Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース「ちはやふるの世界~末次由紀原画展~聖地あわら篇」圧巻の生原画に、「ちはやふる」の聖地・あわら市で再び出会える!

「ちはやふるの世界~末次由紀原画展~聖地あわら篇」圧巻の生原画に、「ちはやふる」の聖地・あわら市で再び出会える!

2019.01.11

main-2.jpg
 
2018年に東京・大阪・名古屋にて開催され、 大盛況を博した「ちはやふるの世界~末次由紀初原画展~」が、 多くの期待の声にお応えし、 「ちはやふるの世界~末次由紀原画展~聖地あわら篇」としてバージョンアップ。2019年4月27日(土)から6月23日(日)まで、 福井県あわら市『金津創作の森』にて開催することが決定。
 
2007年12月より、 講談社『BE・LOVE』で連載中の「ちはやふる」はダイナミックな“競技かるた”の魅力、 主人公「綾瀬千早」、 そして「かるた」を通じて幼い頃に出会った「真島太一」と「綿谷新」の3人を中心に、 等身大の高校生たちの熱き青春群像を描き、 少女漫画の枠を超え男性からも人気を博す青春コミックの金字塔。 
 
福井県あわら市は、 「ちはやふる」の主要登場人物である「綿谷新」の故郷として、 度々作中に登場する“聖地”のひとつとして知られており、 2014年より「ちはやふるweek in あわら」として、 作品の魅力や、 奥深い「競技かるた」の世界を体感いただけるイベントを毎年開催している。本展開催期間中においても、 「ちはやふるweek in あわら」や、 毎年6月にあわら市で開催される全国競技かるた女流選手権大会とも連動し、 さらなる盛り上がりを見せる予定。
 
今回の展示では、 160点を超える多彩な原画をはじめ、 貴重な生原稿、 約20分の制作過程の映像などを中心に、 本展限定の「ちはやふる」の聖地・あわら市ならではの企画を盛り込んだ展示構成となっている。
 
また、 初の美術館としての会場となる『金津創作の森』アートコア ミュージアム-1・ギャラリーの空間を活かした本展は、 初めてお越しいただく方はもちろんのこと、 昨年、 東京・大阪・名古屋の会場にお越しいただいた方にも、 新しい「ちはやふるの世界」を、 楽しめるとのこと。 さらに、会場では、 「ちはやふるの世界~末次由紀初原画展~」の公式図録や様々なオリジナルグッズ、 サイン入り複製原画の販売(予約受注)も行われる。 
 
主人公「綾瀬千早」と、 彼女を取り巻く多彩な登場人物が織り成す、 熱く、 鮮やかな「青春」を感じていただける、 「ちはやふるの世界~末次由紀原画展~聖地あわら篇」に是非足を運んでみよう。
  

Live Info.

「ちはやふるの世界~末次由紀原画展~聖地あわら篇」

会 場: 金津創作の森 アートコア ミュージアム-1・ギャラリー
期 間: 2019年4月27日(土)~6月23日(日)
開場時間: 午前10時~午後5時 ご入場は各日閉場の30分前まで
※6月16日(日)、 22日(土)、 23日(日)は午後7時まで開場(予定)
 
入場料: 一般:800円(600円)、 中・高校生:500円(400円)、 
小学生・65歳以上:400円(300円)、 (小学生未満無料)
前売料金:一般700円、 ペア1,200円
※カッコ内は団体料金です。 
※「障がい者手帳各種」ご提示でご本人さまは各半額、 ご同伴1名さままで無料でご入場いただけます。 
会場住所: 福井県あわら市宮谷57-2-19 金津創作の森
 
主 催:「ちはやふるの世界~末次由紀原画展~聖地あわら篇」実行委員会
((公財)金津創作の森財団/あわら市/FBC)
主催者問合先:   金津創作の森   TEL:0776-73-7800
あわら市 観光商工課 TEL:0776-73-8029
FBC販促事業局  TEL:0776-57-5489
共 催: あわら市教育委員会
協力: 講談社、 日本テレビ、 アニメ「ちはやふる」プロジェクト2019、 第一通信社
後援(予定): 福井県、 福井県教育委員会、 (公財)福井県文化振興事業団、 (一社)全日本かるた協会、 福井県かるた協会、 (一社)あわら市観光協会、 福井新聞社、 月刊URALA編集室、 北國新聞社、 テレビ金沢、 北日本新聞、 北日本放送、 (株)金沢倶楽部
 
eastern youth
haku
lpo
lpo