Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース成田凌、映画『カツベン!』で披露したオリジナル劇中無声映画『火車お千』の活弁を新たにレコーディング!

成田凌、映画『カツベン!』で披露したオリジナル劇中無声映画『火車お千』の活弁を新たにレコーディング!

2019.10.17

image001.jpg
 
今からおよそ100年前の日本。当時、輸入されはじめた映画=活動写真は、モノクロ(白黒)であり、サイレント(無声)だった。活動写真はたちまち巷で大評判。同時に、活動写真をより楽しめるように、楽士の奏でる音楽に合わせ、自らの語りや説明で彩ったのが活動弁士(通称“カツベン”)である。個性豊かなその語りは観客を魅了し、俳優よりも人気があった。活動弁士は活動写真を瞬く間に娯楽の王様に押し上げた。
 
12月13日(金)公開の周防正行監督の最新作『カツベン!』は、<活動弁士>を夢見る一人の若き青年を主人公に、日本映画の未来を夢見た人々の群像を描いた物語である。
 
その中で、主演を務める成田凌は、活動弁士としての天才的な才能を持つ主人公を演じ、、『椿姫』、『金色夜叉』、『ノートルダムのせむし男』など、様々な活弁を魅力的に披露している。
 
image002.jpg
 
今回、収録されたオリジナル劇中無声映画『火車お千』の活弁は、成田の活弁ぶりが最大限に発揮されている映画の中でも特に重要なシーンのひとつ。映画で披露される『火車お千』の活弁は一部であるが、「映画『カツベン!』オフィシャル・アルバム」では、"完全版”として新たにレコーディングしたファン垂涎のアルバムとなっている。
 
成田は、レコーディングにあたり再度、活弁を特訓。また映画の中での『火車お千』の活弁は、女性との掛け合いによって披露されていたが、今回はその女性役の活弁にも挑戦し、すべてを自身の活弁で見事に表現している。
 
さて、そんな成田凌の新録『火車お千』の活弁を含むCD「映画『カツベン!』オフィシャル・アルバム」が12月11日に映画の公開より一足先に発売される。その詳細は特設サイトで確認できるが、監督の従兄である周防義和が音楽を担当しており、映画の世界観を体感できる劇伴音楽、奥田民生の歌唱によるエンディング曲「カツベン節」も収録されており、何とも楽しみなアルバムといえる

商品情報

映画『カツベン!』オフィシャル・アルバム
オリジナル・サウンドトラック 

音楽:周防義和
2019年12月11日発売 
MHCL-2834 1,800円+税 

amazon

1.カツベン節 (唄:奥田民生)    
2.大正ロンリーハーツポルカバンド
3.キャラメルワルツ  
4.七色の声を持つ男      
5.ホンキートンクベンシ   
6.えっ?くちびるきたぁ〜!   
7.清十郎の秋・靑木館2番  
8.紅ノ涙トナリ散リテ・靑木館6番   
9.火車お千・仇討・靑木館4番     
10.春南方のローマンス・靑木館9番    
11.東ノ苦界二身ヲ沈メ・靑木館10番   
12.ラグタイムキッズ       
13.ワルと場末と女2人     
14.Lamentazione Tomio  
15.弁士たちのモンタージュ 
16.暗闇を彩る声   
17.キャラメルと活動写真  
18,クラとシャミの和洋折衷考  
19.組曲Jikkai タチバナ篇 
20.Water Under the Earth        
21.靑木館習作1番・3番・5番 
22.美しき天然   
23.逃げりゃ捕まる、カツベン節   
24.火車お千 (活弁:成田凌)  
25.カツベン節・短編 (唄:奥田民生)  

Live Info.

映画「カツベン!」 

2019年12月13日 ROADSHOW
このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻