Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース29歳の元バイク小僧が、わずか7年で年商25億円の社長になれたわけとは!? 「ラクをしないことが一番の近道」

29歳の元バイク小僧が、わずか7年で年商25億円の社長になれたわけとは!? 「ラクをしないことが一番の近道」

2020.09.16

main.jpg
職人の高齢化が進み、 若手の人材不足にあえぐ土木工事業界において、 逆境をチャンスととらえ、 自らの企業をたった7年で湘南地域No.1にした上原総栄。 彼が実践する「同時並行」と「先読み」から生まれる「3倍速ワーク」という考え方を軸に、 その独自の経営哲学を、 実例を交えながら解説。 今の仕事で大きな成果をあげたい、 起業して周りの同業者が見過ごしたチャンスをつかみ成功したい、 そんな熱意と夢を抱いた人々に贈る一冊だ。 
 
土木工事というと、 どんなことを思い浮かべるだろうか。 「旧態依然としている」「高齢化が進んでいる」……。 まさにその通りで、 業界に入ってくる人材はバブル期をピークに年々減り続け、 若者はほとんど入ってこない。 工事の絶対数はそれほど増えることはなく、 多くの会社が一進一退のジリ貧状態。 その上、 折からの原価高騰で先行きが大いに危ぶまれているのが、 土木工事業界の実態。そんな業界にも「絶対にチャンスがある」と考え、 地元・神奈川県茅ヶ崎で土木工事会社を立ち上げ、 わずか7年で地域トップに成長させたのが上原総栄氏。
 
建築業の許可業者数は1999年から2018年の20年間で20万社以上減少。 受注の多くを大手企業にとられて、 中小企業が苦境に立たされているのです。 この「ジリ貧」の原因は業界の古い体質にあると上原氏は考えた。原価高騰にもかかわらず、 仕事も見積もりの額さえも今まで通りの前例主義。受注は自治体からの公共事業がメインだが、 業界の「多重下請け構造」で3次請け、 4次請けになることも。 また、 比較的工期が長い。仕事の段取りが悪い。 また、 そもそも仕事を急ぐ気がない。このような状況に対して、 上原氏がとった独自の戦略が、 仕事の質を落とさずにスピードを重視する「3倍速ワーク」だ。
 
sub1.jpg
 
受注は不動産会社やハウスメーカーなど、 民間からの「元請け」に徹する。「同時並行」と「先読み」から生まれる「3倍速ワーク」で、 通常の作業工期を3分の1に短縮する。これらの効果で、 創業1年目の売上が約3億3000万円となり、 いきなり地域3番手に。2年目には4億円を超え、 オフィスを借り、 ダンプ2台、 ユンボ1台を購入し、 社員4人を雇用。 6年目には売上が20億円となり、 地域No.1の会社へと成長。 
 

著者・上原総栄のメッセージ 

人間の能力にそれほど大きな個人差はありません。 誰にだって、 成功のチャンスはある。 にもかかわらず成果に大きな差が生まれるのは、 姿勢や意識の違いでしかないのです。 一つひとつ体当たりで問題にぶつかって解決に導くことで、 真の実力がついていきます。 叶えたい夢があるなら、 ラクをしないことが一番の近道。 それが私の信念です。 
 
 

商品情報

湘南の元バイク小僧、 たった7年で年商25億の社長になる
「3倍速ワーク」で成し遂げた地域No.1土木工事ベンチャーへの道
著/上原総栄 

定価:本体1,300円+税 
2020年9月16日発売
小学館

amazon

ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻