Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースARBの新宿ロフトでの貴重ライブ音源、奇跡の解禁!

ARBの新宿ロフトでの貴重ライブ音源、奇跡の解禁!

2011.12.05

arb_loft.jpg石橋 凌の本格的なソロ音楽活動始動、アニメ『輪るピンクドラム』の挿入歌としてトリプルHによるカバーが数曲使われるなど、活動休止から5年が経過した今またにわかに注目を集めているARB。その第4期編成(1998年1月〜2006年3月)による新宿ロフトでのライブ音源『ARB 3 NIGHTS』が解禁されることになった。
これは、歌舞伎町に移転後初となるロフトでのライブ3デイズ『Welcome Back The New LOFT』(1999年7月23日〜25日)から選りすぐりの音源を収録したもので、石橋 凌(vo)とキース(ds)のオリジナル・メンバーに加え、元MUTE BEATの内藤幸也(g)、ユニコーンのEBIこと堀内一史(b)という鉄壁の布陣となった新生ARBの脂の乗ってきた時期のパフォーマンスを記録した貴重な音源である。
さらに、2ndアルバム『BAD NEWS』収録のライブ・バージョン「Tokyo Cityは風だらけ」と同じ日(1980年3月9日)に旧・新宿ロフトで演奏された超貴重音源もボーナストラックとして特別収録。当日のライブを記録していたオープンリール・テープの存在は長らく忘れられていたが、この度ARB OFFICEの倉庫で発見され、遂にその封印が解かれることと相成った。当時の秘蔵音源はあらかた出し尽くされていたと思われていただけに、数曲とは言えこの貴重なライヴ音源はファン垂涎の歴史的記録と言えるだろう。
常に社会的弱者の視座を立脚点とし、人間の自由を踏みにじる存在に向けて檄を飛ばすメッセージ性の高いARBの歌は、未曾有の国難と閉塞感に見舞われた今の日本にこそ大きな作用をもたらすように思えてならない。ARBという日本のロック史上傑出したバンドの独創性や卓抜したパフォーマンスを後世に語り継ぐ意味でも、このライブ・コンピレーションは大きな意義を持つ逸品と言えるのではないだろうか。

なお、このARBのライブ・アルバム発売と合わせて、THE ROOSTERZの新宿ロフトでのライブDVD『THE CROSS ROAD MEETING at SHINJUKU LOFT』の一般流通も決定(これまでライブ会場、web通販限定で販売されていた商品と同内容)。商品の詳細はこちらまで。

商品情報

ARB 3 NIGHTS
〜Live at Shinjuku LOFT, 23.24.25.July. 1999〜

LOFT RECORDS LOCA-1018〜1020(CD3枚組)/4,200円(税込)
2012年1月25日(水)発売

1999年7月23日(金)、24日(土)、25日(日)の3日間、歌舞伎町へ移転して間もない新宿ロフトにARBが初めて出演した際のパフォーマンスを精選して収録したCD3枚組。

Live Info.


関連リンク

このアーティストの関連記事
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo