Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート全員が十代! フレッシュなアイドルによるフレッシュなトーク『渋谷LOFT9アイドル倶楽部vol.6』!

全員が十代! フレッシュなアイドルによるフレッシュなトーク『渋谷LOFT9アイドル倶楽部vol.6』!

2019.09.02

 毎回個性的なアイドルが集まり、そこで生まれる独特の空気を楽しむというトークイベント、<渋谷LOFT9アイドル倶楽部>。7月24日に第6回目が開催され、いつもながらにぎやかなトークが繰り広げられた。

 今回出演したアイドルは、川瀬あやめ(桜エビ~ず)、塩川莉世(転校少女*)、的場華鈴(虹のコンキスタドール)、篠原葵(まねきケチャ)、駒木根心捺(ローファーズハイ!!)、小玉梨々華(わーすた)の6人。MCはもちろん、“よっぴー”ことニッポン放送の吉田尚記アナウンサーだ。

 なんと、今回のゲストは全員がまだ十代!いつも以上にフレッシュな顔ぶれとなった。

DSC_3023-Edit_original.jpg

 未成年ばかりということもあり、会場での提供はソフトドリンクのみだっだが、吉田アナ曰く、アルコールOKの回とノンアルコールの回を交互にやっていきたいとのこと。このイベント自体のファンもついてくる中、年齢層ごとの棲み分けもできていい取り組みではないかと思う。

 そして、今回の出演者は、お互いにあまり話をしたことはない人たちで、「控室もほぼ無言だった」という報告も入る。イベントの中で、それぞれがどう殻を打ち破ってくかも見ものであろう。

 そんな前フリもあり、いよいよアイドルが登場。席についてドリンクとフードを注文する。会場はいつも以上の熱気があり、ゲストが何か注文するたびに客席から歓声が上がる。吉田アナも「甘やかしてんな~」と漏らすほど、受け入れ体制万全である。

 ステージ上に飲み物が届いたところで、全員で乾杯!いつものように、自己紹介トークに入っていく。

 トップバッターの川瀬は、ももクロのライブを見てアイドルに憧れ、同じ事務所のスターダストに入ったとの経歴を話す。しかし、最近、桜エビ~ずは、「脱スターダスト」を掲げ、可愛いグループからかっこいいグループへと方向性が変わってしまったとのこと。自身はサバサバした性格だが、実はマイメロディなどの可愛いものが大好きなので、戸惑っている様子だった。

川瀬あやめ.jpg

 続いて塩川が、「家族旅行で、車に乗って三重まで行った」と話したことから、日本の有名な神社の話へと広がっていく。伊勢神宮、出雲大社、厳島神社と、名前は出てくるものの、皆それがどこの県にあるのかがわかっていない。見ているファンからすれば、あまりものを知らないぐらいの方が可愛らしいとも思えた。

塩川莉世.jpg

 的場は、一人行動が好きとのことで、先日は一人でディズニーランドに行こうと思ったそうだ。舞浜駅までは行ったもののアフター6パスポートを狙いイクスピアリで時間つぶしをするうち、やはり寂しくなって帰ってきてしまったというエピソードを披露する。そして、実は共演してから桜エビ~ずのことを好きになったと告白。この気持ちを抱えて、今日川瀬とどこまで仲良くなれるかが注目ポイントとなってきた。

的場華鈴.jpg

 篠原の趣味は「服を買うこと」。ほんわかとした雰囲気の篠原が、どんな感じで店員さんとやりとりするのか、実際に隣に座っていた駒木根とやってみる。「試着してください」「じゃ、着ます」といったゆる~い即興芝居を見ることができた。もうひとつ、篠原はブロクなどの改行が独特だと言われるそう。ここではあまり注目されなかったが、実はこの特徴、後で実証されることになる。

篠原葵.jpg

 続いては、今回最年少、14歳の駒木根。古着を買うのが好きで、浅草や北千住によく行くとのこと。通好みの地域だけに、吉田アナも「渋い~」という反応。そして、「スニーカーが好きでお父さんからよく買ってもらっている」という話をすると、川瀬から鋭いツッコミが。「ローファーズハイ!!なのにスニーカーが好きなの?」 これには会場も大ウケ。駒木根も「舞台のときにはローファーなんで、大丈夫です!」と答えていた。

駒木根心捺.jpg

 最後は小玉。このイベント、服装は衣装でも私服でも自由とのことだが、小玉はしっかりと猫耳の衣装で登場。最近は、YouTubeで一人ぐらしの女の子のルームツアーを見るのが好きだという。ルームツアーとは、自分の暮らしている部屋を動画で紹介するもので、小玉は一人暮らしをするときの参考にしているという。これに「私も好き!」と反応したのは的場、しかし、理由は「人の部屋を覗くのが好き」だかららしい。小玉も「ちょっとはわかる」と一応賛同していた。

小玉梨々華.jpg

 ここまでで、1時間半ほどたっており、10分間の休憩に入る。

 休憩が終わったところで、ステージ上で記念撮影。席順を入れ替わってトーク再開となる。

 ちなみに、注目されていた的場は、休憩時間に無事川瀬とLINE交換できたそうだ。

 14歳の駒木根は、出演できるのが21時までということで、まずは彼女から話を聞く。テーマは、某局のテレビ番組でお決まりのセリフ「ボーっと生きてんじゃねーよ!」にちなんで、「ボーっとしていて起こしてしまったドジな話」。

 駒木根が話したのは、「舞台公演で違う人の自己紹介セリフを言ってしまったこと」。両脇に座った小玉と篠原が「ボーっと生きてんじゃねーよ!」の声を浴びせる。この言い方も、性格が出ているようで、篠原は実に優しくほんわかとした口調だった。

 続いてローファーズハイ!!からのお知らせ。8月21日から25日まで、浅草九劇で本公演「LOAFERS HIGH The Musical ~9つの銅貨~」が行われるとのこと。告知を済ませ、駒木根は先に楽屋へと戻っていった。

 ステージ上はお題トークに戻り、まずは小玉のエピソードから。小学校一年生の時、自転車に乗れるようになって、ボーッと漕いでいたことがあった。5時間経って知らない場所に来てしまい、お母さんに電話して迎えに来てもらったとのこと。続いての篠原は、自分で串揚げを作る店に行って、衣ではなくソースをつけて揚げてしまったこと。的場は、母親に送るLINEをマネージャーさんに送ってしまったこと。塩川は、コンビニで3日連続ドアに挟まれたこと。そして川瀬は、部屋のクーラーを消し忘れることを挙げた。

 みんななかなか強烈なドジっぷりだが、エピソードとともに、それぞれの「ボーっと生きてんじゃねーよ!」という言い方も個性があって面白かった。

 最後は、各グループの告知。

 わーすたは、10月8日に、代々木公園野外ステージで生バンドのフリーライブがあり、秋には東名阪福のツアーが行われる。東京は11月4日山野ホールだ。まねきケチャは、8月31日に、舞浜アンフィシアターで4周年記念公演を行うとの告知。

DSC_3221_original.jpg

 と、ここで隣に座っていた的場が急に笑い出す。何かと思っていると、マイクを持って一言。「改行!」

 そうだった、篠原は改行に独特のクセがあると言われていたのだった。そう思って彼女の書いた画用紙を見てみると、「舞浜アン/フィシアターにてまねき/ケチャ4周年記念公演」と、微妙なところで改行が入っている。こんなところで、彼女の個性が発揮され、会場は笑いに包まれた。

 続いて、虹のコンキスタドールは、9月から定期公演が始まり、9月21日と10月27日が渋谷のduo MUSICEXCHANGE、11月24日は渋谷WWW Xで行われる。また、12月29日はZepp Tokyo、2020年の1月3日はumeda TRAD、1月5日はDIAMOND HALLでライブが開催されるとのこと。

 転校少女* は秋から全国ツアーが行われ、ツアーファイナルは11月16日、LINE CUBE SHIBUYA(旧:渋谷公会堂)で開催。桜エビ~ずは、9月22日に新宿BLAZEでライブを行い、1部はRYUTistとのツーマン、2部はワンマンライブとなっている。

毎月開催されている当イベント。最新情報は渋谷LOFT9アイドル倶楽部公式Twitterチェック。

(文:プレヤード/写真:林晋介)

 

このアーティストの関連記事
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo