Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート【ライブレポート】5月25日(土)Shibuya O-Crest「In 197666 ワンマンライブ 〜(NO) MY DESTINY〜」

【ライブレポート】5月25日(土)Shibuya O-Crest「In 197666 ワンマンライブ 〜(NO) MY DESTINY〜」

2013.06.11

IN197666MQ12.jpgIn 197666 ワンマンライブ 〜(NO) MY DESTINY〜
5月25日(土)Shibuya O-Crest
In 197666

 

IN197666MQ59.jpg
IN197666-MQ128.jpg

 In 197666がデビュー後初となるワンマンライブ“In 197666 ワンマンライブ 〜(NO) MY DESTINY〜”を5月25日にShibuya O-Crestで開催した。森下、三浦、原、西の順にお辞儀をしながら登場し、1曲目は前作『Stars Seed』の中から『光指す方へ』でスタート。アップテンポ曲にフロアは歓声を上げながらこぶしを高く上げていた。続いてメジャーデビュー作『(NO)MY DESTINY』から『砂時計』を。ビカビカと光る照明と、攻撃的なサウンドで徐々にフロアを熱くしていく。MCでは、「音楽を始めて10年。4月3日にメジャーデビューしました」と改めて西が報告すると、フロアからは温かい拍手と「おめでとう!」の声がかかる。その後も、先日参加した映画の記者会見の模様(彼らの楽曲『砂時計』が韓国映画『共謀者』の主題歌に起用されたのだ)やら何やら、正直まだ2曲しか歌っていないのによく喋るなぁと思ったが(笑)、「ここからノンストップで行きますので」という西の言葉で納得。そして『PLANUS』『Sly Me to the Deep』など、メッセージ色が強く、強烈なロックサウンドを畳みかける。歌詞の内容にリンクさせて、「会場の人にしかわからない合図を送ります」と言って歌われた『OVER TO YOU』では、サビでフロアが一体となってタオルまわし。たしか、以前はタオルを回す曲はなかったような(記憶違いだったらごめんなさい)。ライブの回数を重ねていくごとに、ステージとフロアが大事に大事に曲を完成していく感じが見てとれた。6曲を(ほぼ)ノンストップで演奏後、「森下が昨年加入して、初めて作った曲かな。あのことを歌にしなきゃダメだと思ったんです」と次に歌われる『Fly』を作った時の思いを西が話し始めた。“ごめんね バイバイ”という歌詞が印象的なこの曲。「自殺するな、自分で結末を決めるなって。一番大切な曲で、メジャーというフィールドに導いてくれた曲」と言った後の演奏。今の彼らの言葉が充分に詰め込まれた曲で、ステージからも気迫が満ちていた。

IN197666-MQ134.jpg In 197666は、昨年森下が加入し、今の形になってちょうど1年が経った。「新しいIn 197666が1歳の誕生日を迎えました」と西が言うと、フロアからは再び温かい拍手が。この後英語詞で歌う『Saturday in the rain』を。森下&ベースの原のコーラスがとても心地よく、やわらかな空気が会場を包み混んでいた。ここで西がふいにクラウンレコードの前社長の話に触れ、「大切な人に送ります」と言って歌われた『シキサイの種』、そして『from Snow...』を西が鍵盤を弾きながら歌う。ピアノの旋律に導かれ、じんわりと心に届く西の歌声に会場は聴き入っていた。そして、何度目かのMCで西が、「明日から新しいレコーディングが始まります」と。(個人的に彼らはずっとレコーディング作業をしているイメージがある…が…)。その中から、「最高にブチアガって行こうぜ!」と新曲『Another part of me』の披露。原&森下がステージ前方まで出てフロアを煽るように、それぞれの楽器を掻き鳴らす。ロック色が強く、フロアと一体になって歌える曲で、CDのリリースが待ち遠しいと思うと同時に、今後のライブでの定番曲になっていく曲だろうと感じた。そして、ラストは『IQ:64 (あいくるしぃ)』。ザクザクと鳴らされるギターに、三浦の軽快なドラムも心地よく、サビではフロアが大合唱。

IN197666-MQ206.jpg アンコールでは、手拍子が起こる中、これから本編が始まるかのようなさわやかな顔で登場した4人(笑)。『楽園』を演奏後、「メジャーデビュー後初のワンマンにお越し頂きありがとうございます。こうやってワンマンが出来るように頑張りますので、応援よろしくお願いします」と改めて謙虚に挨拶をし、『天気予報』を歌い、会場を温かい空気にしてステージを後にした。
 
 これまでの彼らのライブに比べると格段に進化しているというのは今回のワンマンを見ていて感じたことで、ステージ上でのパフォーマンスは「見られている」というよりは「見せる」ということを意識しているようにも思えたし、西の歌声も確実に力強く、そして伝えるというところにも重きを置いているようにも感じられた。まだまだデビューしたばかり。これからもっともっといろいろなステージを経験しながら、如何様にも変化し続けていくのだろうと期待が持てるライブだった。(text:やまだともこ/Rooftop)
 

IN197666MQ21.jpg
 SET LIST
01. 光指す方へ
02. 砂時計
03. PLANUS
04. Sly Me to the Deep
05. OVER TO YOU
06. D
07. falls out
08. Fly
09. Saturday in the rain
10. 街は灯りを消したまま
11. シキサイの種
12. from Snow…
13. あの日の未来
14. 未完成メロディー
15. Another part of me
16. パズル
17. Laugh More Baby
18. IQ:64(あいくるしぃ)
EN-01. 楽園
EN-02. 天気予報

関連リンク

このアーティストの関連記事
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo