Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート高中正義の『BRASILIAN SKIES』40周年全国ツアーがスタート!

高中正義の『BRASILIAN SKIES』40周年全国ツアーがスタート!

2018.09.24

高中正義の『TAKANAKA SUPER LIVE 2018 “BRASILIAN SKIES 40th”』ツアーが9月22日(土)に東京・人見記念講堂でスタートした。

TAKANAKA0922_97C2417.jpg毎年開催されている高中正義のツアー、今年のテーマは1978年7月21日にリリースされた高中正義のソロ4作目となるアルバム『BRASILIAN SKIES』。
40周年を迎えた同アルバムは、LAやリオで録音されたラテン色の強い作品。「DISCO “B”」「伊豆甘夏納豆売り」といった後年、高中のライブでよく演奏される楽曲が収められた名盤だ。

TAKANAKA0922_8754.jpgTAKANAKA0922_97C2606.jpg揃いの赤い衣装に身を包んだAMAZONSの3人のコーラスで始まったライブ。そこへ黄色いパンツ&ベストに黒のシャツとバンダナという格好で高中正義がギターならず、小太鼓を叩きながら登場というド派手なオープニングで幕を開けた。

TAKANA0922_B1I4093.jpg前半はアルバム『BRASILIAN SKIES』中心の構成。会場も徐々にホットなブラジルのムードに染まっていく。
「渚モデラート」で始まった中盤。「MAMBO NO.5」ではAMAZONSが赤いマラカスを持ってダンスしながら会場を盛り上げていく。
ここからはアップテンポの曲が続くと、それまで腕を組んでじっと高中のギターを見守っていたオーディエンスも次々と立ち上がる。

TAKANAKA0922_97C2665.jpgこの勢いはラストまで続き、スタンディング・オベーションの中、本編は終了。アンコールでは名演と言われた1986年のJUNGLE JANE TOUR時の「BLUE LAGOON」ヴァージョンを演奏。
さらにファンからプレゼントされた虹伝説コンサートで使った復刻レインボーカラーYAMAHA SGも登場。これには古くから応援しているファンも大喜びで、2時間超に及んだパフォーマンスは終了。

高中正義の“BRASILIAN SKIES 40th”ツアーは、この後10月28日(日)の大阪・フェスティバルホールまで続く。また、10月13日(土)には東京・日比谷野外音楽堂にて同ツアーの野外版も開催される。
©TAKASHI OKAMOTO

Live Info.

TAKANAKA SUPER LIVE 2018
“BRASILIAN SKIES 40th”ツアー

9月24日(月・祝)福岡・ももちパレス 開場16:30/開演17:00
9月30日(日)仙台・SENDAI GIGS 開場16:00/開演16:30
10月7日(日)愛知・Zepp Nagoya 開場16:30/開演 17:00
10月19日(金)札幌・札幌わくわくホリデーホール 開場18:00/開演18:30
10月28日(日)大阪・フェスティバルホール 開場15:30/開演16:30

TAKANAKA SUPER LIVE 2018
“BRASILIAN SKIES 40th” 野音 de カーニバル!!

日時:10月13日(土)開場17:15/開演18:00
会場:東京・日比谷野外音楽堂

出演:高中正義(Guitar)
斉藤ノヴ(Percussion)/ 岡沢章(Bass)/ 宮崎まさひろ(Drums)/ 宮崎裕介(Keyboard)/ 井上薫(Keyboard)/ AMAZONS:大滝裕子・吉川智子・斉藤久美(Chorus)

関連リンク

このアーティストの関連記事
haku
lpo