Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート三月のパンタシア、完売御礼のワンマンライブにて夏の新企画を発表&キービジュアルを解禁!「私達は変わらずに変わり続けていきます」

三月のパンタシア、完売御礼のワンマンライブにて夏の新企画を発表&キービジュアルを解禁!「私達は変わらずに変わり続けていきます」

2019.06.10

ypwTpyFA.jpeg
 
ボーカリスト「みあ」による、終わりと始まりの物語を空想する音楽ユニット、三月のパンタシア。「楽曲×小説×イラスト」を連動させた自主企画「ガールズブルー」が話題となりロングヒットを続けているなか、6月9日(日)、最新アルバム『ガールズブルー・ハッピーサッド』を引っ提げてのワンマンライブ「ガールズブルー・ハッピーサッド」をEX THEATER ROPPONGIにて開催した。今回のライブはアルバム同様、女の子達の憂鬱とその向こう側にある、四季がテーマになっており、ステージの中央には大きな木が一本そびえ立っている。これから始まる物語に観客たちは心を躍らせていた。
 
アルバム『ガールズブルー・ハッピーサッド』の楽曲を紡ぎ合わせたSEが流れる中登場した、みあ(Vo.)。彼女が書き下ろした物語の一文で幕が上がる。「この雨が止んだら、もう本当の気持ちを滲ませるのは止めにしようと思った。」静かに会場に響き渡る中、みあは今の季節にぴったりな「パステルレイン」からライブをスタートした。背景のLEDに映し出されるカラフルな雨模様を背に、言葉にできない恋心をポップに歌い、「今日は最後まで盛り上がっていきましょう!」と短くあいさつ。みあの後ろで大きな花火が打ちあがり、「青春なんていらないわ」がスタート。夏の終わりの切なさが滲むギターフレーズに合わせ素直になれない乙女心を表現した。
 
ステージ上は、肌寒さを感じさせる秋に変化。スタンドマイクを前にハロウィンをテーマにした「ビタースイート」を歌唱。恋人への想いを消すことの出来ない少女の気持ちをダークなサウンド共に重く切なく歌い上げた。
 
0kYe92Tw.jpeg
 
「君のいない世界はあまりに冷たくて、寂しいよ。冬の風が頬を切る。私はぎゅっと、まぶたを閉じた。」冬の世界に引き込む、みあの朗読から「恋を落とす」がスタート。大切な人を失った少女の悲しみを切なく映し出した。そして冬から春の息吹を感じさせる「コラージュ」を軽やかに歌い、ステージ上はピンク色の桜がいっぱいに咲き誇る春へ。恋愛の上手くいかなさを、甘く滲ませた「ピンクレモネード」を跳ねる様に歌った。
 
「今の季節は初夏なのに、どうして春がライブの最後なの? と思っていますか? それは私が三月が大好きで、あなたと私を繋ぐこの三月がずっと続けばいいのに! と思っているから!」とMCをし、本編最後の曲「三月がずっと続けばいい」を披露。観客との合唱で会場は一体に。この日一番の盛り上がりを見せた。
 
アンコールで再びステージ上に姿を現したみあ。「今回のライブのタイトルにもなっている、アルバム『ガールズブルー・ハッピーサッド』では、私みあが小説を書き、それを原案に楽曲・イラストを作成していきました。皆さんに新しい三月のパンタシアを見せられるように、試行錯誤を加え、新しい事にチャレンジし続けています。でも、物語の根本にある「言いたくても、言えない切なさ」を表現し続ける事はずっと変わりません。私達は変わらずに変わり続けていきます。前に進んでいくための物語を、これからもあなたと丁寧に紡いでいきたいです。私達はいつも、このはじまりの物語で繋がっています。」と強い決意をにじませ、最後にメジャーデビュー曲「はじまりの速度」をまっすぐな歌声で届け、ライブを締めくくった。
 
そして客席が胸に残る歌声と余韻に包まれる中、会場には一本の映像が映し出された。波の音が流れる中、海や山、線香花火などの夏を彷彿とさせる情景の後に、一枚の絵と共にみあの声で「8時33分、夏がまた輝く」と告げられ、「楽曲×小説×イラスト」を連動させた自主企画「ガールズブルー」の最新作の情報が解禁された。今年の夏も三月のパンタシアの物語が始まる模様。詳細については続報を待とう。
 
X81vWuXw.jpeg
 
三月のパンタシアの今後の展開からも目が離せない。
 
撮影:則常智宏

Live Info.

「楽曲×小説×イラスト」を連動させた自主企画「ガールズブルー」、2019年夏の新企画情報
企画タイトル:「8時33分、夏がまた輝く」
主題歌:三月のパンタシア / 「いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら」
※詳細については追って解禁

関連リンク

このアーティストの関連記事
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo