Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート「忌野! 聴いてるか!」のんと仲井戸麗市がバレンタイン・デイに川崎クラブチッタで競演!

「忌野! 聴いてるか!」のんと仲井戸麗市がバレンタイン・デイに川崎クラブチッタで競演!

2019.02.15

のん率いる〈のんシガレッツ〉と仲井戸麗市の〈CHABO SUPER BAND〉がさる2月14日(木)、神奈川県川崎・CLUB CITTA'で共演を果たした。
これは昨年9月30日に東京・日比谷野外音楽堂で行なわれる予定であったイベントが、台風24号の影響で中止となり、リベンジ公演として行なわれたもの。

01NON_00019S.jpg19時8分、場内にRCサクセションの「ドカドカうるさいR&Rバンド」が流れるなか、〈のんシガレッツ〉のメンバー4人がステージに上がる。
のんの真っ赤なテレキャスターが豪快にかき鳴らされ、「みなさん! ハッピーバレンタイン!」と呼びかけてライブがスタート。ド派手なロックンロール・ナンバー「スーパーヒーローになりたい」で幕を開けると、アップテンポ・チューンを4曲続けて畳みかける。

01NON_00055S.jpg01NON_00114S.jpg「悔しくて、リベンジしたくて、今日を迎えました!」と前回中止となったライブが再開できたことを興奮気味に話す。この日は奇しくもバレンタイン・デイ。のんからの「今日は愛を込めて演奏しますので、みなさん受け取ってください!」という言葉に男性ファンから大きな歓声が上がる。
続けて「私にとっても宝物みたいな曲です!」と唄ったのは、キリンジのカバー曲「エイリアンズ」。前半のハイ・テンションから一転して、歌詞のひとつひとつ噛みしめるように、じっくりと唄いこむ。

01NON_00666S.jpg続いて新曲「蒼い灼熱」を披露。昨年の夏、暑さに負けそうになる自分に頑張れとエールを込めて作った曲だそう。「外は寒いので、この曲を唄うの迷いましたが」と、申し訳なさそうに演奏を始める。ギターのリフがギラギラと輝く太陽のような重量感が漲る豪快なロック・ナンバーで、客席もすっかり“灼熱”モードに。
ここからは、ドライブ感溢れるナンバーをラストまで3曲立て続けに演奏。ステージと客席が一体と化して最高潮の盛り上がりをみせ、〈のんシガレッツ〉のパフォーマンスは終了。
 
02CHABO_00482S.jpg後半は仲井戸麗市の〈CHABO SUPER BAND〉。
まず、のんがステージに上がり、「また出てきちゃってすみません」と恐縮しながら「今日のスーパーヒーロー! チャボさん!」と仲井戸麗市を呼び込む。ふたりで演奏するのは、のんのデビュー・カセット『おひろめパック』に収められたRCサクセションの「I LIKE YOU」。同曲のレコーディングには仲井戸も参加しており、「俺を呼んでくれて、ありがとう! 忌野も聴いてると思うよ」と仲井戸のアコースティック・ギターとのんのボーカルで演奏。のんがステージを降りるのを見届け、「聴いてたか! 忌野!」と天井に向かって声をかける。

ここでバンドのメンバーが集合し、「じゃあ楽器チェックやろうか」とミーターズのクラシック・ソウルの名曲「CISSY STRUT」を、肩慣らしするかのように軽く演奏し、RCの「よォーこそ」で〈CHABO SUPER BAND〉のステージが始まった。「川崎ベイビー! のんちゃん 特別な夜だぜようこそ!」と唄ってオーディエンスを煽り、「ご挨拶代わりに日本の有名なロックンロールやるぜ!」と、RCがカバーしていた坂本九の「上を向いて歩こう」に突入する。

02CHABO_00613S.jpgMCでは、〈のんシガレッツ〉の冒頭SEの「ドカドカうるさいR&Rバンド」をバックステージで聴いていて、「俺の出る時間か!? と慌てて楽屋を飛び出すところだったよ」と話して場内を和ませ、「チャック・ベリーやらせてくれ!」とロックの大名曲「ロック・アンド・ロール・ミュージック」を日本語の詞で唄って客席をさらにヒートアップさせる。

熱くなった会場は、ここでクールダウン。ステージにはアコーディオンに、アップライト・ベースがセットされ、「一緒にやっちゃおうかな?」とのんを呼び込み、ザ・タイマーズの「デイ・ドリーム・ビリーバー」をアコースティック編成で演奏。仲井戸は再び天井に向かって「聴いたか忌野!」とちょっと得意げ。
続いては「清志郎の感じをアッコちゃんが表現している曲があります。それをふたりでやらせてくれ」と仲井戸から紹介されたのは、矢野顕子が忌野清志郎への想いを込めて、のんに書き下ろした「わたしはベイベー」。曲のエンディングでは、のんが「ご機嫌だぜベイビー!」とシャウトし、場内を沸かせる。

仲井戸麗市が「今夜のキーワードは忌野くんで」と呟いた通り、この日のセットリストはのんが敬愛してやまない忌野清志郎ナンバーが並ぶ。〈CHABO SUPER BAND〉のラスト2曲も清志郎の曲だ。
「忌野くんと何曲か共作したんだけど、これが最後になっちまった。俺の宝物だ!」と唄う「毎日がブランニューデイ」、「自分たちの曲はみんな愛してんだけど、なかでも特に好きな曲。RCのソウルナンバーを聴いてくれ!」と「君が僕を知ってる」を。後半、のんもコーラスで参加し、サビの「わかっていてくれる」を客席とコール&レスポンス。仲井戸は唄いながら時折、天井を指差す。清志郎に見ているか? と確認するように。
舞台のそばに清志郎が立ってるように見える、のんと仲井戸麗市ふたりの清志郎愛に満ちたステージであった。
 
03NON&CHABO_00720.jpgアンコールは、〈のんシガレッツ〉がまずステージに上がる。「ストレート街道」を叩きつけるように唄う様は、清々しいまでの青春パンク。
続いて〈CHABO SUPER BAND〉が合流し、この日の出演ミュージシャン全員が揃う。仲井戸が「若き日に忌野と作った曲だ!」と告げると、のんの恥ずかしげではあるが力強い「オーケィー! チャボ!!!!」を合図に、仲井戸のテレ・キャスターがカッティングを刻む。全メンバー参加による「雨あがりの夜空に」に、場内はこれ以上ないほどに盛り上がる。

熱すぎる演奏を終えたメンバーは舞台横一線に並んで客席に挨拶。のんと仲井戸はそのままステージに残る。「のんちゃんの詩を聞きたいんだよ俺が」と促し、のんは書き下ろしの詩「Knock Knock」を朗読。詩に合わせて仲井戸は、時にはアグレッシブに、時には静かに即興でアコースティック・ギターを爪弾いていく。オーディエンスもじっと見守るように聴き入る。感動的なフィナーレで2時間半近くにも及んだ、ふたりの「野音リベンジ!!!」を締めた。
「一生忘れないバレンタインになりました! 野音リベンジ達成! じゃあまたね!」とのんはステージをゆっくりと降りた。
 
このイベントの後、のんの創作あーちすと。としての活動もスタート。東京・渋谷のダイナー「ON THE CORNER」とコラボレーションした特設店舗「“NON” THE CORNER」が2月15日(金)から2月28日(木)の期間、限定でオープン。のん自身がディレクションを務め、チームのん女子部企画制作のもと、様々なアーティストとのコラボレーションを展開。期間中には同店舗にて、オリジナルフードが注文できるほか、オリジナルグッズも数量限定で販売。詳細はのんオフィシャルサイトにて。(PHOTO:Kentaro Minami)

03NON&CHABO_00720S.jpg【のん with SUPERHEROES / 野音リベンジ!!! / SET LIST】
2019年2月14日(木)川崎・CLUB CITTA'
〈のんシガレッツ〉

01.スーパーヒーローになりたい / 02.へーんなのっ / 03.正直者がゆく / 04.あることないこと / 05.エイリアンズ / 06.蒼い灼熱 / 07.タイムマシンにおねがい / 08.さぁいこう / 09.RUN!!!
 
〈CHABO SUPER BAND〉
10.I LIKE YOU(のん & 仲井戸麗市)/ 11.CISSY STRUT / 12.よォーこそ / 13.上を向いて歩こう / 14.ロック・アンド・ロール・ミュージック / 15.デイ・ドリーム・ビリーバー(with のん)/ 16.わたしはベイベー(with のん)/ 17.毎日がブランニューデイ / 18.君が僕を知ってる with のん(飛び入りコーラス)

〈ENCORE〉
19.ストレート街道(のんシガレッツ)/ 20.雨あがりの夜空に(のんシガレッツ & CHABO SUPER BAND)/ 21.朗読「Knock Knock 」(のん & 仲井戸麗市)
 
のんシガレッツ:
のん(Vo,G)/若森さちこ(Ba)/ 岩崎なおみ(Dr)/ ひぐちけい(G)
CHABO SUPER BAND:
仲井戸麗市(G)/ 早川岳晴(Ba)/ 河村“カースケ”智康(Dr)/ 細海魚(Key)/ 前田サラ(Sax)

“NON” THE CORNER 開催情報
詳細はこちら
<NON THE CORNER店舗概要>
期間:2019年2月15日(金)〜2月28日(木)
営業時間:11:30〜24:00(LO23:00)※オープニング当日は21:30より営業
場所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目17-1 美竹野村ビル1F

関連リンク

このアーティストの関連記事
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo