Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース日向秀和と木下理樹の"killing Boy"が自主レーベルよりアルバムリリース決定

日向秀和と木下理樹の"killing Boy"が自主レーベルよりアルバムリリース決定

2011.01.12

VARUK-0001_1.jpg 日向秀和と木下理樹の強烈タッグによる新ユニット“killing Boy”が、1st.アルバム『killing Boy』をリリースする。発売は、木下理樹のレーベル“VeryApe Records”からである。日向秀和のクールに泳ぐベースライン、セクシーにリズムと戯れるトラックの優雅さと、木下理樹の渾身のソングライティングとボーカルが絡み合う時、見た事も無い化学反応が生まれた。しゃれていて、芯食ってて、ダンサブルで、ゲロ吐きそうに重い、『泣きながら踊る』のがダンスミュージックの基本ならkilling Boyは2011年に贈る、その発展形だ。
 木下理樹の個人史だけで言うならば木下理樹名義の時代からアートスクールまで含め、キャリア最高の作品となるであろう作品が生み出されようとしている。
 この2人をサポートしているのが、G:伊東真一(HINTO/ex:SPARTA LOCALS)と、Dr:大喜多崇規(Nothing's Carved In Stone)。
 アルバムレコーディングはこの4人で行なわれており、ゲストミュージシャンに、パーカッションでアヒトイナザワ(VOLA & THE ORIENTAL MACHINE)。エンジニアにはクラムボン等を手掛ける星野誠とクボケンジ(メレンゲ)。研ぎすまされた才能を持つ仲間が、ファーストアルバムの制作に参加している。
 2010年12月29日にベールを脱いだkilling Boyが2011年を揺らすだろう。歪んだ世界をさらに歪めるだろう。

 

killing Boy(キリングボーイ)
木下理樹(ART-SCHOOL)...vocal.guitar.synthesizer
日向秀和(ストレイテナー/Nothing's Carved In Stone/etc) ...Bass.synthesizer

Regular Support
伊東真一(HINTO/ex:SPARTA LOCALS)...guitar
大喜多崇規(Nothing's Carved In Stone)...drums

商品情報

killing Boy
killing Boy

VARUK-0001 / 2,310yen (tax in)
3.09 IN STORES
VeryApe Records / UK.PROJECT

amazon

1.Frozen Music
2.Call 4 U
3.cold blue swan
4.xu
5.Perfect Lovers
6.1989
7.black pussies
8.Confusion
9.Sweet Sixteen

Live Info.


関連リンク

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻