Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース国家機密を奪い取れ! ハリウッド級のエンタメ小説、長浦京『アンダードッグス』発売!

国家機密を奪い取れ! ハリウッド級のエンタメ小説、長浦京『アンダードッグス』発売!

2020.08.19

unnamed.jpg
 
株式会社KADOKAWAは、 長浦京著『アンダードッグス』を2020年8月19日(水)に発売。
 
デビュー2作目の『リボルバー・リリー』が満場一致で第19回大藪春彦賞を受賞するなど、 新時代のハードボイルドの書き手として注目を集める作家・長浦京。 待望の4作目は、 1997年の香港を舞台に繰り広げられる手に汗握るエンタメ小説。 
 
「甘さも迷いも今は捨てろ。 捨てなきゃ死ぬぞ」 「君の選択肢に『No(拒否)』はない。 『Si(承諾)』でなければ『morte(死)』だ」――1996年末、 元官僚の証券マン・古葉慶太は、 顧客の大富豪・マッシモからある計画を託される。 それは、 中国返還直前の香港から密かに運び出される国家機密を強奪せよというものだった。 かつて政争に巻き込まれ失脚した古葉は、 逆襲の機会とばかりに香港へ飛ぶ。 だが、 彼を待っていたのは、 国籍もバラバラな“負け犬”仲間たちと、 計画を狙う米露英中、 各国情報機関だった――。 裏切るか、 見破るか。 策謀の渦巻く香港を“負け犬”たちが駆け抜ける。
 

『アンダードッグス』の読みどころ

1.キャラクターがすごい
 
主人公は元官僚の“負け犬”古葉 (こば) 慶太。政治家のスケープゴートとして使われ失職。 失意のどん底に。そこに現れたのが イタリア人大富豪・マッシモ 。 古葉に危険な仕事を持ちかける。 
 
国籍もバラバラな一癖も二癖もある仲間たち 
ジャービス・・・・・・・・・元銀行員のイギリス人
イラリ・・・・・・・・・・・元IT技術者のフィンランド人
林彩華(リン ツァイファ)・・・政府機関に勤める香港人
ミア ・・・・・・・・・・・・古葉たちのチームの警護役として雇われたオーストラリア人
 
2.スケールがすごい 
 
舞台は1997年、 中国返還直前の香港。 ターゲットは“国家機密”。敵は大国の情報機関。
 
3.先の読めなさがすごい
 
・上手くいかなすぎる展開の連続 
・三つ巴、 四つ巴と変わっていく勢力図
・裏切り者は誰だ!?
・現代パート(2018)と過去パート(1997)の交差 
 

商品情報

長浦京『アンダードッグス』

2020年8月19日(水)※電子書籍同日配信予定
定価:本体1,850円+税
頁数:400頁
体裁:四六判上製
装丁:國枝達也

amazon

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻