Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース昭和を必死に生きた世代に送る。あの頃が薫る 昭和ノスタルジー短編小説『座席』

昭和を必死に生きた世代に送る。あの頃が薫る 昭和ノスタルジー短編小説『座席』

2020.02.24

unnamed.jpg
 
昭和を必死に生きた世代に送る、 あの頃の景色がよみがえる表題作『座席』を含む短編小説集が発売された。あなたの記憶の底にある昭和がよみがえる作品。 懐かしさを堪能できる。表紙カバーの装幀は、 著者の知人の画家(笠野勝氏)の手によるもの。 小説のイメージに合わせて描かれた水彩画だ。
 
席 
ローカル線の1座席に座り合わせた男女。 何の関わりもないと思われた乗客同志だが、 1週間後の同じ列車、 同じ座席でそれぞれの人生が絡み合う。 
 
未来と猫と
近未来を予測できるひとりの男子高校生。 彼が思いを馳せる友情とは、 未来とは。 そして未来予測の果てに起きた衝撃の結末。 
 
 

商品情報

座席
著者:足達光夫(あだちみつお)

出版社:パレード
発売日:2020年2月22日
ISBN:978-4-26522-213-5
仕様:四六判/並製/68ページ
価格:600円+税

amazon

ロフトチャンネル
keep the rooftop
どうぶつ
ライブハウスの現状
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻