Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース『その可能性はすでに考えた』『探偵が早すぎる』でミステリー界を席巻した作家・井上真偽の短編「目に見えない愛情」をnoteで無料公開中!

『その可能性はすでに考えた』『探偵が早すぎる』でミステリー界を席巻した作家・井上真偽の短編「目に見えない愛情」をnoteで無料公開中!

2019.11.12

unnamed.jpg
 
メディアプラットフォームnoteにて、 井上真偽のミステリー短編「目に見えない愛情」の全文無料公開がスタートした。
 
井上真偽は、 いま大注目のミステリー作家だ。デビュー2作目の『その可能性はすでに考えた』は2016年度第16回本格ミステリ大賞の候補に、 その続編『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』が「2017本格ミステリ・ベスト10」の第1位、 「ミステリが読みたい!2017年版」『このミステリーがすごい! 2017年版』「週刊文春ミステリーベスト10  2016年」にランクインした。 2018年には『探偵が早すぎる』が滝藤賢一、 広瀬アリス、 水野美紀出演でドラマ化され話題となった。
 
10月4日(金)に集英社より発売された『ベーシックインカム』は、 遺伝子操作、 AI、 人間強化、 VR、 ベーシックインカムといった未来の技術・制度を扱い、 美しい謎を織り込みながら、 来たるべき未来を描いたSF本格ミステリ短編集。全文無料公開された「目に見えない愛情」のほか、 第70回日本推理作家協会賞短編部門の候補になった「言の葉の子ら」「存在しないゼロ」「もう一度、 君と」「ベーシックインカム」の全5編が収録されている。
 
note 井上真偽「目に見えない愛情」全文無料公開ページ
 
 

商品情報

井上真偽『ベーシックインカム』

発売日:2019年10月4日(金)※電子書籍版も配信中
定価:本体1,400円+税
頁数:256頁
ISBN:978-4-08-771679-5
発行:株式会社集英社

amazon

遺伝子操作、 AI、 人間強化、 VR、 ベーシックインカム。 未来の技術・制度が実現したとき、 人々の胸に宿るのは希望か絶望か。 美しい謎を織り込みながら、 来たるべき未来を描いたSF本格ミステリ短編集。

松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo