Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース大貫妙子、MIDI時代のアナログ盤2タイトルが8月28日に再発決定!

大貫妙子、MIDI時代のアナログ盤2タイトルが8月28日に再発決定!

2019.08.01

unnamed.jpg
ヨーロッパ3部作を含め大貫妙子の初期の傑作が集まったRCA時代のアナログ盤再発が2018年に完了したが、 それに続き、 MIDIに移籍後発表された2作品が、 8月28日にアナログ盤で再発される。
 
通算9枚目のオリジナル・アルバム『コパン』(1985年作品)と10枚目のオリジナル・アルバム『カミング・スーン』(1986年作品)で、 アナログ盤再発に際して、 リマスタリング&カッティングを世界的名エンジニア、 バーニー・グランドマンに依頼、 大貫妙子のセルフ・ライナーノーツも封入された完全生産限定盤となる。 
 
unnamed.png
『コパン』は、 「ベジタブル」、 「タンタンの冒険」などの人気曲が収録されており、 ニューヨークのトップ・ミュージシャンたちも録音に参加した。 アレンジャーは、 坂本龍一、 清水信之、 清水靖晃。 この作品で坂本龍一とのタッグは一時休止となる。 
 
 『カミング・スーン』は、 「お子さんと一緒に聴ける音楽を」をコンセプトにしたアルバムで、 NHK"みんなのうた"挿入歌「メトロポリタン美術館」、 原田知世に提供した「地下鉄のザジ」を収録。 RCA時代の楽曲も3曲収録され、 アレンジャーは坂本龍一、 清水信之、 大村憲司。 
 
 この後も、 『スライス・オブ・ライフ』(1987年作品)、 『プリッシマ』(1988年作品)のアナログ盤復刻が予定されている。 詳しくはotonano大貫妙子スペシャルサイトにて商品詳細をチェック。
 

関連リンク

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻