Rooftop ルーフトップ

REPORT

トップレポート【ライブレポート】5月9日(木)渋谷O-WEST「ファーストアルバム『死ぬくらい大好き愛してるバカみたい』発売記念ライブ HERE PRESENTS『GLAMOROUS STUDY:point10』」

【ライブレポート】5月9日(木)渋谷O-WEST「ファーストアルバム『死ぬくらい大好き愛してるバカみたい』発売記念ライブ HERE PRESENTS『GLAMOROUS STUDY:point10』」

2013.06.05

GS10368.jpg2013.5.09(thu)渋谷O-WEST
ファーストアルバム『死ぬくらい大好き愛してるバカみたい』発売記念ライブ
HERE PRESENTS『GLAMOROUS STUDY:point10』
HERE / ゲストミュージシャン:ハジメタル(誰でもエスパー/key)
W)9mm Parabellum Bullet / アルカラ

 

 HEREのリリース記念ツアーファイナル@渋谷O-WEST。ゲストは9mm Parabellum Bulletとアルカラ! 3月号で掲載したHEREのインタビューでも言ったけれど、昨年の3月9日@新宿ロフトでのHERE、9mm Parabellum Bullet、ピエール中野(DJ)に続く、再び「最後の蓋を開けちゃったか」という最強の3マン。
 

_RUI8921.jpg 1番目は9mmが登場! 1曲目は『Discommunication』! のっけからぶっ放すスタイル。途中新曲『Answer And Answer』を挟み、これでもかと言わんばかりの攻めの曲を畳みかける。_RUI0081.jpgかみじょうの機関銃のようなドラムも、滝の暴れ狂うギタープレイも、中村のタイトなベースも、卓郎の艶めかしい歌声も、4人それぞれのエネルギーがぶつかり合い、フロアに叩きつけられる。MCではHEREの新譜『死ぬくらい大好き愛してるバカみたい』に収録されている『戯曲・カマキリの生態系から考察する愛の起源 〜居酒屋編〜』に触れ、「尾形さんが三橋くんを呼ぶときの“ハヤト”が良かった」という話から『Cold Edge』では中村がまさかの「ハヤトー」でシャウト(笑)。9mmは、こういう遊び心を持ってるから好き。最後の『Punishment』では、卓郎、滝、中村の3人がHEREに負けないぐらいステージ前方に張り出し、よりフロアを熱狂に導いていった。
 

GS10533.jpg
 続いて登場したのはアルカラ。9mmのライブですでに熱くなりきっているフロアに、さらに熱の塊を投下したような、立ってるだけで汗が噴き出てくる。『踊れやフリーダ』では、ゲストダンサー(?)として、HEREのドラマー宮野が登場。ド派手なタイツと、銀色の上着を纏い、バラをくわえ、華麗なダンスを披露し、投げキッスを残してフロアを後にした。続く『授業参観』ではスペシャルゲストとして、folcaのギタリスト爲川裕也を迎えてより分厚くなったサウンドで聴かせ、『380』では稲村がヴァイオリンを掻き鳴らし(この曲では女性のヴァイオリニスト・ジェニさんが登場)、次から次へとゲストが登場する華やかで賑やかなステージだったが、最後は『ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト』という心の奥底に響く楽曲を聴かせ、このギャップに完全に心を掴まれてしまったのは言うまでもない。

GS10469.jpg そして、この強者2バンドのトリを飾ったのが主催のHEREだ。この2バンドのライブを見た彼らの意気込みは一入だろう。その表れなのか、尾形回帰のメイクがいつも以上に気合いが入り、ファンデーションが濃いのか顔がいつもより白く浮き上がって見えた。1曲目は情熱的なこの曲『死ぬくらい大好き愛してるバカみたい』。曲が始まると同時に、フロアからは無数のバラが投げ込まれている。バラで敷き詰められたステージで、ド派手な衣装を着たメンバー各々が所狭しと駆け回りながら演奏をする。間奏では、武田&三橋によるツインギターのまん中でハジメタルが一番気持ちよさそうな顔をしてエアギターを掻き鳴らすという、すでにロックが爆発しまくった状態に。この後も『死ぬくらい大好き愛してるバカみたい』の中からハイテンションな曲が次々と演奏された。タイトなサウンドで聴かせる『ゾッコンROCK ON』の演奏後、ハジメタルによる優雅なピアノの演奏と共に始まったのは、アマルフィ海岸で起きたある男女の恋物語を描いた寸劇。ここで彼女役に巨乳となったタイスーケ・イナムーラ、一心不乱にギターをかきむしる男・ヨシミツ・タッキーが登場し(寸劇の内容は割愛)、『AMORE AMORE』に続く。変わらずヨシミツ・タッキーはギターをかきむしり、タイスーケ・イナムーラはボーカルを、さらには9mmとアルカラメンバー全員がステージに登場しステージ前方に張り出して「アモーレ! アモーレ!」。しまいには宮野までがいつのまにかアルカラ疋田武史にドラムを預け、誰よりも目立つ形で張り出している。HAMPAない。GS10710.jpgそのまま、この日が誕生日だという滝のバースデーサプライズがあり(さっきあんなに激しいライブをしていた9mmメンバーがソロリソロリと歩きながら大事そうにケーキを運んでくる姿がすごく良かった/笑)、『みっともないぜ愛がこぼれてる』ではヨシミツ・タッキーがそのままギターを弾き、トリプルギターで魅せる!! 滝のHERE愛もみっともないくらいこぼれてた。そして、ラストは『メカニックマミ』。ゴリッゴリで超ハイスピードのこの曲、尾形もハジメタルも勢いそのままにフロアにダイブ!! からの、HEREメンバーが体を張って作り上げるとても歪なトーテムポールが完成し、大団円で幕を閉じた。アンコールは用意していなかったようだが、フロアの熱い声に応えて、「声が出るかわからないよ」と言いながら、『HAMPAねえな』を。
 最後の最後までとにかく規格外のライブをやり続け、あの強者2バンドのトリをちゃんと務めたHERE。9月14日にはO-Crestでワンマンを行なうそう。まだ彼らの衝撃に出会っていないという方はぜひ足を運んで欲しい。
(text:やまだともこ/photo by:高畠正人/9mm Parabellum Bullet Live photo by:橋本 塁[SOUND SHOOTER])

※写真はクリックすると拡大できます。

GS10577.jpg GS10601.jpg GS10620.jpg GS10649.jpg GS10754.jpg
GS10340.jpg GS10510.jpg GS10840.jpg

 

■セットリスト
【9mm Parabellum Bullet】

1.Discommunication
2.The Revolutionary
3.ハートに火をつけて
4.Answer And Answer
5.Supernova
6.Cold Edge
7.Living Dying Message
8.Black Market Blues
9.新しい光
10.Punishment

【アルカラ】
1.Aカップ巨乳
2.マゾスティック檸檬爆弾
3.キャッチーを科学する
4.踊れやフリーダ
5.授業参観
6.380
7.チクショー
8.半径30cmの中を知らない
9.ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト

【HERE】
1.死ぬくらい大好き愛してるバカみたい
2.解放エクスペリエンス
3.私に溶けてしまえばいい
4.絡みつくような愛をくれてやる
5.煩悩OH!NO!
6.ゾッコンROCK ON
7.AMORE AMORE
8.みっともないぜ愛がこぼれてる
9.メカニックマミ
アンコール
10.HAMPAねえな

 

関連リンク

このアーティストの関連記事
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo