Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースこんな日本に誰がした? 政府もニッポン人もヤバいぞ!『パンケーキを毒見する』初日舞台挨拶!

こんな日本に誰がした? 政府もニッポン人もヤバいぞ!『パンケーキを毒見する』初日舞台挨拶!

2021.07.31

Pancake_0730official.jpg
世界が未曾有のコロナ禍に陥る中、国民の命と激動の時代の舵取りは、この男に託された。日本アカデミー賞作品「新聞記者」や、東京国際映画祭作品賞(スプラッシュ部門)「i-新聞記者ドキュメント-」で官邸政治の闇や、菅首相(当時官房長官)をウォッチしてきたスターサンズが、“今、一番日本人が知りたいこと”菅政権の正体に迫ったドキュメンタリー映画『パンケーキを毒見する』が7月30日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開中。
 
世間では、官房長官時代の「令和おじさん」や東京新聞記者・望月衣塑子氏との会見でのバトルが有名だが、政治家として彼がこれまでどのようなことを行い、何を考えているのかというのは意外に知られていない。安倍政権のナンバー2を長く務め、ついにトップの座に就いた菅義偉とはどんな人物なのか?彼の姿の向こうに、報道からは決して見えてこないニッポンの真実が浮かび上がってくる。果たして日本の将来はどうなっていくのか?
 
本作に登場するのは、自由民主党の石破茂や村上誠一郎、立憲民主党の江田憲司、日本共産党の小池晃といった現役の国会議員、経済産業省出身・古賀茂明、元文部科学事務次官・前川喜平ら元官僚、そして、菅首相をよく知るジャーナリストの森功、元朝日新聞記者・鮫島浩といった人たち。それぞれの立場から、菅義偉の人間像や菅政権の目指すもの、日本の現状とその危うい将来を語り尽くす。さらに、菅首相がこれまで国会で行なった答弁も徹底的に検証し、ポーカーフェイスの裏に隠されているものを探っていく。ナレーターには俳優の古舘寛治を迎え、証言の合間には、日本の“変なところ”を風刺するブラックなアニメーションを挿入。ユニークな政治バラエティ映画として完成している。
 
オリンピック開催真っ只中の7月30日(金)に公開となった本作。この度、企画段階から関わっている、経済産業省出身・古賀茂明、元文部科学事務次官・前川喜平、河村光庸プロデューサー、内山雄人監督による初日舞台挨拶を実施。
 
映画『パンケーキを毒見する』 初日舞台挨拶
■日時: 7月30日(金) 10:35~(8:40の回上映終了後)
■場所: 新宿ピカデリー スクリーン3 (東京都新宿区新宿3丁目15番15号)
■登壇: 古賀茂明、前川喜平、内山雄人監督、河村光庸プロデューサー(敬省略)
 
公開初日となる7月30日、新宿ピカデリーにて、本作の企画段階からかかわっている経済産業省出身・古賀茂明、元文部科学事務次官・前川喜平、内山雄人監督、河村光庸プロデューサーら4名による初日舞台あいさつを実施。
 
ステージに立った古賀は「初回の舞台あいさつということで、皆さんの感想を聞きたいところですが。今日は名誉ある初回のトークショーに来させていただいてありがとうございます」とあいさつ。続く前川さんは「わたしはチョイ役なんで、あまりここに来る意味はないかなとは思うんですが、新宿にはチョイチョイ来ていましたんで、違和感はないですね。まあ本来ならSさんという主役がいなきゃいけないところですが、来てくれないんで。代わりにやってまいりました」と菅首相に対する皮肉をチクリ。会場を笑わせた。
 
そして内山監督は、満員となった客席を見渡し「これだけ多くの方に来ていただいて。ものすごく感激しております。この映画は世代を超えて若い人、政治に興味が無い人に届くようになったらいいなと思っています。観ていただいた方々が少しでも広げていただけたら、何か一歩変わっていくんじゃないかと思っています」と晴れやかな表情であいさつを行なった。
 
本作を作った経緯について河村プロデューサーは「ちょうど去年の9月ごろ、自民党の総裁選があったのですが、菅さんが何者なのか、国民の皆さんに届いていないと思っていました。ですから去年の時点でやろうと。パンケーキをマスコミに振る舞っていたということで、タイトルも『パンケーキを毒見する』にしようと決めました。公開時期もオリンピックど真ん中にやろうと。すべてを決めてからやろうと思ったということです」とその意図を明かした。
 
そしてそんな河村プロデューサーの企画意図を受けた内山監督が「タイトどころじゃない厳しさでした。ドキュメンタリーは1年くらいかけて撮るものなんですが、すでに公開日は決まっていて、半年くらいしかなかったのでどうしようかと思っていましたが、なかなかないチャンスですし、テレビは放送日が決まってから作ることも多いので。これができたのは、自分がテレビ出身で、そういう訓練をしてきたから、ということもあります。とにかく菅さんを撮る事ができない前提なので、何かアイデアを出さないと絵が埋まらない。とにかく取材も断られるし、終わらないかもしれないと思いながら。ギリギリまで作業をしていましたね」と振り返ると、古賀さんも「菅さんの映像が撮れないので、(菅首相の故郷である)秋田にみんなで行った方がいいんじゃないかという話にもなったんですが、緊急事態宣言で行けなくなった。これはかなり難しいなと思っていたんですが、だんだんと内山さんからの連絡が途絶え気味になって。大丈夫かなと思っていたところ、こうやってなんとか形になってよかったです」と安堵の表情を見せた。
 
そんな菅首相の素顔だが、前川は「菅さんの素顔はスガスガしいものではありません。(前川さんが)現役官僚の時に説明に行くということはありましたが、濃厚な関わりとなったのは役人を辞めた後で。こっちは関わりたくなかったんですが。新聞にニセの話を書かれた時も、わたしは官邸からつぶされかけているんだなと思いましたが。菅さんはパンケーキ、令和おじさん、苦労人といった甘ったるいイメージがありましたが、その時は若い人からの支持率が脅威的で。そういう方に観ていただいて、菅さんの素顔はスガスガしくないことを知ってもらいたいですね」とコメント。
 
さらに古賀も「僕も菅さんが官房長官の時に、政策について説明のためにお話をしたことがあるんですが、印象はほとんどないですね。菅さんってしゃべらないんですよ。とにかく本心を見せない。優しそうなおじさんとして人気があったんですが、素顔は全然違います。映画とのコラボ企画で「官邸の暴走」 (角川新書)という本を書いたんですが、そこに『頑固で攻撃的。改革する自分に酔うナルシシスト』であると書きました」と菅首相の人物像を指摘するひと幕も。
 
さらにその後も、政権の問題点をしっかりと報道しないメディアの問題を指摘するなど、日本の問題点を次々と語り合った登壇者たち。最後に内山監督が「この10年ぐらいの間におかしなことがずっと繰り返され、どんどん忘れられていきました。今だったら目先のこと、コロナ対策がどうなっているんだということになっていますが、それ以前に全体が腐りきっているということを本当に忘れないでほしいんです。これを変えていくために唯一残された手段が選挙なので。投票率を少しでも上げるためにはどうしたらいいのか。この映画がそのための一歩になったらいいなと思います」とメッセージを送り、イベントを締めくった

Live Info.

映画『パンケーキを毒見する』

56d87877521c4e7fce687f62926c6f2ad9b6b68d-thumb-autox566-204045.jpg
 
7/30(金)より新宿ピカデリー全国公開
 
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸 監督:内山雄人 
音楽:三浦良明 大山純(ストレイテナー)  アニメーション:べんぴねこ ナレーター:古舘寛治 
2021年/日本映画/104分/カラー/ビスタ/ステレオ 制作:テレビマンユニオン 配給:スターサンズ 配給協力:KADOKAWA
オフィシャルサイト:https://www.pancake-movie.com
©2021『パンケーキを毒見する』製作委員会  
 
このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻