Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース通勤ラッシュを避けて優雅に出勤! 朝食付きの超リッチ「通勤バス」に応募者が殺到!

通勤ラッシュを避けて優雅に出勤! 朝食付きの超リッチ「通勤バス」に応募者が殺到!

2019.12.04

1.jpg

ゆっくりと手の込んだ朝食をとり、座席に座って悠々と通勤……。残念ながら、都市でそんな日常を送るのは難しい。多くの男女が家事や身支度に追われて朝食をかきこみ、通勤ラッシュに身をゆだねているのが現実だ。

そんなあわただしい生活を送る人たちに向けて「優雅な通勤タイム」を提供する画期的な企画があるという。

 

2.jpg

「日本の朝」が抱える問題は根深い。近年、「働き方改革」という言葉が盛んに使われているが、テレワークや時差通勤を導入している企業はまだわずかで、朝の通勤ラッシュは全くと言っていいほど改善されていない。

のみならず、前日の疲れを引きずりながら、家事・育児に追われ、腰を落ち着けて朝ご飯を食べる余裕すらないビジネスパーソンは少なくない。厚生労働用の調査によれば、20代~40代男性の朝食欠食率は、25.8~30.6%ときわめて高い状況が続いている。

そんな状況に一石を投じるべく立ちあがった企画が、ケイエム観光バス株式会社(東京都大田区)とネスレ日本株式会社(兵庫県神戸市)が実施する予約制のプレミアムな豪華バス『YuGa(ユーガ)』だ。

まるでファーストクラス!忙しい朝の通勤時間を“優雅”に解決

3.jpg

12月18日まで全5回の実施が予定されているのが、池袋駅から東京駅までの区間を約40分かけて豪華バス『YuGa』に乗って移動する企画。

注目すべきは、飛行機のファーストクラスのようなラグジュアリーな車内の構造。通常の大型バスは40席以上の座席数を有しているが、『YuGa』の客席数はわずか10席。気兼ねなく座席を倒し、ゆったりと足を伸ばして車窓の風景を楽しんだり、各座席に取り付けられたモニターで好みの映像を見ることができる。

車内では「世界の朝食」をコンセプトとした食事も提供される。イギリスやスイス、メキシコの朝ご飯を通じて、まるで旅をしているような通勤時間を演出する。

また、朝のやる気を目覚めさせるためにネスカフェのコーヒーマシーン『バリスタ 専用 ネスカフェ エクセラ』も設置されている。

「日本の朝」を解決したいという思いから無料の企画をプレゼント

4.jpg

今回の企画に関し、ネスレ日本の島川基氏は「“日本の朝”を解決していくために、我々は何ができるのかと考え、この企画をスタートしました」と語る。

共働き家庭が増え、誰もがあわただしい朝を送る中で「朝の質」の低下は、深刻な問題だ。今回の企画には、参加者に「豊かな朝」で1日をスタートしてもらいたいと思いがこめられているという。

ちなみに、今回の企画の参加費用は、なんと無料。1回の乗車人数は10人限定で、全部で5便の運行予定だ。応募開始から間もなく1,000人以上の応募が殺到し、「豊かな朝」への需要を裏付ける結果となっている。

倍率はかなり高いが、朝、東京駅方面への通勤予定がある方は「運試し」もかねて応募してみては?

「YuGa×ネスカフェ“優雅な通勤バスで朝食を”」応募サイト はこちらをチェック。

 

ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻