Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート【イベントレポート】 『裏切りの街』三浦大輔監督、銀杏BOYZ 峯田和伸トークショー(主題歌演奏付)

【イベントレポート】 『裏切りの街』三浦大輔監督、銀杏BOYZ 峯田和伸トークショー(主題歌演奏付)

2016.11.14

1113a.jpg
1113b.jpg
■日時:11/13(日) 22:40~23:05
■場所:新宿武蔵野館 スクリーン1
■登壇者 三浦大輔 監督、峯田和伸
 
三浦大輔監督(以下、三浦):監督の三浦です、映画ご鑑賞いただきありがとうございます。みなさんが気になったことなどを今日はお話ししたいと思います。
 
峯田和伸(以下、峯田):主題歌の「ピンクローター」という曲を担当しました、銀杏BOYZというバンドをやっています。峯田といいます。今日はどうもありがとうございます。
 
三浦:以前『ボーイズ・オン・ザ・ラン』という映画で、峯田くん主演で映画ご一緒したのですが、また峯田くんといいものを作りたいと思って、舞台(「裏切りの街」)の劇伴、主題歌をお願いしまして、峯田君が回答してくれました。
 
峯田:結構、劇伴の曲が多かったんですよね。歌が入っていない、劇伴というのは初めてだったので、大丈夫かなと思いました。舞台の稽古場にも何度も足を運んで、来過ぎだと言われながら(笑)、稽古風景をみながら、このシーンにはこういう曲がいいのかなとか考えて作りました。主題歌の「ピンクローター」はタイトルも含め、三浦さんどう思うかなと思いましたが、すぐに「よかった!」って言ってくれて。
 
三浦:実は、峯田君には脚本ではなく物語のプロットを渡したんですね。それで、脚本より先に峯田君の「ピンクローター」が出来上がったんですね。デモ版が。それが素晴らしくて、それを聴きながら脚本を書いたんです。だから、「あの坂を登れば・・・」というのも歌詞をイメージしながらでしたので、「ピンクローター」から発生したような作品なんです。だから映画も「ピンクローター」ありきでした。そこから出来た物語ですから。
 
峯田:映画版『裏切りの街』、最高ですね。2010年の舞台版は自分が劇伴で携わっていたので気に入っていたし、すごくいい作品ですけど、映像として観てもものすごく良くて。撮影現場にも行ったんですよ。そこに池松君もいて、寺島さんもいて。完成したものを観て、映画館で観たいって当時から本当に思っていたんですよ。だから今回、劇場で上映されるのは自分としてもすごく嬉しいんです。
 
三浦:「アイデン・アンド・ティティ」を観て、俳優としての峯田くんを知っていたのですが、そこでひとめ惚れして、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「母に欲す」に役者として出てもらいましたが、最近は峯田くんが良いのがバレちゃって、朝ドラ俳優になっちゃったので(笑)、嬉しい反面、嫉妬心もあります。みんなに俳優としての峯田くんの才能を気付かれちゃったなと思って、複雑な気持ちでいます。
 
峯田:三浦監督は現場ではピリピリしてるし、怖い人ですよ。ストイックというのかな、他の事が目に入らなくて。そこが好きなところでもあります。いい作品を作ることだけを考えているのが、現場で感じられるので。ほかの役者さんもみんな、そこに惹かれて出演されているんだと思います。
 
(ここで『裏切りの街』主題歌「ピンクローター」弾き語り。峯田さんの熱唱に満席の会場は震えました!!)
 
三浦:映画を観た後にこの曲を聴くと、また感じ方が違いますよね。この単語の羅列だけで、これだけの感情が湧くのかと思います。本当に素晴らしい曲です。この曲があって、映画が成立しました。本当に感謝しています。
 
峯田:三浦さんが書く“裕一”っていう役は、なんか愛おしくて、あったかくて、そういうのが少しでも感じられる曲になればいいなと思ってつくりました。
 
(c) BeeTV 

Live Info.

『裏切りの街』 
監督・脚本:三浦大輔 
原作:PARCOプロデュース「裏切りの街」(作・演出 三浦大輔)
出演:池松壮亮 寺島しのぶ
中村映里子 落合モトキ 駒木根隆介 佐藤仁美 平田満
主題歌 :「ピンクローター」銀杏BOYZ
2016年/日本/132分/R15+  (c) BeeTV 配給:エイベックス・デジタル
 
『同棲する彼女に小遣いをもらいながら怠慢な生活を続けるフリーターの菅原裕一(池松壮亮)と、穏やかな夫と専業主婦として平穏な日々を送る智子(寺島しのぶ)。お互いのパートナーに対して特別な不満もない毎日。ただ何となく、はっきりとした目的もないまま出会い系サイトで偶然出会った二人は意味のない逢瀬を重ねる。季節が変わり、二人の関係もすっかり惰性となったある日、とある出来事をきっかけに日常が揺らぎはじめる。それでも「選択」することを避け、現実から逃げて逃げて、ただただ流れに身を任せる二人は、今日も中央線沿いの街の中をぐるぐるとあてどなく彷徨う…。』

新宿武蔵野館にて11月25日(木)まで上映中

<お問合せ>ビーズインターナショナル 井瀧(080-1100-5933)
11月12日(土)〜25日(木)2週間限定公開!

関連リンク

このアーティストの関連記事
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo