Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース細野晴臣デビュー50周年記念展、本人がオープニングセレモニーに登場! 「自分の頭の中にあるものが全部外に出た感じ」

細野晴臣デビュー50周年記念展、本人がオープニングセレモニーに登場! 「自分の頭の中にあるものが全部外に出た感じ」

2019.10.08

unnamed.jpg
 
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーでは、 2019年10月4日(金)から2019年11月4日(月・休)までの期間、 細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 – 2019」を開催する。 開幕に先立ち行われたプレス向け内覧会では、 オープニングセレモニーが行われ、 細野晴臣氏が登場した。
 
オープニングセレモニーでは、 細野氏から「私のためにこのような展覧会を開いていただきありがとうございます。 本当にいろんなものが整然と並んでいて圧倒されました。 この日のためにスタッフが頑張ってくれました。 」と開幕の挨拶があった。 そして、 いち早く展覧会をご覧になった感想を、 「自分の中身がさらけ出されたようで感動しました。 自分がこんなに物を持っていると思わなかった。 」と話す。
 
また、 本展での展示品は、 すべて細野氏にまつわるもので、 細野氏自身の所蔵品も多くあるが、 特に思い入れのある展示品・見どころの展示品として、 「自分の脳内のものはノート。 一冊だけでも細かく書いてあるので、 時間が足りないかもしれないけど見てほしいです。 あと、 僕の人生は音楽に尽きるので、 その音楽を創った楽器は面白いと思います。 人から見たらガラクタだけど、 自分にとっては大事なものばかりです。 」と紹介。
 
そして、 最後に、 ファンに向けて「一人の人間の50年を見ることができるのは面白いかも。 だらだらやってきただけなのでこれからもだらだらやります。 気楽に見に来てほしい。 」と来場を呼び掛けた。

商品情報

『細野観光 1969-2019』細野晴臣デビュー50周年記念展オフィシャルカタログ

24ページ B5・変型(天地262×左右182)並製アジロ
定価3,500円(税込) ISBN 978-4-02-251643 2019年10月7日発売

音楽界のスーパーレジェンドが歩いて来た道。 エイプリル・フール、 はっぴいえんど、 ティン・パン・アレー、 YMO、 ソロ……ミュージシャン・細野晴臣の半世紀に及ぶ音楽活動を、 詳細な年譜と名盤ガイド、 豊富なヴィジュアルで網羅したガイドブック。 秘蔵写真、 愛用楽器や創作ノートなど、 知られざる資料を多数掲載!松本隆/鈴木茂/坂本龍一/高橋幸宏/星野源/水原希子からのコメントも特別収録。

Live Info.

細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」 

英語タイトル:「Hosono Sightseeing 1969-2019」
会期:2019年10月4日(金)~2019年11月4日(月・休)
開館時間:10:00-22:00(最終入場 21:30)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリー
(六本木ヒルズ森タワー52階)
東京都港区六本木 6-10-1
主催:森アーツセンター、 朝日新聞社
入 場 料 : 一般1,800円、 高校生・大学生1,200円、 
4歳~中学生600円、 シニア(65歳以上)1,500円
※展望台、 森美術館入館料を含む
問い合わせ:03-6406-6652(東京シティビュー)
 
詳細はこちら
このアーティストの関連記事
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo