Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース妊娠、出産、障害...出生前診断に女優たちが斬り込む 映画『渇愛の果て、』情報解禁!

妊娠、出産、障害...出生前診断に女優たちが斬り込む 映画『渇愛の果て、』情報解禁!

2020.07.15

IMG_0349.JPG

野生児童主宰 有田あんが脚本・監督を務める長編映画、『渇愛の果て、』の制作が進行。出生前診断・妊娠・出産・障害について、そしてそれに対して様々な考えがあることを知ってもらうことで 「人にやさしくなれる」映画だ。

2020 年 7 月 15 日(水)昼 12 時に、野生児童公式サイトでメインビジュアル、キャスト情報を公開。同時に映画『渇愛の果て、』 公式 SNS をスタートする。
 
『渇愛の果て、』は当初 2020 年 6 月 9 日〜 14 日に舞台上演を予定していた。しかし、新型コロナウイルス感染症の危険 を考えて中止を決断することに。一時は創作を諦めたかけた有田監督でしたが、コロナ禍で多くの人が命についてより深く考 える ようになった今だからこそ、新たに生まれる命に目を向けたこの作品を形にして届ける意味がある、と改めて思い至ったとのこと。その想いに賛同した女優たちが集い、『渇愛の果て、』は新たに映画として制作がスタートした。
 
今作で脚本・監督を務め女優としても活躍している有田あん、舞台版から志を共にする10 人の女優 たち がこの作品のために集まった。女性だけのチームだからこそ、出生前診断・妊娠・出産・障害・に対してそれぞれ違った考えを持った女性たちが制作段階から携わってきたからこそ、デリケートなテーマに深く斬り込んだ作品づくりが実現。
 
このお話は、有田監督の友人(女性)の体験が元になっている。友人の赤ちゃんは出生前診断によって“陰性”と診断されたにも関わらず、突然変異による障害を抱えて生まれてきた。その時の彼女の衝撃・苦悩...直面して初めて知ることが多過ぎるということ を有田監督は痛感。この経験から有田監督は、いつか「出生前診断」と向き合わないといけなくなった時に、赤ちゃんとの将来を考える手助けになるように、「出生前診断」をもっとよく知りたい、知って欲しい。色々な考えや選択肢があることを知る ことで、一人でも傷つく人を減らしたいと思い、今作の創作を始めた。 正しい理解と様々な考えに触れるため、出産を経験し た方、出生前診断を受けた方・受けなかった方、障害を持っている方、医療関係者へのインタビューを行い、それを元にリアルで 多様な意見を盛り込んだ脚本が仕上がっている。
 
この脚本をもって、いよいよ 8 月に撮影がスタート。また、近日中にクラウドファンディング・プラットフォーム MotionGallery にて、制作費のご支援を募るクラウドファンディングを開始予定。クラウドファンディングに関しての情報は、 準備が整い次第公開される。

関連リンク

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻