Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース5年ぶりの新作『Transducer』をリリースするアヒト・イナザワ率いるVOLA & THE ORIENTAL MACHINEが新ヴィジュアルを公開!

5年ぶりの新作『Transducer』をリリースするアヒト・イナザワ率いるVOLA & THE ORIENTAL MACHINEが新ヴィジュアルを公開!

2019.02.08

約5年ぶりとなる新作『Transducer』を4月3日(水)にリリースするVOLA & THE ORIENTAL MACHINEが、新しいアーティスト写真とアートワークを公開した。

2000年代のロック・シーンにおいて、いち早くニュー・ウェイヴ、ダンス・ミュージックの要素を取り入れたサウンドを生み出し、数多くのミュージシャンに影響を与えてきた彼ら。
5年ぶりとなる新作は畳みかけるビートのロックから、多幸感溢れるメロディ溢れるスロウテンポな曲まで全8曲が収録されている。
今作には抽選で選ばれた彼らのファンがコーラスに参加したり、ギターの楢原英介が作曲した曲も収録されるなど新しい試みもあり、5年のブランクをまったく感じさせない作品となっている。

ACW_015.jpgMAC-ROY_digitalsingle.jpgなお、アルバムに先駆けて収録曲「MAC-ROY」が2月27日(水)にデジタル・シングルとして先行配信される。そしてリリース後には9年ぶりとなる全国ツアーも決定している。
来年の結成15周年に向けて、再び精力的な活動を始めた彼らにぜひ注目していただきたい。

【Profile】
2005年、NUMBER GIRL / ZAZEN BOYSを経たアヒト・イナザワが、それまでのドラマーからボーカル&ギター&マニュピュレート等を駆使し、フロントに立つというパート・チェンジを行ない、自分の意志で活動出来るバンドとして結成。
現在のメンバーは、有江嘉典(Bass)、中畑大樹(Drums)、楢原英介(Guitar & Synth,Violin)という編成。
2008年5月にUKで行なわれた『Great Escape Festival』に招聘され、海外評価も高まる。2009年、フィジカル型ロック・サウンドから大胆なエレクトロニック・サウンドを導入し、現在のスタイル「人力ハード・フロア・ビート」を確立。2010年、3rdアルバム『PRINCIPLE』をリリース。2014年10月、ミニ・アルバム『Regalecus russelii』を4年ぶりにリリース。2015年、結成10周年を記念して行なわれた下北沢シェルター公演はソールドアウト。2018年に行なわれた公演も軒並みソールドアウト。
日本におけるエレクトロ・ロックサウンドの先駆者として、躍進を続けている。

商品情報

Transducer

2019年4月3日(水)発売
ACW-015
価格:¥2,000+税

【収録曲】
01. Hangover & volafc.com
02. MAC-ROY
03. 雨が降ってもまた明日(仮)
04. Rare case a Window
05. Perfect yellow
06. Winter ghost
07. Parallel Lines
08. Last Dance

MAC-ROY

2019年2月27日より各社配信サイトにてダウンロード販売開始
ACWS-004
価格:¥200(税込)

Live Info.

Transducer TOUR
5月03日(金・祝)渋谷 La.ma.ma(ワンマン)
5月18日(土)広島 4.14
5月19日(日)福岡 Utero
6月23日(日)大阪 pangea
6月30日(日)新代田 FEVER

関連リンク

このアーティストの関連記事
復刻
ロフトアーカイブス
haku
lpo
lpo