Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース「新・ニッポン戦後サブカルチャー史 番外編(ゲスト:Aマッソ加納)〜道化の系譜学と、笑いの現在地」配信!

「新・ニッポン戦後サブカルチャー史 番外編(ゲスト:Aマッソ加納)〜道化の系譜学と、笑いの現在地」配信!

2021.02.19

6e9d2ecf801885b03207e603985013bc-548x190.jpg

ロフトプロジェクトで昨年11月から続く連続講義・「新・戦後ニッポンサブカルチャー史」。第3回目となる今回は番外編として、ゲストにAマッソ・加納愛子さんをお迎えするトークセッション。
 
講師である宮沢章夫と、戦後日本の笑い、芸人、笑いにおけるテレビの役割(萩本欽一の予見の正しさと、その後の様々なメディアにおける笑い、80年代ビートたけしとタモリ、そしてダウンタウンへ)、あるいはサブカルチャーと笑い、そして加納が感動した『天才バカボンのパパなのだ』を書いた別役実の不条理劇におけるナンセンスなど、縦横無尽に語る。
 
もともと笑いを中心にした「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」で作・演出をしていた宮沢と、そんな宮沢からイギリスのコメディチーム「モンティ・パイソン」についてデニーズで2時間のレクチャーを受けたという加納。二人が、笑いを中心に、それを取り巻く文化について好きなだけ語りあう夜。
 
聞き手は、前回と同様、ライターの谷頭和希。Aマッソのお笑いの原点、宮沢から受けた影響、これからのビジョン……などなど、テレビでは聞けないさまざまなことを聞いていく。
 
全お笑いファン必聴、誰にも頼まれていないのに、向こう見ずにも、二人でニッポンの戦後、さまざまに勃興した笑いの空間を語り尽くす。
 

新・ニッポン戦後サブカルチャー史 番外編(ゲスト:Aマッソ加納)〜道化の系譜学と、笑いの現在地

2021年2月21日(日)
OPEN 18:30
 
《配信時間》18:30~(予定)
《配信チケット》¥2,000(税込)
※ツイキャス(プレミア配信)についてご不明な点ございましたらコチラご参照ください。
※配信中の投げ銭(お茶爆50/100/500)も可能です!! ぜひご協力ください!!
 
《アーカイブについて》
配信終了後から3月7日(日) 23:59まで視聴可能です(その間も配信チケットご購入頂けます)。リアルタイムでのご視聴ができない方は、アーカイブでお楽しみください!
 
【出演】
宮沢章夫(劇作家、作家)
加納(Aマッソ)
谷頭和希(ライター)
 
※ツイキャスには、コメント欄がありますので、皆さんもぜひ、ご質問やご意見をコメント欄に、書き込んで頂きながら、お楽しみください!
※ネット環境の影響等で、配信が途切れる可能性がございます。アーカイブは問題なくご覧いただけますので予めご了承ください。
※配信内容を録画するなどして再配信する行為は禁止させて頂いております。
このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻