Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース人間椅子・和嶋慎治、ナレーションでアニメ「オメテオトル≠HERO」に参加!「ちなみに、怪獣の声もあてました」

人間椅子・和嶋慎治、ナレーションでアニメ「オメテオトル≠HERO」に参加!「ちなみに、怪獣の声もあてました」

2020.03.24

2019_04_09_54508-2_s.jpg
 
ロックバンド”人間椅子”の和嶋慎治(ボーカル・ギター)が、あにめたまご2020作品『オメテオトル≠HERO』にナレーションを担当する。
 
本作品は平成31年度 文化庁 若手アニメーター等人材育成事業「あにめたまご2020」として制作された3作品の1つで、株式会社スピードが手がけた。声の出演は、上西哲平(『3D彼女 リアルガール』筒井光)、種﨑敦美(『魔法使いの嫁』羽鳥チセ)他。監督は『惑星大怪獣ネガドン』『猫企画』の粟津順。
 

人間椅子・和嶋慎治 コメント

この度、『オメテオトル≠HERO』のナレーションを担当させていただきました、人間椅子の和嶋慎治です。普段の活動とは異なるお仕事なので、大変勉強になりました。ナレーションの役割を果たすべく、全体の雰囲気を壊さないように、といって感情を出し過ぎないように…自分なりに心掛けたつもりです。アニメの世界観にマッチしているようでしたら幸いです。ちなみに、怪獣の声もあてました。架空の存在を表現する作業は、やっていてとても楽しかったです。このアニメは、地球の未来、善と悪の概念、いろいろ考えさせられる興味深い内容です。聞けば、若手アニメーターの育成事業の一環とのこと。将来ある才能の手助けができて、光栄に思っています。(和嶋慎治/人間椅子)
 

Live Info.

オメテオトル≠HERO

keyVis_A3_RGB_確認用JPEG.jpg
 
2220年、地球の人口は減少の一途をたどり、政府は同盟を結んだ星の種族を地球に受け入れた。その結果、さまざまな属性が入り混じり、特殊能力を持つ異種族が誕生。生態系は加速度的にマシン化され、手のかかる動植物は地球上から排除されていく。その中で植物を操る華魔族も抹殺されるが、たった一人の生き残りがこの星を森で覆いつくすべく、樹木化テロを遂行していく。その頃、18歳の誕生日を迎えたヒーロー族のユーキは、祖母のハルコからヒーロー族の父と華魔族の母から生まれた子であることを知らされ、両方の力が覚醒してしまう。果たしてユーキは今、誰を助け、何と戦うべきなのか?
 
ジャンル:SF/アクション    
上映時間:約24分
原案 : 中川ゑみか
監督:粟津順(『猫企画』『惑星大怪獣ネガドン』)
脚本:森田淳也
キャスト:上西哲平、種﨑敦美、鈴木れい子
伊東健人、内山夕実、矢方美紀、本渡楓、茉白実歩、米山伸伍
和嶋慎治(人間椅子 ボーカル・ギター)
制作:株式会社スピード
 

あにめたまご2020完成披露特別配信

MCに声優の岩田光央さんと平野文さんをお呼びし、「あにめたまご2020」3作品のプロデューサー・監督が、若手アニメーターの育成状況や制作の舞台裏を紹介。人材育成の成果物である3作品を無料配信いたします。
 
配信期間:2020年3月27日(金) 19:00 ~ 2020年4月30日(木) 23:59
配信場所:あにめたまご2020公式HP https://animetamago.jp/

関連リンク

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻