Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース田中みな実、柴咲コウ、坂口健太郎、石田ゆり子、宇野実彩子、白濱亜嵐、中川大志らがGINGERで「言葉のチカラ」を熱く語る!

田中みな実、柴咲コウ、坂口健太郎、石田ゆり子、宇野実彩子、白濱亜嵐、中川大志らがGINGERで「言葉のチカラ」を熱く語る!

2020.11.22

main.jpg
11月21日(土)全国発売のGINGER2021年1月号では、 新たな環境下でコミュニケーションの取り方が多様化している今だからこそ「伝える、 感じる、 チカラになる “言葉の魔法”」が重要であるとし、 Love Wordsをテーマに展開。 表紙は“2020年の顔”ともいうべき田中みな実さん。 誰よりも“言葉”を熟知している彼女が、 愛と意思を感じさせる眼差しで登場。
 
アナウンサーとして“言葉”と向き合い、 そのパワーも怖さも経験してきた田中みな実。 そんな彼女は高校生のときに作家・江國香織の小説を読んで意識が変わったという。 「“小説を読むこと”は、 “自分と対話すること”によく似ている。 短編小説『おそ夏のゆうぐれ』の一節が好きで、 学生のころは理解できなかったけど、 本当の意味で誰かを愛したとき、 同じ感情がわき起こって…小説のなかの女性と同じ気分になり、 同じ行動に出てしまった」と。 その一節は、 “至さんを食べたい。 あなたを食べればあなたはわたしの一部になるわけでしょう?”。 
 
そして、 30代の今、 “言葉”の不自由さも感じているという。 言葉を扱うプロフェッショナルだからこそ、 「言葉に責任を持つこと」「感情はメモ程度に」「新しい言葉を知る、 使う」を心掛け、 紡ぎ出された言葉をじっくり咀嚼して、 大事に育てて自身も美しく清らかな言葉の使い手になりたいと。 誌面では江國ワールドに登場する自由で気高く、 弱くて脆い部分も持ち合わせた女性たちのごとく、 幾つもの表情を披露。 無邪気に笑ったかと思えば、 彼を追いかけるような潤んだ瞳をカメラに向けて魅了…それはまるで、 彼女自らが選んだ小説の一節を連想させ、 読者は引き込まれてしまうこと間違いなし。 
 
また気になるあの人の“LOVE Words”を総力取材。 話題のドラマ「35歳の少女」に出演中の柴崎コウは「生きてきた価値観を見直す言葉との出合い」について。 坂口健太郎にとっては、 父からの「自分の評価は自分でしろ」という言葉のメッセージの重みを今かみしめているそう。 AAAとしてだけでなくソロ活動も充実させている宇野実彩子は、 この1年「人生と向き合う」という言葉の意味を深く考えた様子。 EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEとして活躍する白濱亜嵐を支えたのは、 とある歴史上の人物の言葉。高校時代の学年主任に言われた「自分がダメだと思ったそこからがスタート」が心に刻まれている中川大志。 そして、 憧れの女性として輝きを増し続ける石田ゆり子は「志を高く」という言葉に支えられ、 救われて生きてきた、 と語る。 
 
また弊誌連載「今更言葉でイマをサラッと」も好評の、 美しい日本語と丁寧な言葉遣いが印象的な壇蜜が、 言葉を使う際に気を付けていることや、 意識していることをレクチャー。美しくなるための言葉を集めた本が多数存在するなかでも、 圧倒的人気を誇る、 美容ジャーナリスト・齋藤薫と美容家・神崎恵には、 数多くの“美の格言”の裏側にあるストーリーを聞いた。
 
■私の人生を支えた言葉
■あの名言が教えてくれること
■美しくなる、 言葉の美容液
■壇蜜流 言葉との付き合い方
■時任勇気を知る7つの言葉
■今、 オールナイトニッポンが熱い! and more
 
そしてNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」配信スタート記念として、 山崎賢人が登場。役者として第一線を走り続ける彼の、 さらなる躍進に向かって進むその胸の内をじっくりと語ってもらった。 
 
桐谷美玲は連載「EMOTIONAL」のプチリニューアルとともに、 出産後、 初めて誌面に登場。 モデルとしての表現力に磨きのかかった圧倒的なビジュアルは必見。川口春奈の「東京23区」では豊島区の“おばあちゃんの原宿”と呼ばれている巣鴨地蔵通りを訪れ、 なんと赤パンツ屋さんにて撮影。 俳優・岡田健史の連載「やってみた。 」では、 愛してやまない私物ワードローブのデニムを初公開。 新連載女優・松井愛莉の「Photo Diary」もスタート。 ほかに香里奈の「今、 できること」、 田中みな実の「ここだけ話2020」、 作家・山田詠美、 女優・多部未華子、 タレント・壇蜜、 脚本家・渡辺千穂、 恋愛アドバイザー・DJあおいのエッセイも継続中。 アラサー女性の自分力を高め、 人生が好転するキーワードをたっぷりお届けするGINGER1月号。 全国の書店、 コンビニでお求めいただける。
 

商品情報

『GINGER』2021年1月号

発売日:11月21日(土)
価格:特別定価 ¥850(税込)
発行:株式会社幻冬舎

amazon

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻