Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースインストバンド・GROUP、4/10発売のサード・アルバム『mikazuki』のカバー・アートとトラックリスト、最新アーティスト写真を公開!會田茂一らから追加コメントも到着!

インストバンド・GROUP、4/10発売のサード・アルバム『mikazuki』のカバー・アートとトラックリスト、最新アーティスト写真を公開!會田茂一らから追加コメントも到着!

2019.03.14

group_2019_TaikouKuniyoshi_S.jpg
 
こぼれ落ちるメランコリーとロマンティシズム、クールでありながらも多幸感に満ちた、真にエモーショナルな歌心あふれるインストゥルメンタルを奏でるバンド、GROUP。その15年ぶりのニュー・アルバム『mikazuki』(通算第3作)のカバー・アートとトラックリスト、最新アーティスト写真を公開。會田茂一やVIDEOTAPEMUSICら、豪華メンバーから追加コメントも到着。
 

コメント

 
15年前っていうとiPodを持ち歩いてた頃だ。ずっと前のような気もするし、つい最近のような気もするなぁ~って思いながら新作を聴かせてもらってたらジーンとココロに来るものがありました。ずっと聴いてられるけど…次も15年後とは言わず、早めに夜露詩句デス!!!
會田茂一
 
ニューアルバム、おめでとうございます!私もいつかこんな洗練された、すごく調和のとれたバンドをやりたいです。あとはギャルバンもやりたいです。還暦過ぎた頃かな。お手本にさせていただきます!
石橋英子
 
音楽の事をよく知らないままこんなところまで来てしまった。
知り合いだから言うわけじゃないよ。
この15年ぶりに嫉妬してる。
進んでく音が……俺には聞こえる。
KILLER-BONG
 
誰もいない冬の海、遠くに不気味にそびえるガスタンクのシルエット、国道沿いの夕暮れ。記憶の奥底に張り付いたまま、いつどこで見たのかも思い出せない風景みたいに、瞬間と永遠が同居した美しい演奏。
15年前の前作も改めて聴き返してみたらまったく色あせていなくて最高ですが(「LINE」が本当に好きです)、今作もきっとそうなると確信しました。うっとりしながらリピートします。
VIDEOTAPEMUSIC
 
ハイハット4つ半で景色が変わり 悪魔がアルペジオを重ねハーメルンの笛吹きが旋律を奏でる頃から ご先祖様の重低音が聴こえてくる。心を乱す為だけのアンサンブル。どうか 君達の耳で確かめて欲しい。
柚木隆一郎
 
GROUPの楽曲には独特のcoda・終結部分がある。バンドの音が一旦鳴り止んだあと、圏さんのギターだけが残ってリフレインしているところへ、石川くんのベース、ハンチョーとケンジーの管楽器が静々と入ってくる。あの時間を超越したテープループのような残響と反復が鬱々とした日常をリセットしていく瞬間、私は不覚にも「Yeah!」などと絶叫してしまう。素晴らしい!GROUPには歌手がいない――客演することはある――のだが、このバンドの音を聴いていると(たったいま新譜を拝聴している!)歌に対する熱意が込上げてくる。メンバーのケンジーが本作のレコーディングに入る直前、フレッドニールのレコードを小脇に抱えて飲み屋に入ってきたことと、このGROUPの新作の質感(=歌手不在の歌)には何かしらの因果関係があるに違いない。Yeah!
渡邊琢磨(音楽家)

商品情報

GROUP
「mikazuki」

商品番号:PCD-26072
フォーマット:CD
価格:定価:¥2,600+税
発売日:2019年4月10日(水)

1. Old Night & the New Morning
2. Route 135
3. Balcony Song
4. Rain Then Halation
5. Taming of the Shrew
6. Icarus
7. Ode to Crescent
8. Route 135 Revisited

Live Info.

3.31 (日) 代々木公園野外ステージ周辺“Harukaze@Yoyogi park”
4.21 (日) 渋谷 O-nest“henrytennis『Freaking Happy』Release Party ~東京編~”

関連リンク

このアーティストの関連記事
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo