Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースフジファブリック、デビュー15周年を迎え、記念すべき青春の足跡の第一歩がアナログ盤化!

フジファブリック、デビュー15周年を迎え、記念すべき青春の足跡の第一歩がアナログ盤化!

2019.11.02

araka-thumb-300xauto-127208.jpg aramo-thumb-autox301-127210.jpg

フジファブリックの原石であり試金石的な盤たち

 このたびアナログ盤化されるフジファブリックのインディーズ時代の2枚のミニ・アルバム『アラカルト』『アラモード』は、メンバーや形態は今とは違ったものもあるが、今でも彼らを成立させている重要なファクターの萌芽や、現在もメンバー、そしてファンにとっても大切で重要なレパートリーの数々が当時の形そのままに納まっている。
 まさにこの2枚はフジファブリックの原石にして現在も形を変え続いている彼らの試金石的な盤たち。そして、この時期だからこそ想い出して欲しいし聴き返して欲しいとの願いも込め、このたびリリースに至った。
 
 2002年、ロフト・グループ的にちょうど新規レーベルの構想の中、生まれたインディーズ・レーベル〈Song-Crux〉。その第1弾がこの『アラカルト』であった。その頃のインディーズと言えば、メロディック・パンクを経てエモーショナル・ロックへの過渡期。そんなギターロック・ムーブメントの前夜的な雰囲気が漂っていた。
 他のバンドがパワーコードでリフ勝負、構成や展開もかなり練っており、エモーショナルさを前面に出した勢いと焦燥感的なものが主流の中、彼らの音楽性、特に志村正彦の生み出すメロディはどこか抒情的で和的、他が割と強さやストレートさを前面に出しているのに対して、若干のウェットさとけっして一筋縄ではいかないクセになるメロディワーク・センスを光らせていた。
 
 アナログ盤をそれぞれ紹介すると。
 2002年10月に、新宿ロフトが新しく立ち上げた歌ものインディーズ・レーベル〈Song-Crux〉の第1弾としてリリースされた『アラカルト』は全6曲入り。当時のフロントマンであった志村が地元・富士吉田から上京してきた、その過渡期が窺える1枚だ。「午前三時」は未だ作品としてはこの盤でしか聴くことができない貴重なもの。今でも人気の高い「茜色の夕日」「線香花火」「ダンス2000」等が収まっている。
 対して、『アラモード』は現在への道筋が作られた2003年6月に制作された作品。こちらも6曲入りだ。現在の金澤ダイスケ、加藤慎一もメンバーとして名を連ね、この頃よりサポート・ギタリストとして山内総一郎も参加し始める。同盤では「お月様はのっぺらぼう」「消えるな太陽」が未だリメイクされておらず、作品としてはこの盤でしか聴けない楽曲たちだ。人気の高い「花屋の娘」「環状七号線」「笑ってサヨナラ」が収まっている。
 
 彼らは今年デビュー15周年を迎えた。そんな彼らの記念すべき青春の足跡の第一歩が刻されている、この2作。ここからそれが始まったことを改めて聴き返すことで祝福し、しかるべき今後へとまた新たな夢や希望を馳せたい。フジファブリックの旅はまだまだ続いていく。
 
2019年初秋 池田スカオ和宏
 

作品を世に残してくれた志村君に感謝するばかり

 2002年にロフトプロジェクト内のインディーズ・レーベル〈Song-Crux〉からリリースした『アラカルト』、翌年リリースした『アラモード』を「いつかレコードにできたら良いな」という思いは以前よりずっとあったものの、実現するにあたってのハードルの高さを思うと正直、躊躇していました。
 しかし、昨年からデビュー15周年を掲げて活動していたフジファブリックや路地裏の僕たちが志村君を想って様々な活動をしているのを見てきたこと、レコードで音楽を聴く習慣のあった志村君が「レコードにできたら良いな」と当時から言っていたこと、10回忌という節目にどうしても形にしたかったことがきっかけとなりました。
 
 このレコード化は、制作当時、志村君が最終的に判断した音やジャケットをそのまま形にするのを前提に制作しているので、基本、CDと何にも変わりはありません(※一部、クレジットや帯は割愛しています)。
 先日、この2枚のカッティング作業に立ち会いましたが、作品とレコードとの相性が良く、まるでリリース当時からレコード化になることを想定していたかのような仕上がりに驚きました。とにかくいち早く志村君に聴いてもらいたく、世界に1枚しかないテスト盤を富士吉田のご実家に贈りました。
 
 フジファブリックの〈はじまり〉とも言うべき2枚の作品。17年という時を超え、今もなおたくさんの皆様に愛されていることは周知の通りです。
 今でも私の背中を押してくれる青春の2枚がレコードになるなんて夢のようです。この作品を世の中に残してくれた志村君に感謝するばかりです。
 
2019年10月24日 樋口寛子(ロフトプロジェクト)
 

限定取扱い店舗

TOWER RECORDS(20店舗)
渋谷店/ 新宿店/ 仙台パルコ店/ 名古屋パルコ店/ 福岡パルコ店/ 梅田大阪マルビル店/ 札幌ピヴォ店/ 横浜ビブレ店/ 鈴鹿店/ 下田店/ 上田店/ ららぽーと磐田店/ アミュプラザ鹿児島店/ 高松丸亀町店/ グランツリー武蔵小杉店/ 秋田オーパ店/ 藤沢オーパ店/ TOWERmini汐留店/ 錦糸町パルコ店/ オンライン

HMV(5店舗)
HMV & BOOKS SHIBUYA / HMV record shop 渋谷/ HMV record shop 新宿ALTA / HMV record shopコビス吉祥寺/ HMV & BOOKS SHINSAIBASHI

*『アラカルト』『アラモード』を2枚同時にご予約でレコードサイズのオリジナル・ビニールバッグ付(数量限定)

bag-thumb-450x606-127217.jpg

商品情報

「アラカルト」

リリース日 2019年12月11日(水)
価格 3000円 (tax out) 品番 RTSC-0023

数量限定盤 12インチアナログ 帯付き
SIDE A
1.線香花火             
2.桜並木、二つの傘
3.午前三時
SIDE B
1. 浮雲
2. ダンス2000
3. 茜色の夕日

「アラモード」

リリース日 2019年12月11日(水)
価格 3000円 (tax out) 品番 RTSC-0024

数量限定盤 12インチアナログ 帯付き
SIDE A             
1.花屋の娘
2.追ってけ追ってけ
3.お月様のっぺらぼう
SIDE B
1.消えるな太陽
2.環状七号線
3.笑ってサヨナラ

Live Info.

『アラカルト』『アラモード』レコード先行試聴トークライブ&エフエムふじごこ路地裏の僕たちでずらずら言わせて『アラトーク』公開収録トークライブ

2019年12月7日(土)ROCK CAFE LOFT is your room

【昼の部】OPEN 12:00 / START 12:30 / 終演15:30予定

【夜の部】OPEN 17:30 / START 18:00 / 終演21:00予定

*終演後に各レコードの会場先行販売あり。

*両公演、フジファブリック・メンバーの出演はございません。

Thank You, Sold Out!!

関連リンク

このアーティストの関連記事
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo