Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースBTS、グローバル展示プロジェクト「CONNECT, BTS」、プロジェクト終了1周年を迎え、E-BOOK·書体無料配布!

BTS、グローバル展示プロジェクト「CONNECT, BTS」、プロジェクト終了1周年を迎え、E-BOOK·書体無料配布!

2021.03.30

CONNECT, BTS_プロジェクトHP_ポップアップイメージ.jpeg
 
Photo by Big Hit Entertainment
 
国籍、ジャンル、世代を超えた美術作家たちがBTSと協業したグローバル現代美術展示プロジェクト「CONNECT, BTS」が終了1周年を記念し、29日から来月30日までE-BOOK(電子書籍)と書体(フォント)を無料配布する。
 
全世界5カ国、22人余りの現代美術作家たちが昨年1月14日(現地時間)、イギリスのロンドンを皮切りにドイツのベルリン、アルゼンチンのブエノスアイレス、アメリカのニューヨーク、大韓民国のソウルに至るまで、全世界を舞台に「CONNECT, BTS」プロジェクトを行ってきた。 世界的に有名な現代美術作家とキュレーターは「多様性」に対する肯定·連結·疎通など、BTSが音楽を通じて追求する哲学とメッセージを現代美術の言語に拡張した作品を同時多発的に披露した。 韓国のイ·デヒョン·アートディレクター(元ヴェネチア・ビエンナーレ韓国館芸術監督)が総括企画を担当し、ロンドンのベン・ビッカ(Ben Vickers)、ケイ・ワトソン(Kay Watson)、ベルリンのステファニー・ローゼンタール(Stephanie Rosenthal)、ノエミー・ソロモン(Noémie Solomon)、ニューヨークのトーマス・アーノルド(Tom)が展示した。
 
この他にも世界的な作家アントニー・ゴームリー(Antony Gormley)、トマス・サラセーノ(Toḿs Saraceno)、ジェイコブ・ティンソン(Jakob Kudsk Steensen)、アン・ヴェロニカ・ヤンセンズ(Ann VeronicaJanssens)、カン·イヨン、そしてジェリーリア·ティク(Jelili Atiku)などの17組の芸術家が参加した。
 
この展示に参加した作家と関係者らは「様々な方法で様々な作家と芸術、音楽を結びつけるなど、このプロジェクトの"多様性"に心から感動した」「若い年齢層に芸術に対する関心を与えた」と賛辞を送り、展示を大衆に無料公開したことについて芸術界も「美術に対する偏見と障壁を低めた」と高く評価した。
 
CONNECT BTS FONT_イメージ.png
 
「CONNECT, BTS」は29日、展示終了1周年を迎え、プロジェクトホームページを通じてグローバル展示プロジェクトの全体的な記録を盛り込んだE-BOOKを公開する。 韓国語と英語で同時発刊される「CONNECT, BTS」E-BOOKには、プロジェクトの企画背景から展示に参加した作家の紹介、キュレーターらのメッセージなどが文章と資料、写真で収録される。 また、世界的権威の美術史学者W.J.T.ミッチェル(W.J.T.Mitchell)、文化理論家ミーケ·バル(Mieke Bal)、社会学者マリステラ·バンパ(Maristella Svampa)などの「CONNECT, BTS」を興味深く見守った学者たちも執筆に参加した。「連結(Connect)」をテーマにしたこのプロジェクトの生々しい記録をより多くの人たちと共有することで、「私たちは依然としてつながっている」というメッセージを伝える予定だ。
 
このプロジェクトのためだけに開発された「CONNECT, BTS」のフォントも29日から4月30日までプロジェクトホームページで無料ダウンロードできる。
 
BTSはプロジェクトホームページに、純粋芸術と大衆芸術をつなぐ特別なプロジェクト「CONNECT, BTS」について、「お互い同じではないという理由で分離した世の中ではなく、各自の多様性がお互いに『連結』された世界を作っていけるという思いで今後も共に歩んでいただきたい」とメッセージを残した。
 
一方、「CONNECT,  BTS」E-BOOKは実物図書としても少量製作され、展示が開かれた5カ国のギャラリーおよび展示に参加した作家やキュレーターらに提供される予定だ。
 
CONNECT, BTS E-BOOK_表紙イメージ.png
このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻