Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース坂本龍一の1年の活動をまとめるコンプリートアートボックス「2020S」の予約開始!

坂本龍一の1年の活動をまとめるコンプリートアートボックス「2020S」の予約開始!

2020.10.30

 
 
坂本龍一.jpg
Photo by zakkubalan ©2020 Kab Inc.
 
坂本龍一の1年の活動をまとめるコンプリートアートボックス「2020S」の予約が開始された。
 
本作品は先月9月18日にアートディレクター緒方慎一郎氏との取り組みが発表され、今年のコンセプトなどについて語るインタビューが掲載されたティザーサイトが公開され期待が高まっていた。坂本龍一が 2020 年に制作・発表した楽曲を計7枚のアナログレコードに収録。さらに、今作のテーマの一つである「記憶の断片」をもとに書き下ろした新曲も収録され、楽曲で使用するために割った陶器の断片も合わせて同封される。限定300点。本日更新された特設サイトには、詳しい収録内容と仕様、陶芸家の岡晋吾氏のインタビューも掲載されている。
 
また、オンラインコンサート「Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020」が、12月12日に実施される予定だ。Rhizomatiksのライブ演出のもと、業界市場最高レベルの音質を実現する配信プラットフォーム「MUSIC/SLASH」から配信される。アナログレコードからテクノロジーを活用した配信まで、多様な音楽体験に期待が高まる。

コメント

壊すことから始まる。もう 30 年以上前から、音楽作品自体がアートであるようなものを作りたいと思っていた。以前はいろいろなルールがあり出来なかったのが、ようやく出来るようになった。
坂本龍一
 

仕様

91561_box_up.jpg91561_box.jpg91561_fragment.jpg
 
凵(はこ):[本体]桐
[付属陶片スタンド]真鍮(新潟燕三条)
サイズ: w335mm × d335mm × h175mm 陶片のオブジェ:陶芸家の岡晋吾氏が製作した陶器の皿に坂本龍一が絵付けをし、その皿を割る音を採取して新曲を書き下ろす。この「陶片のオブジェ」は、その楽曲で使用された陶器の断片である。土で作られる陶器は、割ることで再び自然へと還る。陶器を割るという行為には、坂本の自然回帰への想いが込められている。また、陶器の断片は 2020 年という歴史的 1年の「記憶の断片」であり、作り手と受け手とを繋ぐ存在でもある。
*角が尖っている部分がございますので、お取り扱いにご注意ください。
冊子:詳細は後日お知らせ
 

商品情報

坂本龍一「2020S」

品番:RZZ1-77186~92(12inch盤 × 5枚 + 7inch盤 × 2枚)
販売価格:200,000円(税抜)
発売日:2021/3/30

アナログ盤
12inch盤 ホワイトヴァイナル仕様
Disc-1
Cinema
映画:蔡明亮監督作品『あなたの顔』( 英題:Your Face) O.S.T.

Disc-2
Exhibition
「S/N for Lee Ufan v.2」李禹煥個展音楽

Disc-3
Omnibus - Cinema / Fashion / NPO
・映画:コゴナダ監督作品「After Yang」 O.S.T.
 After Yang - Theme
 After Yang - Arpeggio
・「BV」for Bottega Veneta Short Film
・「Passage」for MOR(Music of Remembrance)

7inch盤 ホワイトヴァイナル仕様
Disc-4
Omnibus - TV / CM
・ミニドラマ:「きょうの猫村さん」主題歌
 猫村さんのうた
 猫村さんのうた - Instrumental -
・「MUJI2020」
・「へいわってすてきだね」

Disc-5
新曲書き下ろし

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻