Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』 BD&DVD発売決定! 昨年劇場公開での大ヒットを経て遂に国内初ディスク化!

『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』 BD&DVD発売決定! 昨年劇場公開での大ヒットを経て遂に国内初ディスク化!

2019.06.13

恐怖の報酬−公開時ポスター.jpg
 
昨年11月に初公開から40年を経てついに[オリジナル完全版]が日本初公開、旧作リバイバルとして異例の観客動員を記録したウィリアム・フリードキン監督のサスペンス超大作『恐怖の報酬』(77)がこの度国内初のディスク化となるブルーレイ&DVDで9月18日(水)に発売となることが決定した。
 
『恐怖の報酬』は、『フレンチ・コネクション』(71)でアカデミー5部門受賞、『エクソシスト』(73)で全世界にオカルト・ブームを巻き起こした巨匠ウィリアム・フリードキンによる、手に汗握る緊張と興奮のサスペンス巨篇。仏映画の名作、H=G・クルーゾー監督の『恐怖の報酬』(53)のリメイクというフリードキンの大胆かつ入魂の企画に、ユニバーサルとパラマウントの2大メジャー・スタジオが破格の2000万ドル(現在の100億円相当)の巨費を共同出資、ロケは3大陸5ヶ国に及び、2年を超える製作期間を費やした超大作だ。人生の底から這い上がるため、300キロにわたる一触即発のニトログリセリン運搬に命を賭けた男たちの運命を冷酷非情なリアリズムで描き切った、フリードキン監督自身が今もって1コマも修正したいと思う箇所がないと認める最高傑作。
 
sub01.jpgsub02.jpg
 
本作は1977年6月に全米初公開となるも、空前の『スター・ウォーズ』ブームの直撃を受け興行的に惨敗。そのため日本をはじめ北米以外では、監督に無断で約30分カットされた92分の【短縮版】が配給され、正当な評価を受けることなく公開終了した。さらには2大メジャーの共同出資が原因で権利者不明状態に陥り、長きにわたって全世界的に上映不可、北米以外ではDVDも発売されなかった。しかし、そんな状況に業を煮やしたフリードキンは2011年、自らスタジオ2社を提訴し権利者を特定、2013年に121分【オリジナル完全版】のデジタルリマスターに着手、同年のヴェネツィア映画祭でプレミア上映され、以後、2014年LA、2015年パリ、2016年カンヌ映画祭、2017年ロンドンで上映され、欧米各地で再評価の嵐を巻き起こした。
 
そして2018年、フリードキンがそのキャリア史上最も心血を注ぎ、コッポラの『地獄の黙示録』(79)と双璧を成す映画作家の狂気と執念が刻まれた渾身の一作『恐怖の報酬』は、【オリジナル完全版】として遂にその真の姿で日本に初上陸。メイン館のシネマート新宿では実に9週間という大ロングランを記録、結果全国50館超に拡がる旧作リバイバル上映としては驚異的な成績をおさめた。フリードキンは当初、日本においても単なる数回のリバイバル上映であれば再公開を望まない、再公開するならば<とてつもなく意義深いもの>でなければ興味はない、と語っていた。だがこの劇場大ヒット、そして何よりも往年のファンから初見の観客までが本作を観てくれたことに対して深く感動し、喜んでいる。ちなみにフリードキンは不本意なかたちで公開された【短縮版】については存在を認めておらず、観たこともない。そしてその【短縮版】を作った配給会社の担当者はその事実発覚と他の悪事もあり、その後牢屋に行ったという。
 
sub05.jpgsub09.jpg
 
日本で本作は1990年にVHSが静かに発売されて以降、一度もパッケージ商品化されておらず、DVD化もされていない幻の作品であったが、この度劇場の大ヒット、フリードキン監督も大変気分を良くしたところで遂にブルーレイとDVDで国内初のディスク化となる。そのブルーレイの≪最終盤≫と銘打った2枚組の豪華版ではフリードキンと『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督の対談など100分超の映像特典のほか、全88ページにおよぶ作品の資料を付属、その資料の中には日本での劇場大ヒット後に敢行されたフリードキン監督の最新インタビュー記事も掲載される。
 
Copyright © MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.

商品情報

恐怖の報酬【オリジナル完全版】≪最終盤≫

2019年9月18日(水)発売
発売・販売:キングレコード

BD2枚組|KIXF-628~629|¥8,800+税
本編約121分+映像特典約110分(+英語字幕テロップ入本編121分)

DISC①
●本編121分、画面サイズ1:1.85
オリジナル英語(リニアPCM/5.1ch、Dolby True HD アドバンスド96Kアップサンプリング/5.1ch)
日本語吹替(DTS-HD Master Audio/2.0ch)
本編用日本語字幕、吹替補助用日本語字幕
※[収録の日本語吹替音声について]
本作は1978年に日本公開されましたが、その時公開されたのはフリードキンに無断で約30分カット、さらに編集が大幅に異なるいわゆる【短縮版】でした。そして1980年に初めてテレビ放送された本編も【短縮版】であり、吹替音声はその【短縮版】に対して作られていました。この度本商品に収録するテレビ放送版吹替音声はこの音声を【オリジナル完全版】の本編に合う箇所のみ収録しております。【短縮版】と【オリジナル完全版】は編集が大幅に異なり、それぞれにしか存在しないシーンもあるため、吹替音声の部分は通常の商品に比べて少ない状態となっております。全編を吹替で鑑賞できるものではありませんのであらかじめご了承ください。
<吹替音声情報>1980年5月25日、テレビ朝日「日曜洋画劇場」放送版、出演:羽佐間道夫、木村幌、大塚周夫、樋浦勉、富田耕生

DISC②
●魔術師たち/フリードキン×ニコラス・ウィンディング・レフン対談
●「恐怖の形而上学」:フィリップ・ルイエー:魔術師について
●ウィリアム・フリードキン 魔術師の集合:アーカイブ文書
●日本版予告篇(短尺版)
●日本版予告篇(長尺版)
●英語字幕テロップ入り本編(画面サイズ1:1.78)
●ウィリアム・フリードキン監督、日本公開に向けたコメント動画
(作品の詳細解説書・全88頁)
・フリードキン監督最新インタビュー
・作品解説
・日本での反響について
・各国ポスターギャラリー
・作品評再録 ほか

恐怖の報酬【オリジナル完全版】

BD|KIXF-630|¥4,800+税
本編約121分|1080p Hi-Def(ビスタ)|英語(DTS-HD Master Audio/5.1ch)|日本語字幕

DVD|KIBF-1648|¥3,800+税
本編約121分|16:9LB(ビスタ)|英語(ドルビーデジタル/5.1ch)|日本語字幕

2019年9月18日(水)発売
発売・販売:キングレコード

Live Info.

恐怖の報酬【オリジナル完全版】

1977年|アメリカ映画|日本公開:1978年3月25日(短縮版)/2019年11月24日(オリジナル完全版)
カラー|ヴィスタサイズ|5.1ch|原題:SORCERER(魔術師)
 
●監督・製作:ウィリアム・フリードキン『フレンチ・コネクション』『エクソシスト』
●脚本:ウォロン・グリーン『ワイルドバンチ』『大自然の闘争/驚異の昆虫世界』
●原作「恐怖の報酬」ジョルジュ・アルノー
●撮影:ジョン・M・スティーブンス『明日に処刑を・・・』
ディック・ブッシュ『フェイズⅣ/戦慄!昆虫パニック』『Tommy/トミー』
●美術デザイン:ジョン・ボックス『ローラーボール』
●編集・製作補:バド・スミス『クルージング』『フラッシュダンス』
●音楽作曲・演奏:タンジェリン・ドリーム『ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー』
●出演:スキャンロン“ドミンゲス”・・・・・・・・・ロイ・シャイダー
ヴィクトル・マンゾン“セラーノ”・・・・・・ブルーノ・クレメル
ニーロ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フランシスコ・ラバル
カッセム “マルティネス”・・・・・・・・・アミドゥ
コーレット・・・・・・・・・・・・・・・・・ラモン・ビエリ
 
提供:キングレコード
配給:コピアポア・フィルム
©MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.
 
南米奥地の油井で大火災が発生。祖国を追われ、その地に流れてきた4人の犯罪者は、ひとり1万ドルという「報酬」と引き換えに、わずかな衝撃でも大爆発を起こす消火用ニトログリセリン運搬を引き受ける。2台のトラックに分乗した男たちは、火災現場まで道なき道を300キロ、ジャングルの奥へと進んでいくが、その先に待ち受ける彼らの運命とは―。
 

関連リンク

松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo