Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポートH ZETTRIO、静岡にて伝統楽器とコラボ、新曲の披露に大興奮! 次回は、大阪野音こどもの日スペシャル!

H ZETTRIO、静岡にて伝統楽器とコラボ、新曲の披露に大興奮! 次回は、大阪野音こどもの日スペシャル!

2019.02.12

20190210-web0029.jpg
 
2月10日(日)、静岡県コンベンションアーツセンター“グランシップ”で H ZETTRIOのスペシャルライブが開催された。 開演前、巨大な船を模した会場ロビーは、子どもから大人まで、青・赤・銀と鼻を塗 った人々が大きな期待と興奮と共に溢れていた。そしてさらに開演前にワクワク感を 高める出来事があった。 今回のライブではニュージーランド先住民族マオリ族発祥の“ポイ”を使ったアート集団 「POI LAB(ポイラボ)」と H ZETTRIO とのコラボレーションにより、POI LAB の掲げる “1000 人ポイ計画”の実現へのステップとして、巨大な会場を活かし、観客全員でポイを使っての今年元旦にリリースされた H ZETTRIO の新曲“Journey”の MV 収録が企画されていた。
 
その前説として、初心者でも分かりやすい振り付けと、ポイの貸し出し、回し方のレクチャーが行われ、中には自作のポイで参加する親子もいた。既に会場はお祭りのような華やかさになっており、いよいよ客席の明かりが落ちると、満員の大会場は拍手と歓声で埋められた。
 
20190210-web0017.jpg
 
颯爽とステージに立った H ZETTRIO の 3 人。いきなり激しいピアノリフから、最高潮 のテンションで演奏が始まった。1 曲目は「Mysterious Superheroes」。昨年発売され た 4th アルバムのタイトル曲で、H ZETTRIO らしいキャッチーさと、怪しさと、高度な 技術の詰まった楽曲だ。 会場の雰囲気を一気に持っていく演奏から人気曲“Beautiful Flight”“Something Special”。ピアノの H ZETT Mのその軽やかな指さばきがメロ ディアスで美しい旋律を奏で、確実なグルーヴで支えるダブルベースの H ZETT NIRE、繊細かつ大胆なドラミングで楽曲の幅をさらに広げて いく H ZETT KOU。3 人が織りなす唯一無二のアンサンブルが 会場を埋め尽くす。
 
20190210-web0019.jpg
  “MESHI –episode2–” “あしたのワルツ”と続き、前述の POI LAB と最初にコラボレ ーションした時の曲“Fiesta”が始まる。POI LAB が登場し、ステージは一気に華やか に。客席は配布された 3 色のサイリウムの光で埋め尽くされ、会場の全員が POI LAB の振り付けでそれを振る光景はとても美しく、まさにこの日のイベントタイトル “WITH US”の名の通り会場と H ZETTRIO が一体になる瞬間であった。
 
 H ZETT M と POI LAB による簡単な前置きの後、いよいよ“Journey”の MV 収録の始まりが伝えられると、客席脇の通路に子どもも大人もポイを持って広がり、皆が思い思 いに回し始める。会場の一体感はさらに増し、ハッピーな笑顔で満ちあふれた空間が出来上がっていた。この収録された MV は H ZETT M の言葉を借りると「平成中には公開される」とのことで、ぜひ楽しみにお待ちいただきたい。
 
20190210-web0035.jpg
 
ここで会場は幸せな空気の余韻で満たされながら、第一部が終了となり、15 分間の休 憩に入った。再び客席の明かりが落とされると、突然、力強い和太鼓が鳴り響く。なんと、これま で背景だと思われていたステージ後方の幕が開き、和楽器ユニット“AUN J クラシック オーケストラ”が登場し、大きな歓声と共に第二部が、文字通り幕を開けた。 そして H ZETT M が一人で登場し、ピアノを弾きだすと、H ZETTRIO とはまた違うアン サンブルが会場を包み込む。力強い和楽器の上に軽やかなピアノが栄える。後に MC で語られたが、H ZETT M と AUN J の井上公平が共作した新曲「Geometric Life」の初披露となった。
 
20190210-web0021.jpg
 
 H ZETTRIO が日本の名曲をカバーし世代間の橋渡しを試みる、昨年より始まった TV 番組「SPEED MUSIC – ソクドノオンガク」(tvk テレビ神奈川にて毎週水曜夜 22:55- 23:00 放送中)での共演がきっかけで意気投合、今回のコラボレーションに至った新曲 は、伝統を感じさせながらも新しい時代の感覚を盛り込んだ楽曲であった。今回は篠 笛、中棹三味線、和太鼓、尺八、鳴り物の 5 人がライブに参加。彼らもまた伝統楽器 を使いながら、その高度な技術とエンターテイメント性を両立させる和楽器集団だ。
再び H ZETT NIRE、H ZETT KOU の二人もステージに戻り、総勢 8 人で「SPEED MUSIC – ソクドノオンガク」でも披露された“北酒場”“ソーラン節”と続いた。 大迫力のステージに会場の興奮が一気に最高潮に達すると、ピアノトリオと和楽器の 掛け合いもその勢いを増し、素晴らしいセッションが繰り広げられた。
 
20190210-web0023.jpg
 
 そしてそれに続いたのは、この二組のコラボレーションにぴったりの楽曲“Neo Japanesque”。ここになんと先ほどの POI LAB も再び登場し、3組によるスペシャル なコラボレーションが実現し、ド派手な演出に会場は歓喜と興奮に包まれた。一体と なった会場の空気を背に、演奏は勢いを増し、まさに伝統と最先端が融合した最高の エンターテインメントが H ZETTRIO によって生み出された瞬間となった。 AUN J クラシックオーケストラ、POI LAB を送り出し、再び 3 人だけで魅せるパートが始まった。“どこか遠く”では美しい光の演出がなされ、“PIANO CRAZE”“Dancing in the mood”から、さらに特別なアレンジで届けられた“What’s Next”と H ZETTRIO の魅 力が詰まった演奏が繰り出される。
 
20190210-web0024.jpg
 
最後の曲は“幻想ノスタルジック”。今年 2019 年は毎月一曲、12 ヶ月連続新曲リリー ス(!)を発表している彼らの第二弾シングル、先日 2 月 1 日に発売されたばかりの新曲だ。この曲は沖縄の東南植物楽園の TVCM ソングになっていることもあり、沖縄では話題を 呼んでいたが、これが本州で披露されるのはこの日が初めてとなる。耳馴染みの良い メロディーで H ZETTRIO の得意なポップさが表現された楽曲だ。この新曲の披露に大興奮と大歓声の中、ついに H ZETTRIO 2019 年最初のライブの本編 が終了した。3 人は声援に応えながらステージを降りたが、スペシャルな内容盛りだくさんの演出に、会場からは鳴り止まないアンコールが続いた。
 
3 人は再び登場し、彼らのハッピーチューン“Get Happy!”で観客に応える。 そして、さらに来月 3 月 1 日にリリースされる連続リリース第3弾の“Lovely”が初 披露された。 疾走感溢れるアグレッシブなビート、激しくうねるベースラインとピアノの旋律が複 雑に絡み合い、最高潮のテンションをさらなる高みへと持っていく怒涛の演奏が繰り 広げられ、会場中が息を飲み一体となった熱量で満たされる中、ついに H ZETTRIO LIVE “WITH US” in GRANSHIP の幕が下ろされた。
 
20190210-web0010.jpg
 
今年もさらなるエンターテインメントで我々を楽しませてくれるであろう H ZETTRIO の 3 人。今後の活躍により一層の期待を感じずにはいられないステージだった。 次のライブは 3 月末の兵庫県での 2days ホールツアー、そして毎年恒例の特別ライブ 「こどもの日スペシャル」が 4/27(土)大阪城音楽堂で開催されるとのこと。どれもチ ケットは売り切れ間近とのことなので、ぜひ早めのチェックをおすすめしたい。(photo:Yuta Ito)
 
20190210-web0012.jpg

Live Info.

「H ZETTRIO こどもの日Special in 大阪野音 - Virtual World (Jazz) -」

2019.4.27(土)
大阪城音楽堂
開場15:00 開演 17:00
チケット発売中 前売 ¥5,000
※全席未定・tax in ※年齢制限なし ※大人一枚につき未就学児の膝上鑑賞可(座席が必要な場合はチケット購入が必要)
問い合わせ:SMASH WEST 06-6535-5569
詳細はこちら www.hzettrio.info
 

「H ZETTRIO HALL TOUR “Lovely 2019”」

3.30(土) 兵庫県・赤穂市文化会館ハーモニーホール 大ホール
3.31(日) 兵庫県・丹波市立ライフピアいちじま 大ホール
OPEN 16:00 / START 17:00
チケット発売中 前売 \4,000 tax in、全席指定
※3 歳以下入場不可、4 歳以上チケット必要
詳細はこちら www.hzettrio.info

関連リンク

イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo