Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 - 2019」開催決定!

細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 - 2019」開催決定!

2019.08.15

unnamed.jpg
 
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーでは、 2019年10月4日(金)から2019年11月4日(月・休)までの期間にて、 細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 – 2019」を開催する。 本展は、 「細野晴臣デビュー50周年企画〈細野さんに会いに行く〉」プロジェクトの一環であり、 細野氏のロック・テクノ・ワールドミュージックなど多岐にわたる音楽家としての一面だけでなく、 映画やアート・落語・漫画など、 多様な関心事を貴重な展示品とともにご紹介する。
 
戦後日本の音楽シーンに多様な影響を与え続けてきた細野晴臣氏は、 今年デビュー50周年を迎えました。 氏がこれまで作りだしてきたさまざまなジャンルの音楽は、 同時代で氏の音楽を聴いてきた世代に限らず、 若年層の感性も揺り動かしており、 世代を超えた国民的音楽家として高く評価されている。
 
本展は、 細野晴臣氏のデビュー50年の軌跡を、 年代ごとに追った壮大なビジュアル年表や、 年代ごとに括った5つの展示構成の中をまるで「観光」するように巡ることができる。 それぞれの時代で起きた現象や歴史、 そして文化などに氏がどのように直面し、 どのような音楽や世界観を描いてきたのか、 楽器コレクション、 音楽ノート、 インタビュー集、 ブックコレクションなどの様々な展示品を通して、 唯一無二の「細野ワールド」を体験できる。東京シティビューから東京の街を見渡しながら、 細野晴臣氏の世界をゆったりと旅してみよう。
 
unnamed-1.jpg

主な展示構成

1969~1973|憧憬の音楽 
デビューバンドのエイプリル・フールから、 はっぴいえんどのアルバム・デビュー~ラスト・ライブまでをご紹介。 
 
1973~1978|楽園の音楽 
1stソロアルバム『HOSONO HOUSE』リリースから、 トロピカル三部作と称される3枚のソロアルバム発表までをご紹介。 また、 同時期のキャラメル・ママ~ティン・パン・アレーでの活動をご紹介。 
 
1978~1983|東京の音楽 
イエロー・マジック・オーケストラ結成から散開まで。 またこの頃から開始したプロデューサー、 作曲家としての活動をご紹介。 
 
1984~2004|彼岸の音楽 
1984年から89年にかけてのワールドミュージックに刺激を受けた音楽制作、 1990年以降のミニマルなアンビエント・ミュージック、 20世紀の音楽をテーマにした96年のスウィング・スロー、 90年代末頃に高橋幸宏と結成したスケッチ・ショウで辿り着いたエレクトロニカ時代をご紹介。 
 
2005~現在|記憶の音楽 
2005年のハイドパーク・ミュージック・フェスティバルを機に活発化した自らヴォーカルを取るライブ活動等から、 記憶に埋もれた良い音楽を後世に残していきたいという気持ちが大きくなった2011年の震災以降の活動をご紹介。 

Live Info.

 細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」

会期: 2019年10月4日(金)~2019年11月4日(月・休)
会館時間: 10:00-22:00(最終入場 21:30)
会場: 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
 東京都港区六本木 6-10-1
主催: 森アーツセンター、 朝日新聞社
入場料:一般1,800円、 高校生・大学生1,200円、 
4歳~中学生600円、 シニア(65歳以上)1,500円
※展望台、 森美術館入館料を含む
ウェブサイト:近日公開予定
問い合わせ: 03-6406-6652(東京シティビュー)
 
※その他の詳細情報は、 8月下旬頃にお知らせする予定です。 
 
このアーティストの関連記事
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo