Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース『暮しの手帖』特別付録つき特大号は、身体をいたわり、心にしみいる「冬の贈り物」をお届け

『暮しの手帖』特別付録つき特大号は、身体をいたわり、心にしみいる「冬の贈り物」をお届け

2020.11.25

main.jpg

隔月刊の生活総合誌『暮しの手帖』第5世紀9号(特別定価:本体1,000円+税)が、本日11月25日(水)に刊行された。
 
編集部によると、「本当にいろいろあった、この一年。 私たちは誰もが、孤独や不安、胸苦しさを味わいながら、日々を懸命に送ってきました。年の終わりに、身体をいたわり、心が優しさで満たされる、「贈り物」のような一冊をお届けしたい。そんな思いで編んだ特大号です」とのこと。
『暮しの手帖』冬の特大号から、一部を紹介しよう。
 

sub6.jpgsub2.jpg

◉特別付録・絵本「しろいみつばち」
絵本作家・きくちちきによる、描き下ろしの作品を収録。仲良しの「みつばち」と「のばな」が織りなす物語は、誰かを真っ直ぐに想う気持ちを呼び覚ましてくれる。
 

sub9.jpg

◉「蒸籠を使ってみませんか?」
身体に優しい蒸し料理は、台所を汚さずに作れるのも魅力。手間なく失敗なく、2品を同時に熱々で仕上げる「献立術」を、料理家のワタナベマキに聞いた。
 

sub8.jpg

◉「3皿のご馳走」
おしゃべりこそが、一番のご馳走。前菜、主菜、デザートの3皿から成る、シンプルでも満たされる洋食のコースのご提案。レシピの考案は、フレンチを得意とする上田淳子。
 

sub7.jpg

◉「有元葉子の旬菜 冬──お正月のあとさきに」
旬の素材を存分に生かした品々と、家庭料理の喜びを伝える人気連載。今回の主役は、大根、鴨、長ねぎ。おもてなし向きの料理から毎日のおかずまで、いずれも滋味深いおいしさ。
 

sub3.jpg

◉「ぬくもりのアイピロー」
中身は小豆とラベンダー。目のまわりや首もと、お腹などにあてれば、じんわりと温まって疲れが癒やされる。カバーを外して洗える作り。手作りして、贈り物にもぜひどうぞ。
 

sub4.jpg

◉「贈り物をすてきに包めたら」
お菓子やワイン、ハンカチなどのプレゼントを、自分の手で、気持ちをこめて包んでみませんか? 身近な素材でできる、洒落た雰囲気のラッピングのコツを、じっくりと解説。
 

sub5.jpg

◉「愛しめでたし、張り子の正月飾り」
しめ縄に手作りの「縁起物」をつけて、来る年に福を招きましょう。新聞紙や和紙、粘土などで作る張り子は、子どもと楽しむのにもぴったり。
 

商品情報

『暮しの手帖』第5世紀9号
2020年12月─2021年1月号

発売日:2020年11月25日(水)
特別定価:1,100円(税込)
A4変型判 / 本文224頁
発行:暮しの手帖社
編集人:北川史織
AD:宮古美智代

amazon

Live Info.

sub10.jpg

『暮しの手帖』5世紀9号発売記念オンラインイベント《きくちちきさんからの贈り物》

イベント日時:12月1日(火)20:30~22:00
*本イベントは、銀座蔦屋書店主催のオンライントークイベントになります。
ゲスト:きくちちき(絵本作家)/磯崎園子(『絵本ナビ』編集長)
司会:北川史織(『暮しの手帖』編集長)
イベント詳細・お申し込み・お問い合わせ:「銀座蔦屋書店」 
◉国内外で注目されている絵本作家のきくちちきさんと、WEBサイト「絵本ナビ」編集長としてご活躍の磯崎園子さん。おふたりがそろう、またとない機会です。「しろいみつばち」の制作秘話や、 絵本の持つ力について、たっぷりとお話をうかがいます。みなさまふるってご参加ください。

関連リンク

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻