Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース大槻ケンヂ、音楽界の生きるレジェンド・小椋佳と初セッション! 「母親が喜ぶ」と感慨無量

大槻ケンヂ、音楽界の生きるレジェンド・小椋佳と初セッション! 「母親が喜ぶ」と感慨無量

2014.12.18

オフィシャル写真.jpg
(C)BS12ch TwellV
 
ロックミュージシャンの大槻ケンヂが、BS12ch TwellV で来年 1 月 9 日(金)に放送さ れる『大槻ケンヂの日本のほほん化計画』で、シンガーソングライターの小椋佳と音楽 プロデューサーの星勝と初対面を果たし、貴重なセッションを行う。
 
同番組は、東京生まれ東京育ちのロックミュージシャン・大槻ケンヂが日本の各地を訪 問し、ゲストミュージシャンと共に“ゆかりの地”をのほほんと訪れ、オススメスポッ トを紹介していく音楽情報バラエティ。1 月 9 日の放送回では、大槻の小学生時代の“音 楽”への目覚めを与えてくれたという、シンガーソングライターの小椋と念願の初対面。 小椋の事務所をふりだしに、散歩スポットという明治神宮や小椋の出身大学である東京 大学、行きつけの喫茶店を訪れる。
 
小椋の事務所では、小椋とのタッグで数々の名曲を生み出した作曲家の星がギターを片 手に登場。大槻のリクエストで『めまい』と『思い込み』を 3 人でセッションする。小 椋曰く「数 10 年来の付き合いだけれど、彼(星)のギターで歌うのは初めて」というだけに、この名曲たちが小椋・星という音楽界の生きるレジェンドとロック界の異端 児・大槻によって、どのような化学反応を起こすのか要チェックだ。
 
夢心地でセッションを終えた大槻は「初めての方に会う時は大抵そう思いますが『あ、 本物だ』という感じです。番組としてお会いしたことで、逆に緊張し過ぎずに楽しむこ とが出来ました」と小椋との念願の初対面に喜びながら「小椋さんが歌い出した時には 『おおお!』とゾワゾワ来る感じがあった」と感無量の表情。共に歌声を重ねたが「普 段は筋肉少女帯でハードロックをやっていますが、自分だけの集いの時には『めまい』 も『思い込み』も歌っているので、いつもの調子で歌うことが出来た」と手応えを感じ ていた。
 
小椋といえば、バラエティ番組に出演するのも実はレア中のレア。「今年の 9 月に『生 前葬コンサート』をやって葬式の済んだ人間ですからね、今や余生です。だから番組タ イトル通りに“のほほん”とやらせてもらいましたよ」と収録を振り返り、こちらも初 といえる番組タイトルコールにも挑戦した。
2014 年 12 月 18 日 BS12ch TwellV

一方、『めまい』では編曲、『思い込み』では作曲を担当した星は「セッションは緊張し ながらやらせていただきました」と笑うものの、小椋は「特に『思い込み』は彼の曲で すから、彼ならではの雰囲気あるコード進行がふわっと香って来て、心地が良かった」 と自らの歌唱スタイルを心得ているからこその音色に酔いしれたようだ。
 
貴重なセッションを、この場だけで終わらせるのはもったいない。大槻は「僕は仕事に 結びつけようとはしないタイプなので、カラオケで歌わせていただけるだけで十分です」 と謙遜するが、星が「小椋さんのレパートリーにはクラシカルもあればラテンもある。 パンクだって出来るし、実はヘヴィー・ロックだってあるんですよ」と小椋の広いスト ライクゾーンを明かすと、当の小椋も「僕の声質は歯切れのいい方ではないので、僕自 身がロックを歌うというのは得意ではない。それに音楽はアレンジ次第で曲風も変わる わけですから、若い方のアレンジでロック調にしてもいいし、新たな曲として取り上げ られるのは嬉しいこと。世代を超えて若い人たちにも歌ってもらいたい」と期待を込め た。
 
大槻は「これまでこの番組には色々なミュージシャンの方が出演してくれました。若旦 那やニューロティカが出てくれたかと思えば、今回のような......。ゲストのふり幅がバ ラエティに富み過ぎていて番組としてどうなのかとは思うけれど、その軸がない感じが 面白い」と、今回の斬新な座組みに番組の魅力を再発見しながら「母親も小椋さんの歌 が大好きなので『あら、ケンヂが小椋さんと!』と喜んでくれるはずです」と放送後の 反響を楽しみにしている。

関連リンク

このアーティストの関連記事
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo