで重厚な音圧へ、ライブ前半、WOMCADOLEらしい自己葛藤の中、希望の光を見出す楽曲を、4人による激しいバンドサウンドで間髪無く撃ち出して行く光景は、初日と思えない完成度である。
 
WOMCADOLE1129_solo2.jpg
 
また、安田吉希(Dr)の掛け声から、バンド史上最高にチャラい楽曲となっている「NANA」では、黒野滉大(Ba)の刻むビートが会場をダンスフロアの如く、強烈なグルーヴを生み出す。樋口のピンボーカルとなる「R-18」は公演日が金曜日ということもあり、この日最もなエロティズムを孕んだ。
 
ワンマンならでは緩めのメンバーが和気あいあいとするMCを挟みながらも、フロア全員が両手を掲げるように古澤が求めたMCでは、その光景に驚きと喜びを素直に表す一面も。大胆なストリングス導入を試みた「ミッドナイトブルー」の激情と静寂はこの日のハイライトとなった。
 
そして、「未来ではなく、現在しかない、目の前にいるお前らだ」と強く訴えかけて樋口の唄とギターから始まるアルバムリード曲の「FLAG」では、彼らの想いに集まった全ての人が各々に描く未来、そして今生きる現在に天高く旗を掲げる如く、解き放たれる。この新アンセム「FLAG」に続き奏でられたのはライブ代表曲「アオキハルヘ」、青く戻れない青春を想いながらもその先の未来を唄うメッセージは切なくも強い。また、自由を思い描き空を飛ぶ希望を忘れない「カナリア」など、強いメッセージを持つ曲が怒涛のように続く。
 
WOMCADOLE1129_solo3.jpg
 
そして、本編ラストはアルバムタイトルにもなっているプルメリアの言い伝えになぞらえ綴られた「黎」、アルバム「黎明プルメリア」を象徴する曲が最後に送り届けられ、ツアー初日の大円団を迎える。
 
同じ空気、同じ想いを共有したフロアには、大歓声のアンコールが鳴り響く。それに応えるようにステージに再び現れたメンバーから演奏された曲は、現メンバー体制になった初の楽曲「ワンダー」とライブでは常に重要な意味を持つ「綺麗な空はある日突然に」。このメンバーだからこそ成しえたWOMCADOLEにとって重要な曲が届けられ、この日一番のオーディエンスの大合唱と共にWOMCADOLEと観客がひとつとなった。
 
最新作「黎明プルメリア」を携え、WOMCADOLEの旗鼓堂堂ツアーは全国25か所を巡る。樋口は「旗鼓堂堂、堂々と胸を張って行こう。これからツアー行ってくる、何処かで会おう。」と、満員の観客へツアーに向けた自身の堅い決心と意気込みを熱く何度も叫んだ。
 
各地で、堂々たる旗を高く掲げていくWOMCADOLE、彼らが自身の全てを持って解き放つ黎明の光はさらに強く輝きを帯びていくだろう。各公演チケットは一般発売中、各公演のチケット情報はオフィシャルサイトで確認しよう。
 
WOMCADOLE1129_solo4.jpg
 
また、ユニバーサルミュージックではTwitter企画として、旗鼓堂堂ツアーの幕開けを記念し、「#俺たちの旗鼓堂堂ツアー」で、皆さまからのライブへの熱いメッセージや楽曲への感想ツイートを募集スタート。是非こちらもチェックしてみよう。
 
photo by toya.

Live Info.

旗鼓堂堂ツアー

11/29(金)大阪心斎橋・BIGCAT
12/7(土)山梨甲府・KAZOO HALL <ゲストバンド>Halo at 四畳半
12/8(日)長野松本・LIVEHOUSE ALECX
12/12(木)埼玉・HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 <ゲストバンド>Halo at 四畳半
12/13(金)千葉・LIVE SPOT LOOK <ゲストバンド>GOOD ON THE REEL
12/14(土)静岡・UMBER <ゲストバンド>GOOD ON THE REEL
 
2020
1/12(日)北海道札幌・COLONY
1/17(金)神奈川・F.A.D YOKOHAMA <ゲストバンド>アルカラ、Suspended 4th
1/18(土)群馬高崎・club FLEEZ <ゲストバンド>Suspended 4th /mol-74
1/23(木)兵庫・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎 <ゲストバンド>KNOCK OUT MONKEY /LACCO TOWER
1/24(金)香川高松・DIME <ゲストバンド>KNOCK OUT MONKEY /LACCO TOWER
1/26(日)大分・clubSPOT
2/8(土)栃木・HEAVEN'S ROCK Utsunomiya 2/3(VJ-4) <ゲストバンド>SHE’S
2/9(日)茨城・水戸 LIGHT HOUSE  <ゲストバンド>SHE’S
2/11(火祝)宮城仙台・MACANA <ゲストバンド>LAMP IN TERREN
2/15(土)岡山・CRAZYMAMA 2nd Room
2/16(日)広島・SECOND CRUTCH
2/22(土)石川金沢・vanvanV4
2/23(日)新潟・CLUB RIVERST
2/29(土)愛知・NAGOYA CLUB QUATTRO
3/5(木)山口・LIVE rise SHUNAN <ゲストバンド>climbgrow and more
3/7(土)福岡・Livehouse CB <ゲストバンド>climbgrow and more
3/8(日)熊本・Django <ゲストバンド>climbgrow and more
3/14(土)京都・KYOTO MUSE
3/19(木)東京・マイナビBLITZ赤坂
このアーティストの関連記事
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo