Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース極貧、トゥレット症候群、自傷、ボディコンプレックス......『BILLIE EILISH ビリー・アイリッシュのすべて』発売!優しいビリーのメッセージ!

極貧、トゥレット症候群、自傷、ボディコンプレックス......『BILLIE EILISH ビリー・アイリッシュのすべて』発売!優しいビリーのメッセージ!

2020.05.26

unnamed.jpg
 
株式会社大和書房は『BILLIE EILISH ビリー・アイリッシュのすべて』(著者 チャールズ・コンウェイ/訳 芝瑞紀)を2020年6月12日に発売。
 
2020年1月、 グラミー賞で18歳のビリー・アイリッシュが主要4部門(「年間最優秀楽曲賞」「年間最優秀アルバム賞」「年間最優秀レコード賞」「最優秀新人賞」)をはじめとする5冠に輝いた。 だぼだぼのファッションに髪はグリーン。 その奇抜さから想像出来ないほどビリーの音楽は繊細でエモーショナル。 クールなサウンドに隠されたダークな世界観と媚びない姿勢も支持される。 インフルエンサーとして影響力をもつビリー・アイリッシュとはどんな人物なのかに生い立ちと彼女自身の言葉で迫る、 それが本書『Billie Eilish ビリーアイリッシュのすべて』である。 
 
「私たちはクソ貧乏だった 。 私がどんなふうに育ったか、 みんな勘違いしてる。 フツーに銃声とかしょっちゅう聞こえてきたし 」
 
 
unnamed-1.jpg
兄フィニアスと『BILLIE EILISH ビリー・アイリッシュのすべて』
 
父パトリックは俳優、 母マギーも女優や声優などをこなす芸能一家だ。 役者業一本で一家を支えられるほど売れてはおらず、 ビリーが生まれてから、 ふたりは副業や新しい事業を始める。 しかしリーマンショックで何もかもを失い極貧生活を過ごす。 それでも両親は幼少期よりビリーのセンスを見いだしていた。 兄フィニアスも、 ビリーはアーティスティックな意味で自分が何を求めているのか、 はっきりとわかっていたと語る。 彼女のクリエイティブな素質を伸ばそういう両親の教育法により学校には行かずホームスクールで学んだ。 
 
「ママの授業がなければ、 いまごろどうでもいいことしか歌えてなかったと思う」 
 
ホームスクールではマギーが作詞を教えた。 はじめて作詞をしたのは11歳のとき。 「何かがふと頭に浮かんで、 それをどんな言葉にしようか迷ってたら歌詞になった」と語る。 それが『Finger Crossed』である。 
 
unnamed-5.jpg
 
「それを見て、 思わず涙がこぼれた 。 私の夢も、 ステージに立って、 みんなから拍手してもらうことだったんだって、 はじめてわかった」
 
曲をつくったり歌ったりするのは特別なことではなかった。 しかし12歳のとき、 ミュージカル『マチルダ』を見て衝撃を受ける。 そのときはじめて人前で歌うということを意識したという。 ビリーは自分の音楽を世の中に発信し、 誰かの前で歌って拍手してもらう自分の姿を思い描くようになっていた。 
 
「いつも自信がなかった。 うまく話せなかったし、 他の子と同じようにできなかった」 
 
ビリーは自分の体型に大きなコンプレックスを抱え、 体のラインが見える服が大嫌いだった。 ミュージカルに触発され、 有名はダンススクールに入ったビリーだったが、 ダンスで着用する体にフィットする服を嫌った。 そのころのことをビリーは「たぶん、 人生でいちばん不安定な時期だった」とも語る。 
 
unnamed-2.jpg
 
2015年11月サウンドクラウドにアップされた『Ocean Eyes』はビリーの名が世に知られるきっかけとなった。 もともと兄フィニアスがバンドで演奏していた曲を彼女が歌い、 レコーディングしたものだ。 音楽ストリーミングアプリ〈Hillydilly〉でも話題になり、 再生回数を伸ばした。 また有名DJたちもすぐに自身のラジオ番組で取り上げた。 ビリーにとって、 『Ocean Eyes』のヒットは間違いなく大きな転機だった。 
 
「おかしな話だよね。 14歳のビリー・アイリッシュって聞いたら、 キラキラしてる私を想像するでしょ?でも実際には、 14歳の私はほんとうにみじめだった」
 
ダンスの練習中に腰を痛め、 ダンスを続けることができなくなってしまう。 ビリーはしょっちゅうパニックを起こしては、 自傷行為を繰り返していたという。 『Ocean Eyes』のヒットの裏で、 彼女は精神的に追い詰められていった。 
 
「笑顔が嫌いなんだ。 写真を撮るときも絶対笑わない」
 
2017年『Don't Smile at Me』リリース。 タイトルは「ありのままの気持ち」だという。 「笑いかけられたら笑い返さなきゃいけないって思うみたいだけど、 それって、 自分の意思とは関係なく『笑わされてる』ってことじゃない?」と語る。 
 
unnamed-3.jpg
 
「あの子たちの気持ちがよくわかる。 だからライブで『自分を大事にしてあげて』って言ったんだ」 
 
世間からの注目が集まる一方で、 ビリーはいつも憂鬱だった。 ライブに来たファンの腕に傷があるのを見るたびに胸が張り裂けそうになったという。 ビリー自身も自傷経験者である。 
 
どんなに成功しようとも、 ビリーが繊細な少女であることに変わりはない。 家族や多くのファンに支えられてきたが、 心にはいつも大きな闇を抱えている。 幼い頃からたくさんの問題と向き合ってきた彼女にとって、 音楽はひとつの逃げ道でもあり癒しでもあった。 ビリーは、 自分の曲を聴いてくれる子たちにとってもそうであってほしいと願っている。
 
unnamed-4.jpg
 

目次 

Part1 私たちはクソ貧乏だった ―ビリー誕生 LAで最もヤバいエリア
Part2 みんな同じことができない ―少女時代の光と闇と苦悩
Part3 売れているのに、 みじめだった ―天才誕生と居場所探し
Part4 ファンのおかげで私がいる ―バイラルヒットの代償と蘇生
 
unnamed-7.jpg

商品情報

BILLIE EILISH ビリー・アイリッシュのすべて
チャールズ・コンウェイ
訳:芝瑞紀

発売日:2020年6月12日
販売元:株式会社大和書房
定価 :1500円+税

amazon

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻