Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース岡崎京子『ジオラマボーイ・パノラマガール』今秋公開決定!オザケン「ラブリ―」を歌う女の子たちの声が響く特報映像公開!

岡崎京子『ジオラマボーイ・パノラマガール』今秋公開決定!オザケン「ラブリ―」を歌う女の子たちの声が響く特報映像公開!

2020.05.01

gbpg_image.jpg
 
1980~90 年代に若者たちのリアルな恋や友情を描くマンガを数多く生み出し、今も尚、熱狂 的なファンを持つ漫画家・岡崎京子が 1989 年に刊行した同名作品を原作にした、映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』が 2020 年秋・新宿ピカデリー他にて全国公開。脚本・監督をつとめたのは、映画『PARKS パークス』(2017)、ドラ マ「東京アリス」(2017)、「セトウツミ」(2017)、「声ガール」(2018)や、多くの CM・MV を手がける瀬田なつき。『PARKS パーク ス』以来約3年ぶりとなる、待望の新作長編映画を作り上げた。
 
自分が何者なのか何が欲しいのかもよくわからない十代の女の子が、同じようにまだ何者でもない男の子に出会い、じたばたしなが ら思いをとげる姿を、岡崎京子がキュートに描いたラブストーリー「ジオラマボーイ・パノラマガール」は、バブル崩壊を目前にした<平成 >元年=1989 年 4 月にマガジンハウスより刊行。時を経て<令和>となり、スクラップ&ビルドを繰り返す東京や、未来 の見えない不安の中でも今日を生きる若者たちの様子は、まさに原作「ジオラマボーイ・パノラマガール」で描かれた世界をリブートし ているよう。
 
近未来的な風景と昭和の匂いが残る風景の落差が、かつて夢見られたはずの未来と、もう戻ることのできない過去の 姿と重なって、そこで生きる人々の「現在」を照らし出す、そんな街を舞台に、瀬田なつき監督は岡崎京子の色褪せることないリアル な物語をファンタジックでポップな世界観で映画化。原作のセリフが、まるで今書かれたかのように生き生きと響く、 岡崎京子と瀬田なつきの組み合わせだからこそ描けた、リアリティーとファンタジーが共存する軽やかな作品。
 
この度の映画公開決定にあわせて特報映像が解禁。岡崎京子と同じく、90 年代のカルチャーシーンに大きな影響を与え、昨今 の再ブームから今や世界的に話題となっている”渋谷系”を代表するミュージ シャン・小沢健二。彼の名曲「ラブリー」を歌う女の子たちの声にあわせて、主 人公の渋谷ハルコと神奈川ケンイチらしき姿が映し出される。キュートで軽やかなラブソングと共に東京の街を駆け巡る 2 人の姿は、今この瞬間に恋をし ている若者たちだけではなく、誰しもが経験した”あの頃”のときめきを思い起 こすような映像。そしてまだ顔を見せない主人公、ハルコとケ ンイチを演じるキャストは誰なのか...。続報に期待が高まる。
 

Live Info.

『ジオラマボーイ・パノラマガール』

 2020年・秋 新宿ピカデリー他にて全国
 
渋谷ハルコは「平坦で平凡な私は、スクラップ&ビルドのトーキョーに置いてきぼりを喰ったような気分」の高校生。ある日、お使いの帰りに出会った男の子・ 神奈川ケンイチにひとめぼれ。それを「世紀の恋」だと信じ、うつつを抜かす。受験を目前に控えた神奈川ケンイチは、”真面目でおとなしっぽかった“のに、ある 日突然、学校を辞めた。ハイになった勢いで、危険な香りのする女の子・マユミと出会い、やはり恋に落ちていく。日々目まぐるしく変化する東京の街を駆け 巡りながら、ドキドキ、ジタバタする、ジオラマボーイとパノラマガール。平行線の二人の恋はどこへ行くのか...。
 
脚本・監督:瀬田なつき 原作:岡崎京子『ジオラマボーイ・パノラマガール』(マガジンハウス刊)
2020 年/日本/105 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル
©2020 岡崎京子/「ジオラマボーイ・パノラマガール」製作委員会
公式サイト:gbpg2020-movie.com
このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻