Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート【ライブレポート】沖ちづる、旅立ちを予感させる二十歳最初のワンマンライブ

【ライブレポート】沖ちづる、旅立ちを予感させる二十歳最初のワンマンライブ

2015.12.15

_DSC0039 web.jpg
 
 2015年12月13日。二十歳を迎えたばかりの沖ちづるが「二十歳のあなたへ」と題されたワンマンライブを赤坂BLITZで行なった。
 
 ただならぬ存在感を放つ声とストーリテリングの才を持つ“シンガーソングライターの新星”として登場した沖ちづるにとって、2015年はステッピングボードとなる特別な年だった。高校卒業後に本格的な弾き語り活動を始めた2014年を経て、2015年に入るとシングル「光」、ミニアルバム『景色』、フルアルバム『わたしのこえ』、ライブDVD『わたしのこえ』を立て続けにリリース。定期的にワンマンライブもこなしてきた。
 
 この日のワンマンライブはそんな1年の集大成。さらには、13歳の沖ちづるが二十歳の沖ちづるに向かって書いた『二十歳のあなたへ』という手紙をタイトルにしたライブでもある。そこには「あなたは歌手になれていますか?」と綴られているという。つまり、声とギター1本で世界に飛び出した沖ちづるが“これまで”にひと区切りをつけ、新たな旅立ちに臨む瞬間でもあったのだ。
 
_DSC0050 web.jpg
 
 フロアの客電が落とされる。非常灯も消された暗がりのなか、沖ちづるが登場。真っ赤なワンピースのドレスを着て、フロア最前列に歩いてくる。向かって右側の頭上から1本のスポットライトが放射線状に沖ちづるを照らす。逆光に浮かび上がるシルエット。沖ちづるがフロアで立ったまま歌い出す。ライブはタイトルにもなった「二十歳のあなたへ」で始まった。素直になれなれず、家族に当たり散らしてきた後悔、そんな自分を受け止めてくれた家族への感謝。そういったナイーブな心情が噛みしめるように綴られる。同時に「夢は覚えていますか」「やさしい大人になっていますか」と、今の自分を確かめ、諭すように綴られていく。
 
 フロアに置かれた椅子に座り、沖ちづるは観客と同じ高さの目線でステージを進めていく。2曲目は「いとまごい」。今度は、真上から細い1本のスポットライトが光の柱のように沖ちづるの頭上に降りてくる。光と暗闇の狭間でゆらめくドレスの赤。ストイックなライティングが鮮やかなコントラストを生み、凛とした沖ちづるの世界観をより引きしめていく。
 
_DSC0071 web.jpg
 
 続いて、朝の木漏れ日のなか、自分だけの通り道を見つけた喜びにあふれる「朝の光」が行進曲のようにみずみずしく歌われる。そこから、2014年の自主制作盤のタイトル曲「はなれてごらん」。この先、辿りついた場所が素晴らしい景色ではなくても歌い続けていくんだという決意を表明した「景色」。“いつかあった(幻の)風景”を痛切なノスタルジーとともに描く「小さな丘」。女子校という年頃の女の子だけの世界を少しの皮肉を込めてコミカルに描写した「まいにち女の子」。夜ふけの帰り道の侘しさを情感たっぷりに描いた「街の灯かり」が次々に繰り出され、ピリッとした緊張感がフロアを包んでいく。
 
 沖ちづるの世界観の特徴のひとつとして、ヒリヒリとした喪失感があげられる。ただ、例えばそこには“終わり/始まり”“失ったもの/得たもの”“闇/光”“寂寥感/ささやかな喜び”というように、“喪失感的なもの”と対になった“前に向かう情感”が常にある。つまり、終わりがなければ始まりがないように、明と暗は必ず対になっていて、どちらかだけでは存在しえない。その“対”を起点にしているから、沖ちづるの歌はあきらめを孕んだ不思議な生命力をたたえているのだろう。「街の灯かり」や、その次に歌われた新曲の「高架下の二人」はそんな明暗を見事にドラマチックな物語に仕立てあげ、背中を押してくれる曲になっている。
 
_DSC0080 web.jpg
 
 ライブはあっと言う間に終盤へ。つんのめるようなビートに字余りの歌詞を乗せ、速射砲のように言葉を弾けさせる新曲「メッセージ」で新境地をみせる。トーキングブルース調の勢いのある曲調からは、この1年で沖ちづるがアーティストとしてのタフさを増していることを理解させてくれた。ゾクッとさせるウィスパーヴォイスの効いた「きみのうた」を挟み、“変わり者の自分を認めていいんだ。だから歌っていくんだ”と沖ちづるに決意させた曲で、ずっと大切に歌い続けてきた「光」が披露される。いつかの自分を肯定したように、ひとつひとつの言葉を観客に語りかけていく。みんな自分を認めていいんだ、と……。柔らかな照明の光がほんのりと沖ちづるのまわりを照らしていき、やがて青いバックライトの逆光のなかに、沖ちづるのシルエットが消えていった。
 
 ステージは最後の2曲に。この1年、ほぼすべてのライブを弾き語りで行なってきた沖ちづるが、バックメンバーを呼び込む。ステージにベース、ギター、ドラムの3人が登場。沖ちづるはこの日、初めてステージへとあがった。赤いドレスにトレンチコートを重ね、つばの広いハットをかぶっている。「旅人とその仲間たち」をイメージしたいでたちだと言う。
 
 新曲の「旅立ち」が骨太なフォークロックサウンドに乗せて歌われる。とても勇敢でロマンチックなナンバーだ。安定した社会生活からあぶれても、自由を求めて放浪し続け、まるで旅をするように人生を戦う者たちのことを、1900年代初頭から半ばにかけてのカウンターカルチャーではホーボーと呼んだ。大切なものを奪われないように彼らは逸脱を続けた。では、大切なものとは? 大きくいうと、それは“真心”のようなものだと思う。「旅立ち」は、そんな屈しない者たちの魂に連なる現代のホーボーソングだった。この歌を堂々と歌う沖ちづるの顔はとても晴ればれとしていた。
 
_DSC0092 web.jpg
 
 大きな拍手のなか、ラストナンバーの「下北沢」をそのままバンドセットで歌いあげる。高校を卒業してからの多くの時間を過ごした街、下北沢の喧噪を生き生きと描いた群像劇をもって、この日のライブは幕を閉じた。この歌で沖ちづるは“何故、この街で自分は歌っているのか?”と、自分を登場人物のひとりとして見つめ、自問自答している。バンドセットでの「旅立ち」と「下北沢」を聴くと、沖ちづるは人生のクロスロードから、新たな旅路へと歩み始めたようだ。そんな感慨を抱かせてくれるメモリアルなライブだった。なお、「旅立ち」はニューシングルとして2016年2月24日にリリースされる。初のバンドアレンジでレコーディングされた曲になるという。カップリングは「二十歳のあなたへ」。新世代のニューアンセムの登場を予感させる、このシングルも楽しみに待ちたい。
 
■セットリスト
沖ちづる
DECEMBER’S CHILDREN <昼の部>
沖ちづるワンマンライブ「二十歳のあなたへ」
 
01. 二十歳のあなたへ
02. いとまごい
03. 朝の光
04. はなれてごらん
05. 景色
06. 小さな丘
07. まいにち女の子
08. 街の灯かり
09. 高架下の二人
10. メッセージ
11. きみのうた
12. 光
13. 旅立ち ※
14. 下北沢 ※
   
※サポート演奏
 
ドラムス 坂田学
ベース 隅倉弘至(初恋の嵐)
ギター 伊東真一(HlNTO)
 
◎文 山本貴政
◎撮影 河本悠貴

商品情報

「旅立ち」

発売日:2015年2月24日
品番:XNDC-30044/B (CD+DVD)
価格:¥1,852(本体価格)+税

amazon

▼CD収録曲:
1.旅立ち
2.二十歳のあなたへ
3.タイガーリリー
▼DVD収録内容: 「むこうみずチャンネルvol.3」
このDVDでしか見ることができないレア映像含む沖ちづるの映像作品シリーズの第3弾!
今回もレアライブ映像を収録予定(収録内容の詳細は12/15以降情報公開予定)

Live Info.

2nd Single「旅立ち」リリースツアー“新しい日々”
3月5日(土) 愛知 新栄sunset BLUE
Open 18:00 / Start 18:30 JAILHOUSE 052-936-6041
3月6日(日) 大阪 心斎橋Soap opera classics
Open 18:00 / Start 18:20 GRRENS 06-6882-1224 ゲスト:林青空
3月12日(土) 東京 恵比寿天窓.switch
Open 18:00 / Start 18:30 SOGO TOKYO 03-3405-9999
3月13日(日) 東京 恵比寿天窓.switch
Open 18:00 / Start 18:30 SOGO TOKYO 03-3405-9999
 
※全会場弾き語りによるライブです。
(東京・名古屋はワンマン公演、大阪公演はゲストアクト1組有)
 
【TICKETS】
前売¥3,000(税込・D代別・整理番号順入場)
一般発売日= 2016年1月16日(土)
 
【先行販売情報】
▼愛知公演
受付期間=2015年12月14日(月)12:00~12月21日(月)18:00
受付URL=
 
▼大阪公演
受付期間=2015年12月15日(火)12:00~12月23日(水・祝)23:00
受付URL=
PC (お申し込みには無料会員登録が必要となります)
スマートフォン・携帯 (お申し込みには有料会員登録が必要となります)
 
▼東京公演
受付期間=2015年12月13(日)15:00~12月27日(日)23:59
 

関連リンク

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻