Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースムーンライダーズの「カメラ=万年筆」無観客ライブに佐藤奈々子のゲスト参加決定!!

ムーンライダーズの「カメラ=万年筆」無観客ライブに佐藤奈々子のゲスト参加決定!!

2020.08.15

ムーンライダーズA写.jpg
8月25日(火)に東京・渋谷クラブクアトロで開催されるムーンライダーズの「カメラ=万年筆」スペシャル・ライブのゲストにシンガーソングライターの佐藤奈々子が参加が決定した。
 
同ライブはムーンライダーズが1980年8月25日にリリースしたアルバム「カメラ=万年筆」の40周年を記念し開催。当日は観客を入れずに行われ、公演の模様は動画配信サービスを通じて有料で生配信される。
 
佐藤奈々子は「カメラ=万年筆」のレコーディングに参加し、同アルバム収録の「幕間」を書き下ろしている他、コーラスや歌唱で「カメラ=万年筆」の硬質な世界観にコケティッシュさな魅力を添えている。
 
佐藤奈々子A写.jpg
 
ムーンライダーズの「カメラ=万年筆」スペシャル・ライブの視聴チケットは、明日(8月15日・土)あさ10時より発売される。また生配信を逃しても、8月30日(日)23:59までアーカイブ視聴も出来る。配信チケットの詳細はneobridge特設サイトまで。
 

鈴木慶一コメント

40年前、我々は、とにかく人力でもノー・コンピューターでもなんでもいいから、ニュー・ウェーヴをやりたかったんだろうなと、今思う。何しろバンドごと浴びた、唯一の大きな世界都市規模のムーヴメントだったから。無国籍サウンドは夢中になった。パンク、ニュー・ウェーヴは無我夢中になった。兆しは2枚前の「ヌーベルバーグ」にある。このアルバムで、いったんユーロお洒落サウンドをやりきっておこうと。しかし、タイトルはニュー・ウェイヴであり、映画用語だ。映画音楽、もしくは偽の映画音楽、それをやろうとその時、頭のどこかにあったのだ。そして「モダーン・ミュージック」では、パンク、ニューウェイヴとユーロお洒落が混ざり合って、「カメラ=万年筆」で爆発だ。バンドは常に次の事を考える。アルバムの最後の曲は、次作の予告編だ、極めて説明しやすいサウンドの流れ、3年間だと思う。周りの人たちはとまどったかもしれないが。
鈴木慶一 moonriders
 
脚注;
※ヌーベルバーグ=1978年12月25日リリース
※モダーン・ミュージック=1979年10月25日リリース
 

Live Info.

Special Live 「カメラ=万年筆」/ムーンライダーズ

日時:2020年8月25日(火)配信開始19:00/開演19:30
(アーカイブ視聴:8月30日(日)23:59まで)
 
視聴チケット価格:3800円(税込)
視聴チケット購入可能期間:2020年8月15日(土)10:00~8月30日(日)23:59
チケット購入サイト:
※ライブは無観客で行われるため、会場への入場は出来ません。
 
出演:ムーンライダーズ
ゲスト:佐藤奈々子
映像演出:ムーンライダーズ+石原淳平(DIRECTIONS)

関連リンク

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻