Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート【イベントレポート】「<83年組>にひとっ飛び!町あかりの歌謡曲研究所」@RockCafeLoft

【イベントレポート】「<83年組>にひとっ飛び!町あかりの歌謡曲研究所」@RockCafeLoft

2018.12.21

「<83年組>にひとっ飛び!町あかりの歌謡曲研究所」@RockCafeLoft 「町あかり歌謡研究所 第5回:83年組編」

町あかり1.jpg(左: 鈴木啓之、町あかり、長井英治)

ロックカフェロフトにて毎月・第1金曜日に開催される<町あかりの歌謡曲研究所>

12/7(金)に第5回を迎えました!来場していただいた方々、ありがとうございます。

シンガーソングライター・町あかりさんが、ハイボールを片手に歌謡曲を”愛でる”、このイベント。DJ・聞き手には、コミニティFM界のレコード狩人、長井英治さんと鈴木啓之さん。

 

まず。注目したいところは、3人の世代間! 90年代生まれの町さんと、青春時代が歌謡アイドル・ブームのど真ん中だった、永井さんと鈴木さん。その年の差は、父と子供といった関係です。

年齢だけ取って考えれば、好みが合うのかな? と心配になってしまうところですが。

それを軽く吹き飛ばす、この3人の圧倒的・共通点、歌謡曲への愛! 鈴木さんの手前から次々に出てくる私物レコードに加え、長井さんの際どい裏話。そして、二人に負けない町さんの熱量!  目をつぶって3人の話を聞けば、本当は同世代なんじゃないか? と、疑ってしまうほどです。

そして。

今回のニッチなテーマ「83年組・特集」は、町さんの思いつきで決まったそうです。

 

長井「今日、お客さん多いよね。やっぱり、83年組っていうテーマが刺さったのかな?」

「ね! 前回の<郷ひろみ特集>も良かったよ〜。」

長井「それで、町さん。どうですか? 83年組の印象は」

「うーん、改めて調べたりしたんですけど。知っていて、好きなアイドルもやっぱりいました。でも、調べている途中に84年組に目移りしたりして。それで、やっぱり84年組は良いなって、ついつい思ったりしていましたね(笑)。」

長井「83年組はなかなか目立った人がいない印象だよね。その頃、テレビは82年組が占めていたし」

鈴木「でも大きなヒット曲が少ないだけで、タレントさんとして生き残っている人も多いですよね」

「うん。何か曲を流しましょう! リクエストもたくさん頂いてるみたいなので」

長井「やっぱり、83年組は盛り上がるんだよ(笑)」

町あかり2.jpg

(イベント風景)

選曲は、テーマの通り83年組を中心に爆音で再生。そこから関連して、トークが84年に進んだり、82年に戻ったりと遊び心もたくさん。レポートの最後に、119曲のセレクトを載せてあるので、是非チェックしてください!

全てのトークは公開できないのですが。今回「ツッパリ系」と「松本明子」を軸に、トークをまとめました。

ツッパリブームとサーファーブームって?

長井「岩井小百合さんってさ、最年少で武道館に立ったんだよね」

鈴木「銀蠅一家、総出演のライブでしょ?」

長井「そうそう」

「あれ、待って。岩井小百合さんのレコード凄い(笑)。こんなに可愛いジャケットなのに、中身の袋が銀蠅仕様になってて、ぎんぎらゴッツイ(笑)」

会場 ハハハ!(笑)

ー 岩井小百合「恋あなたし・だ・い 」再生。

長井「可愛いね〜〜!」

「最高! このロックンロール、オールディーズな感じ。」

長井「銀縄ファミリーの麗灑って知ってる人いますか? この前の年にデビューしてるんですよ。デビュー曲は『Rock’n Roll 恋占い』っていうんですけど」

鈴木「そうでしたね〜。聞いて思い出した」

長井「女性でリーゼント。格好は全身、革づくしだよね」

鈴木「横浜銀蝿の、不良っぽさ。僕のような真面目な学生にとっては憧れでした」

長井「でも、あのボンタンとか、短ランを履くの嫌じゃなかったですか?」

「でも、ファッションだったら良いよね?」

長井「町さんは、『YABOったい』で色々やってますからね」

「確かに(笑)。でも何かに憧れたわけではなくて」

鈴木「『YABOったい』の衣装は、銀縄一派に入れる感じですよね(笑)」

長井「銀蠅一派の影響もあって、高1まではツッパリブームがあったよね。そしたらいきなりね、サーファーブームが来るんですよ。ツッパリしていた人たちは、みんな日焼けしちゃってね」

会場 ハハハ(笑)

「へぇ〜(笑)」

長井「びっくりだよ、あれは(笑)」

「でも、確かに。岩井小百合さんの『ドリーム・ドリーム・ドリーム』のB面『I Love My ダーリン』の歌詞に、『茅ヶ崎 葉山 サーフィンロード♪ 隣りに私を乗せて♪』ってあるし。曲も海に近いよね。これでツッパリの人たちも、気軽にサースァーに移行していけたのかも(笑)」

鈴木「確かに。『ハイティーン・ブギの世界』でしょ。って…無理ある?(笑)」

長井「それに(笑)。横浜銀蝿の『お前サラサラサーファーガール おいらテカテカロックンローラー』って曲もあったよね」

鈴木「そうかぁ、ツッパリとサーファーがここまでリンクしてるとは思わなかった(笑)。」

長井「その辺はリンクしていたのかもね」

「知らなかったです。いや〜、発見だなぁ」

カラフル・フォール・イン・ラブ!

鈴木「リクエストで『キャラメル・ラブ』もらっていますよ」

「私、松本明子さん大好きなんですよ! 破天荒のイメージがあるけど、本当に可愛いですよね」

ー 松本明子 「キャラメル・ラブ」 再生。

町あかり3.jpg

「いいな〜! この明るさ! 松本明子さんに合ってますよねぇ」

長井「テクノ歌謡ですね。ジャケのフォントも可愛いなぁ(笑)」

鈴木「そうですよね〜(笑)」

長井「90年代。電波少年のときが、凄かったよね。今だったら考えられない。松本明子さんはあれでブレイクしたんだよね」

「それがきっかけなんだ」

鈴木「『DAISUKI!』とかね。中山秀征さん、飯島直子さん、松本明子さんの三人で街歩きをする番組」

長井「散歩番組の走りだよね」

鈴木「うん、うん」

「私が松本明子さんを知ったきっかけは、オードリーのロケ番組ですね。オードーリーのオールナイトニッポンでゲストで呼ばれていたり」

ー 松本明子「続・竹取物語」再生。

「私、この曲がすっごく好きで。『夏色のギャルソン』のB面!『続・竹取物語』っていう発想がすごい(笑)。あぁ、もう、可愛いし。歌も上手いし!」

ボーイ・オア・ガール? これもツッパリ。

「続けて、リクエストかけましょう」

鈴木「大沢逸美さん。『ジェームス・ディーンみたいな女の子』っていう曲でデビューしました」

長井「『NO-NO BOY』でリクエスト頂いています。ツッパリ系な雰囲気の、出で立ちと曲が多かったですよね?」

鈴木「そうですね」

ー 大沢逸美 「NO-NO BOY」 再生。

町あかり4.jpg

「凄い良い歌だね、かっこいい!」

鈴木「良かった良かった! 却下されたらどうしようかと(笑)」

「鈴木さん作ったわけじゃないのにすっごく喜んでる(笑)」

会場「ハハハ(笑)」

 

イベントの途中で町さんは、83年のデビュー曲「僕 笑っちゃいます」(- 風見慎吾)を熱唱!

「階段のところから歌えば? ザ・ベストテンセットみたいで良くない?(笑)」

この長井さんの提案に会場は盛り上がり、町さんはゆっくり階段を下りながら歌います。

「電車の扉が閉まる瞬間に♪急に君だけ飛び降りたった♪〜♪」

この曲には、長井さん・鈴木さんも「ちょっとびっくり、意外な選曲。」と驚いていました。

実のところ、町さんは「オスメスキス」(- 松本明子)を歌いたかったようです。が、カラオケ音源がどうしても見当たらなくて「断念した…!」と残念そう…!  次回のイベントでは、2曲歌ってくれるみたいです!

そして次回、2019年1月4日 (金)<町あかりの歌謡曲研究所>のテーマは、「ピンクレディー および 二人組アイドル 特集」に決定!(詳細はこちらです:https://www.loft-prj.co.jp/schedule/rockcafe/106418

歌謡ブームの再来が定着し始めている今だからこそ! みんなで揃って、”あの頃”を共有しましょう。是非、ロックカフェロフトにお越しください!

12/7(金)<町あかりの歌謡曲研究所>プレイリスト

1. 微熱かな? - 伊藤麻衣子

2. やったね!春だね!! - ソフトクリーム

3. 大胆素敵 - 雅

4. NO-NO BOY - 大沢逸美

5. チェリーガーデン - 木元ゆうこ

6. キャラメル・ラブ - 松本明子

7. 愛・モラル - 桑田靖子

8. ウキウキWATCHING - いいとも青年隊

9. Vacation - 吹田明日香

10. LOVEさりげなく - 太田貴子

11. 続・竹取物語 - 松本明子

12. 願わくばキッス - 菊地陽子

13. 恋あなたし・だ・い - 岩井小百合

14. ハートのピアス - 成清加奈子

15. ロンリーガール - 佐東由梨

16. だからタッチ・ミー - 森尾由美

17. シャワーホリデー - 武田久美子

18. ジェームス・ディーンみたいな女の子 - 大沢逸美

19. 僕 笑っちゃいます - 風見慎吾

 

文・指中晶夫(ネイキッドロフト)

Live Info.

2019年1月4日(金)
町あかりの歌謡曲研究所 〜第六回:ピンクレディーおよび2人組アイドル特集編〜
 
OPEN 18:30 / START 19:30
前売(Web予約)¥1,500/当日¥2,000(+要1オーダー)
※全席自由席(ご予約の整理番号順での入場となります)
 
【ナビゲーター】
町あかり(秘書)、スズキ(所長)、ナガイ(広報部長)、タケベ(総務部長)
【ゲスト】
チェリー(昭和TVワンダーランド)
 
天才シンガー・ソングライター町あかりとコミニティFM界のレコード狩人(長井英治&鈴木啓之)がお届けする歌謡音楽バラエティ。歌謡曲研究所と言ってもけして堅苦しくはなく、かつてのドリフの「国語算数理科社会」や「三波伸介の凸凹大学校」のように、昭和の歌謡曲レコードを聴きながら、あれこれ3人で歌謡曲についてしゃべりまくるイベントです。 ぜひ、凸凹大学校へ全員集合ください!
 
ご予約はこちらから
このアーティストの関連記事
eastern youth
haku
lpo
lpo