Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート【ライブレポート】沖ちづる&南壽あさ子、"ほかにいない"2人の女性シンガーソングライターが出会った夜!

【ライブレポート】沖ちづる&南壽あさ子、"ほかにいない"2人の女性シンガーソングライターが出会った夜!

2016.10.24

161021_yk_1044.jpg
 
 10月21日、「SONGS OF YESTERDAY」と冠されたイベントで注目の女性シンガーソングライター2人のツーマンライブが実現した。
 
 ひとりは13歳の頃の心情を綴った「二十歳のあなたへ」が、じわじわと評判を呼んでいる沖ちづる。若干、二十歳。シンガーソングライターシーンにみずみずしい風を吹き込んでいる新星だ。
 
 もうひとりは、2013年のメジャーデビュー以来、透明感のある歌声と、シンプルで美しい楽曲で、ますます支持を広げている南壽あさ子。9月28日には、ヤマハミュージックコミュニケーションズ移籍第一弾シングルとなる「flora」をリリースしたばかりだ。
 
フロアは満員。存在感抜群の歌声を持つ2人が登場した今宵、どのようなステージが繰り広げられたのだろうか。
 
◎沖ちづる ~夢を追うことの決意と痛み~
 
161021_yk_0887.jpg
 
 まず、沖ちづるが登場。少し伸びた黒髪をおろし、白いドット(水玉)模様が入った黒いミニのワンピースをまとっている。ハーモニカーホルダーをセットし、静かにひと息つく。フロアはピンとした緊張感に包まれていく。
 
 ステージは「旅立ち」でスタート。孤独のなか“歌い手として生きていく”という夢を抱いた自分の歩みになぞらえながら、夢を追い続け、旅を続ける人々の心を後押しするドラマチックなナンバーだ。続いては一転、朝の新鮮な空気、森の木々の爽やかさが匂いたつ「朝の光」。牧歌的で優しいメロディラインを奏で、フロアの空気を和ませる。
 
 挨拶代わりの2曲を終えた沖ちづるが言う。「念願かなって南壽あさ子さんとのツーマンライブが実現しました。今晩は楽しんでいってください」
 
 亡くなったクラスメイトに、“僕と君はただのクラスメイト。みんな大人になったよ”と、絶妙にリアルな距離感で語りかける「クラスメイト」。身近な人々、街の風景、景色を巧みに物語にしてく沖ちづるの持ち味が生きた群像劇「下北沢」。沖ちづるも出演する映画『くも漫』(2017年1月全国公開予定)の主題歌「誰も知らない」が立て続けに歌われる。叙情に満ちた表現力でじわじわと歌の世界観に観客を引き込み、会場の拍手はだんだん大きなものとなっていった。
 
 この夜の沖ちづるは、時に楽曲のテンポをやや落としながら、観客ひとりひとりに語りかけるように歌っていた。魔法がかった吸引力を持つ声で。
 
 “僕”“友人”“父親”という3人の登場人物を軸に、夢を追うことの痛みと決意を歌った「僕は今」、13歳の頃の沖ちづるが二十歳の自分に向けて綴った手紙をモチーフにした「二十歳のあなたへ」をもって、凛としたステージは幕を閉じた。
 
 沖ちづるはひとり芝居と歌からなる「歌語り」というスタイルのステージに挑戦をしているが、二十歳最後の夜にあたる11月25日に「歌語り」の再演として、「二十歳のあなたへ 二十歳と365日」が行うことが、この夜、発表された。
 
◎南壽あさ子 ~魔法がかった透明感~
 
161021_yk_0940.jpg
 
 少しの休憩を挟み、白い半袖のワンピースをまとった南壽あさ子が登場。透明感のある歌声が魅力の南壽あさ子だが、全身から醸す雰囲気そのものが透明感にあふれている。同時に、背筋の伸びたりりしい佇まいを感じさせる。
 
 「歌を聴くと、過去にその歌を聴いたときの気持ち、匂い、風景が思い起こされます。今晩は「SONGS OF YESTERDAY」というイベント。過去を回想させる曲を中心にお届けします」
 
 ノスタルジーをあたたかく喚起するのも、南壽あさ子の魅力のひとつ。“昨日の歌”というイベントタイトルにふさわしいアーティストだ。
 
 エレピの音色がキラキラと響き、ステージは「回遊魚の原風景」で始まった。海を舞台にした寓話性の高い“僕と君”の物語で、さっそく観客を歌の世界観に引き込んでいく。続いて、リズミカルに跳ねるイントロに乗って、同じく海を舞台にした「八月のモス・グリーン」に。
“水平線”“砂”“島”“月”というワードが巧みに織り込まれ、受け手のイマジネーションを刺激する。
 
 3曲目は「冬になると歌いたくなる歌」と紹介してから「冬の旅人」へ。混じりっ気のない“純”な冬の空気のなか、凛とした冬の空の下を歩く“僕と君の旅”が描かれていて、とてもドラマチック。そして、「10月に生まれた歌」という「みるいろの星」が披露された。
 
 ここからは「心が帰る場所、おうちシリーズ」(MCより)。CMソングとしてたびたび耳にしたことがあるだろう「積水ハウスの歌」(積水ハウス)、「エネルギーのうた」(東京ガス)が続けて歌われる。自分の帰りを暖かく迎えてくれる家庭の優しさ、安心感、安堵感を表現するのに、南壽あさ子の“懐かしくて暖かい”声はうってつけ。“懐かしくて暖かい”はありきたりな言葉だが、体現するのは難しい。南壽あさ子の声も魔法がかっている。
 
 幸せな空気がフロアを包むなか、インディーズ時代から大切に歌ってきた「フランネル」、ニューシングルの「flora」を歌ってステージは幕を閉じた。
MCで南壽あさ子は「flora」を、「平和を願って旅立つ歌」「悲しいことがあった時に希望になる歌」だと言った。華やかさのなかに、せつなくも力強い思いを込め、歌いきった。
 
◎アンコール ~“選ばれた歌声”のデュエット~
 
 大きな手拍子のなか、南壽あさ子が再びステージへ。「星のもぐる海」で観客の期待に応える。
そして、南壽あさ子が沖ちづるを呼び込む。アコースティックギターを抱えた沖ちづるが登場。2人が出会ったときのエピソードを語る。
 
 2人がデュエットしたのは荒井由実(ユーミン)の「翳りゆく部屋」。沖ちづるがいくつか候補曲を挙げ、南壽あさ子がそこから決めたのが「翳りゆく部屋」だったという。
 
 南壽あさ子が弾くピアノのイントロに乗せて、沖ちづるが歌い始める。ハスキーでウィスパーな沖ちづるの歌声と、伸びやかで清涼感いっぱいの南壽あさ子の歌声。タイプは違えども、ともに“選ばれし声”の持ち主だ。
 
 際立った存在感のある2人が交互にパートを歌い合う様には、お約束ではない緊張感があり、スリリング。
2人のツーマンライブの締めくくりにふさわしい凛としたデュエットだった。(文/山本貴政 写真/木村泰之)
 
SONGS OF YESTERDAYライブレポート(2016年10月21日 六本木Varit.)
 
■日時/会場/イベント名
2016年10月21日
六本木Varit.
SONGS OF YESTERDAY
 
■出演
沖ちづる
南壽あさ子
 
■セットリスト
SONGS OF YESTERDAY
 
沖ちづる
01.   旅立ち
02.   朝の光
03.   クラスメイト
04. 下北沢
05.   誰も知らない
06.   僕は今
07.   二十歳のあなたへ
 
南壽あさ子
01.   回遊魚の原風景
02.   八月のモス・グリーン
03.   冬の旅人
04.   みるいろの星
05.   積水ハウスの歌
06.   エネルギーのうた
07.   フランネル
08.   flora
 
アンコール
01.   星のもぐる海(南壽あさ子)
02.   翳りゆく部屋(南壽あさ子/沖ちづる、カバー)
 

関連リンク

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻