Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース浜崎容子の待望の新作『BLIND LOVE』発売決定! 角松敏生がアルバムを完全プロデュース、書下ろし楽曲やデュエット曲を含む全7曲。

浜崎容子の待望の新作『BLIND LOVE』発売決定! 角松敏生がアルバムを完全プロデュース、書下ろし楽曲やデュエット曲を含む全7曲。

2019.05.10

yoko hamasaki_profile.jpg
 
アーバンギャルドのボーカルとして活動するかたわら、ソロ活動も活発に行って来た浜崎容子が、待望の3rd.アルバムを発表する。
 
今までセルフプロデュースで、2010年の1st.アルバム『フィルムノワール』ではアーバンギャルドの松永天馬に作詞を依頼するも自ら作詞に1曲挑戦をしており、作曲と編曲、レコーディングやミックスダウンのエンジニアリングに関しては全てを手掛けている。2016年の2nd.アルバム『BLUE FOREST』ではプロデュースもさらに繊細になり、作詞・作曲に関しては自らも手掛けるものの作詞家や作曲家への依頼を行い、カバー曲への挑戦も行っており、編曲は引き続きほとんどの楽曲を手掛けている。
 
BLIND LOVE.jpg
 
そして、今回の3rd.アルバム『BLIND LOVE』の制作に臨み、浜崎容子が望んだことは、シンガーとしてのさらなるステップアップの為にプロデューサーを立てることであった。ボビー・コールドウェルやボズ・スキャッグスなどAOR好きの浜崎容子がプロデュースを依頼したのは、日本のAORを代表する角松敏生である。角松敏生はミュージシャン・リスペクトに合うアーティストであり、プロデューサーとしても高い評価を得ている。
 
関わるミュージシャンの選定に厳しく、シンガーやミュージシャンとしてその資質を見出せないアーティストからのプロデュース依頼をビジネス的には受けない角松敏生にとって、浜崎容子からのアルバムプロデュース依頼の快諾は2000年以降の数少ないケースで、2年4カ月振りとなるCDアルバムプロデュースとなる。
 
そして、『BLIND LOVE』と7/3同時発売となるのが、浜崎容子が2010年に発売したデビューアルバム『フィルムノワール』をリマスタリングして新曲3曲を加え、完全盤とした『Film noir ultime』である。このアルバムは2010年にライブ会場とアーバンギャルドのホームページ通販でのみ販売され、瞬く間に売り切れてしまったものである。長らくファンの再販を求める声が多くありながら今まで再販されなかった幻のデビュー盤である。今回の浜崎容子の『Film noir ultime』は、温故知新、浜崎容子の今を知ることの出来る貴重なアルバムとして押さえておきたい作品となっている。
 
Film noir ultime.jpg

商品情報

New Album(Original 3rd. Album) 『BLIND LOVE』

CD 7/3発売 
発売販売:ユニバーサルミュージック 
価格:2,500円(税抜)

デジタル配信 6/19開始 
ハイレゾ配信7/3発売

01.不眠
作詞・作曲・編曲:角松敏生
浜崎容子:Vocals
角松敏生:Keyboards / Computer Programming
川上真裕美:Drums
山内 薫:Electric Bass
鈴木英俊:Electric Guitar

02.バイブル  
作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:角松敏生
浜崎容子:Vocals
角松敏生:Electric Guitar Solo & Backing /
Keyboards / Computer Programming

03.新宿三丁目
作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:角松敏生
浜崎容子:Vocals
角松敏生:Electric Guitar Solo / Keyboards /
Computer Programming

04.春の去勢不安
作詞:菊地成孔 / 作曲:浜崎容子 / 編曲:角松敏生
浜崎容子:Vocals
角松敏生:Keyboards / Computer Programming
山内 薫:Electric Bass
鈴木英俊:Acoustic Guitar Solo & Backing
中川英二郎:Trombone Solo

05.リフレイン
作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:角松敏生
浜崎容子:Vocals
角松敏生:Electric Guitar Solo & Backing /
Keyboards / Computer Programming
森 俊之:Acoustic Piano

06.これは涙じゃない
作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:角松敏生
浜崎容子 Yoko Hamasaki:Vocals
角松敏生:Keyboards / Computer Programming
荒山 諒:Drums
山内 薫:Contrabass
梶原 順:Electric Guitar Solo & Backing
森 俊之:Acoustic Piano / Fender Rhodes
本田雅人:Saxophone Solo

07.THE TOKYO TASTE
作詞:高橋幸宏, CHRIS MOSDELL
作曲:後藤次利, 高橋幸宏 / 編曲:角松敏生
浜崎容子:Vocals
角松敏生:Vocals / Electric Guitar Solo /
Keyboards / Computer Programming
山内 薫:Electric Bass
鈴木英俊:Electric Guitar
森 俊之:Acoustic Piano Solo / Fender Rhodes
本田雅人:Saxophone Solo

New Album(Remake of Debut Album『フィルムノワール』)
『Film noir ultime』

CD 7/3発売 
発売販売:FABTONE 
価格:2,500円(税抜き)

デジタル配信 7/3開始
アナログLP 7/3発売

1. 樹海の国のアリス 作詞:松永天馬 / 作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子
2. 暗くなるまで待って 作詞:松永天馬 / 作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子
3. 印象派 作詞:松永天馬 / 作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子
4. ブルークリスマス 作詞:松永天馬 / 作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子
5. フィルムノワール 作詞:松永天馬 / 作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子
6. 思春の森 作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子
7. FORGIVE ME 作詞・編曲:浜崎容子 /作曲:浜崎容子・アレクサンドル・ボロディン
8. Maybe Not Love 作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子
9. 東京、午前4時 作詞・作曲:浜崎容子 / 編曲:浜崎容子

※ 1~6まで2010/04/25発売『フィルムノワール』収録曲、7~9は新曲

 ※新曲の「FORGIVE ME」は、サビのメロディーがクラシック(オペラ)の名曲「だったん人の踊り」を使用しています。

Live Info.

浜崎容子のアルバム2枚同時発売記念ライブ『BLACK OR WHITE』

2019年7月4日(木)
時間:開場 18:30/開演 19:00
チケット料金:前売 5,500円 / 当日6,000円 (要ドリンク代600円)
 
【チケット発売】
・Official ホームページ先行:受付URL:https://eplus.jp/yokohamasaki-hp/
受付期間:5/10(金)20:00~5/15(水)23:59
 
・一般発売:2019/6/1(土) 10:00より各プレイガイドにて
・イープラス:https://eplus.jp/yokohamasaki/
・ぴあ:http://w.pia.jp/t/hamasaki/  TEL 0570-02-9999 P-code 150-328
・ローソンチケット:http://l-tike.com/search/?lcd=73284  TEL 0570-084-003  L-code 73284

関連リンク

このアーティストの関連記事
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo