Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースドキュメンタリー映画『山口冨士夫/皆殺しのバラード』、新宿シネマートにて川口 潤監督による舞台挨拶と縁の深いゲストを招いたトークショーが開催決定

ドキュメンタリー映画『山口冨士夫/皆殺しのバラード』、新宿シネマートにて川口 潤監督による舞台挨拶と縁の深いゲストを招いたトークショーが開催決定

2014.08.01

minagoroshi_web.jpg8月9日(土)から新宿シネマートで上映される、山口冨士夫の晩年を追ったドキュメンタリー映画『山口冨士夫/皆殺しのバラード』。
思わぬ事故により2013年8月14日に他界してしまった冨士夫の一周忌を迎えるにあたり、晩年のライブ記録をまとめあげたドキュメンタリー映画だ。
撮影、監督を務めたのは、『77BOADRUM』(BOREDOMS)、『kocorono』(bloodthirsty butchers)など数々の音楽ドキュメンタリー映画を手がけてきた川口 潤。

60年代に「ザ・ダイナマイツ」、70年代に「村八分」、80年代に「TEARDROPS」と様々な伝説的ロックバンドに身を置き、RCサクセション、シーナ&ザ・ロケッツ、ボ・ガンボスといったメジャーフィールドのバンドとも盛んに交流してきた山口冨士夫。
病魔、老いと闘いながらライブ活動を続けていた晩年のその姿は、まさに「日本にも本当のブルースとロックンロールが存在し得る証」である。

そんな映画『山口冨士夫/皆殺しのバラード』の監督舞台挨拶とトークショーが新宿シネマートで行なわれることが決定した。
ゲストはみな晩年の山口冨士夫をよく知る面々だけに、ここでしか聞けない貴重なエピソードが披露されることだろう。

●『山口冨士夫/皆殺しのバラード』
新宿シネマート:8月9日(土)〜8月15日(金)連日 20:50から上映(8月11日のみ調整中)
◎8月9日(土)の上映前:川口 潤監督による舞台挨拶
◎8月10日(日)の終演後:ゲスト/吉田 博(山口冨士夫を幼少期から知るTHE DYNAMITESのベーシスト)
◎8月11日(月)の終演後:ゲスト/名越啓介(写真家、写真集『SING YOUR OWN STORY』著者)
◎8月12日(火)の終演後:ゲスト/安道直美(ナオミ&チャイナタウンズ)、関井直良(冨士夫バンドのローディー兼メンバー)


YAMAGUCHIFUJIO_cover_web.jpgまた、映画の公開に合わせてロフトブックスから『山口冨士夫写真集/Sing Your Own Story』が8月25日に一般発売される(写真:名越啓介/B5版上製/120頁/初版限定装丁/定価:5,500円+税)。映画のスチールも担当している写真家、名越啓介が撮影した貴重な写真が数多く掲載されているほか、最期のスタジオ・レコーディング未発表曲を収録したCD付き仕様。
なお、この『山口冨士夫写真集/Sing Your Own Story』は、8月5日(火)から8月14日(木)まで、新宿ロフト、下北沢シェルター、ロフトプラスワン、ネイキッドロフト、阿佐ヶ谷ロフトA、ロフトプラスワン・ウエストの各店舗の店頭、ロフトプロジェクトのウェブショップ「電脳のれん街」にて税込4,500円(通常価格5,500円+税のところを特価販売)で書店先行販売される。

【山口冨士夫 プロフィール】
 1949年8月10日、日本人の母親と占領軍の黒人の父親との間に生まれ、幼少期を児童養護施設で送る。米軍キャンプなどで演奏していた「モンスターズ」を経て、1967年11月に「ダイナマイツ」でGSバンドとしてメジャーデビュー。1969年12月解散後、京都で「村八分」を結成。1973年8月解散、ソロアルバムを発表後、「リゾート」「タンブリングス」「ティアドロップス」などを結成し、精力的にライヴ活動を展開する。晩年も断続的ではあったがロックイベントへの参加やライブハウスツアーを積極的にこなし、常に新たなバンドスタイルを模索していた。
 2013年7月14日、ライブハウスからの帰路、JR福生駅前でアメリカ人軍属親子が日本人男性に暴行する現場に巻き込まれ、突き飛ばされて転倒、脳挫傷により1ヶ月の意識不明の後、8月14日死去。

001_web.jpgライブドキュメンタリー映画
『山口冨士夫/皆殺しのバラード』

【出演】山口冨士夫、中嶋KAZ(TEARDROPS)、P-Chan(ブルースビンボーズ)、安道直美(ナオミ&チャイナタウンズ)、吉田 博(THE DYNAMITES)、他
【撮影・編集・監督】川口 潤
【スチール】名越啓介
【MA】横田智昭
【製作】アイランドフィルムズ、Fjo Records
【宣伝協力】VALERIA、田辺ユウキ
【制作・宣伝・配給】アイランドフィルムズ
2014年/日本映画/HD/ビスタサイズ/96分/BD上映
©2014 アイランドフィルムズ

【上映館】
●新宿シネマート:8月9日(土)〜8月15日(金)連日 20:50〜(8月11日のみ21:10〜)
●名古屋シネマテーク:8月9日(土)〜8月15日(金)連日 20:20〜(8月14日は休映)
●大阪 第七藝術劇場:8月16日(土)〜8月22日(金)連日 20:40〜/8月23日(土)〜8月29日(金)20:55〜
●京都 立誠シネマ:8月16日(土)〜8月22日(金)連日 19:00〜
●高松 sound space RIZIN':8月23日(土)19:00〜/21:00〜(入れ替え制)

商品情報

山口冨士夫写真集
Sing Your Own Story

写真:名越啓介
B5版上製/120頁/初版限定装丁
CD付〈最期のスタジオ・レコーディング未発表曲〉
定価:5,500円+税
発行:ロフトブックス
ISBN 978-4-907929-02-2
2014年8月25日発売予定

【ロフトグループ各店舗にて書店先行販売あり!】
8月5日(火)〜8月14日(木)まで、新宿ロフト、下北沢シェルター、ロフトプラスワン、ネイキッドロフト、阿佐ヶ谷ロフトA、ロフトプラスワン・ウエストの各店舗、ロフトプロジェクトのウェブショップ「電脳のれん街」にて税込4,500円(通常価格5,500円+税のところを特価販売)で書店先行販売。

amazon

昨年8月、福生駅前でアメリカ軍属とのトラブルに巻き込まれ急逝した日本を代表するロック・ギタリスト、山口冨士夫の一周忌に合わせて、自身のレーベル“FJO Records”監修の下、CD付き写真集が初版限定装丁でロフトブックスより刊行。付属のCDには生前最期のスタジオ・レコーディング曲(未発表)を収録。

関連リンク

このアーティストの関連記事
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo