Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート【イベントレポート】DJ道出版記念イベント DJ道!!〜DJとは音楽を交互にかけてチヤホヤされる人のことだ!!!〜@ROCK CAFE LOFT「アナログレコードとDJとは何なのかっ!?」

【イベントレポート】DJ道出版記念イベント DJ道!!〜DJとは音楽を交互にかけてチヤホヤされる人のことだ!!!〜@ROCK CAFE LOFT「アナログレコードとDJとは何なのかっ!?」

2018.11.13

DJ道出版記念イベント
2018年11月7日(水) ROCK CAFE LOFT


音楽はもちろん好きだがDJの事って全く知らないし、DJ道を読んで面白かったのもあり少し勉強出来たらな? と軽い気持ちで行って来ました。

扉が可愛らしいですね。ROCK CAFE LOFT。

image2.jpegimage3.jpeg
 

看板は単行本の表紙のロゴそのまま。達筆です!!

OPEN前からDJブースにはもうスタンバっています。某少年誌編集 クロヌマタカシさん

image1.jpeg ABBA 電気グルーヴ 小沢健二など30代〜40代ぐらいのお客さんにはたまらない選曲でウエルカムモード全開です。サニーデイ・サービスの「スロウライダー」のMIXがむちゃくちゃ良くてテンションも上がりまくり!!

そしてイベントが始まります。
DJ道 ムラマツヒロキ先生(写真 右)と秋田書店 DJ道担当編集の齋藤さん(写真 左)が登場!!

image2 2.jpeg
ムラマツ先生「DJ道にカンパーイ!!」

ムラマツ先生は元々はエロ系の漫画やイラスト、風俗体験漫画などを書いていてエロ本、パチスロ誌などで掲載されていましたが、時代の流れや規制の問題で、雑誌などが減少して行きお仕事の方も…

ストレス発散でDJをやりまくっていた中で、とんかつDJアゲ太郎に便乗して「DJ飯」という漫画を描いたら話題になった所で齋藤さんに声をかけられたそうです。さらに元々二人は大学漫画研究会の先輩、後輩の関係だったのです!

そして二人がタッグを組み「DJ道」が出版にいたるまでの企画や何度もボツになった話など、笑いが満載の濃い〜内容が盛りだくさん!!

ムラマツ先生が
「これを知ったらDJ道が二倍楽しめます!!」

ふむふむ。なるほど確かに! ここでは書けないのが残念です。でもトークイベントってそういう事ですよね!? 一つの空間でその場限りの話しをするのが醍醐味って事で。一番右はブッキング担当の山崎氏。

image1 3.jpegそして、この原稿一枚がキッカケでやっとタイトルが決まります。

image3 2.jpeg齋藤さん「マイナスからはじめる DJ教室なんてタイトルが酷い!! でもこのキャラが着ているTシャツの「DJ道」良いんじゃない?」ということでタイトルが決定!

そして連載が始まり少し話題になる。

ムラマツ先生「もっと話題になってほしい。」

齋藤さん「これからです!!」

二人ともかっこいいぜ! 

ここからアナログDJを始めたキッカケの話に。元々はCDでDJをやっていたが当時、ムラマツ先生は高田馬場に住んでいてレコード店も沢山あり、今では考えられないが100円でレコードが山のように売られていて、名盤といわれるビートルズやツェッペリンなんかもあったそうです。そしてターンテーブルも一万円も出せば買える時代。最初に音を聴いた時にCDよりもはるかにレコードの方が音が良くて感動したそうです。他の理由では周りのDJの人達と差をつけたいからとの事も。

「CDでは聞こえない音までアナログレコードでは聞けて100円だしね。」

今では持ち運びが楽なので7インチばかりだそうです。

補足ですが、LPの45回転は音は良いとのことです。盤面を贅沢に使って録音しているからのようです。

お時間が来たので、ムラマツさんのDJ講座を一時中断し、休憩に入ります。
ここでムラマツ先生のDJタイム。

image2 3.jpeg 機材トラブルで中断するなどLIVEならではのハプニングもあり、ちょっとハラハラしてしまいました。その後も音の調子が悪いのでムラマツ先生が調整する事に。

第二部がスタート

ゲストにはアイドルグループ O’CHAWANZのメンバーでCDDJとしても活動している、りるはかせさん。ムラマツ先生と二人で登場。りるはかせさんはレコードを触るのが初めてで7インチと12インチの違いも何も分からない状態で、レコード DJに挑戦する事に!
image3 3.jpegまずは触れるところから。


image1 4.jpegimage3 4.jpeg


かなり緊張している様子です。二人とも真剣そのものです!

少し慣れてきたみたいです。頭出しの仕方なども教わっているみたいですが、このあたりから見ていても聞いていても分からなくなってきました。

image2 4.jpeg

O’CHAWANZのメンバー しゅがーしゅららさんと じょしゅあんぬさんも遊びに来てまして、おそ松さんの曲をリクエスト!!「はなまるぴっぴはよいこだけ」「全力バタンキュー」、この二曲を繋ぐ練習をしてるのですが、なかなか上手くいかず悪戦苦闘してましたが、最後は気持ちよく決まりこの表情!


image1 5.jpeg

その後も繋ぎの練習は続きラッドウインプスの前前前世やサザエさんのエンディング曲。B.B.クィーンのおどるポンポコリン。
かなり難しそうでしたが、りるはかせさんは
「自分でレコードを戻したり回したりするのは楽しいです!!」

ムラマツ先生も
「そうなんですよね!次の DJイベントで呼びますんで来てください!!」

ムラマツ先生公認のもとレコード DJアイドルが誕生しました。(アイドルでは二人目みたいです。)急遽そのままやっちゃおう!とアナログDJデビュー。

image1 6.jpeg アニソンメドレーで満員のお客さんも大盛り上がりです!!けいおんの楽曲メドレーからスタートし、定番ドラゴンボールの「ロマンティックあげるよ」、怪物君主題歌「ユカイツーカイ 怪物くん」、そしてセーラームーン主題歌「ムーンライト伝説」。繋ぎもバッチリ!!

最後はエヴァンゲリオン「残酷な天使のテーゼ」でエンディングに
 

image2 5.jpeg

最後の締めはO’CHAWANZ 恒例

O’CHAWANZ「せーの」

お客さん「おっちゃー!!」

image1 7.jpeg

再びムラマツ先生登場
「ありがとうございましたー!!」

今日のイベントを終えて「難しい事はたくさんあったけど、DJ道は面白いしアナログレコードは音が良くて最高!!」中学生みたいな感想ですがそれで良い。それが良いんです。つまりは単純にかっこよかったんですよね。ありがとうございました!!

image1 8.jpeg

【文: ナカタニヤスアキ (阿佐ヶ谷ロフトA)】

このアーティストの関連記事
haku
lpo
lpo