Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー手塚ヒロミチ(声優)-「EDENS ZERO」もしかしたらメンバーの中で一番常識人なのかもしれない

「EDENS ZERO」もしかしたらメンバーの中で一番常識人なのかもしれない

2021.07.23

 ファンタジー作品の名作を多く世に送り出してきた真島ヒロ先生の新作・新境地であるSF(スペースファンタジー)作品『EDENS ZERO』。旅するメンバーを支える兄貴分"ワイズ・シュタイナー"を好演されている手塚ヒロミチさんに本作に対する想いを語っていただきました。[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

人間臭いキャラクターだなと思います

──まずは、ワイズ役オーディションの際のお話を伺えますか。

手塚(ヒロミチ):今回のワイズはテープオーディションだけだったんです。それもあって、受けてから結果をいただくまでがいつも以上に長く感じました。真島(ヒロ)先生の作品は『RAVE』のころから読んでいて今作の『EDENS ZERO』も読んでファンだったので、その作品のオーディションという事で凄く気合が入っていました。でも、スタジオオーディションがないため現場でディレクションをいただくという事がなかったので、自分が思い描いて演じたワイズが合っているのかという事に不安がありました。なので、実際に決まったという事で本当に感無量で嬉しかったです。

──相手の求めるキャラクターイメージが分からないなかだとさらに緊張の気持ちは増しますね。

手塚:スタジオオーディションでもドキドキなので、緊張は変わらないです。でも、全く手探りというのは不安でしたね。

──手塚さんはワイズをどういうキャラクターだと思い描いていましたか。

手塚:読者として読んでいた時は、凄いカッコいいキャラだと思っていました。演じるにあたって役者目線で改めて読んでいくとメインキャラクターたちの中では特に人間臭いキャラクターだと感じました。勧善懲悪で悪に立ち向かうという感じでもなく人間臭い。お金に汚い一面もありますが、そこも全て合わせてカッコよく、実際の心根は優しい。ギャップがある所が魅力的だなと感じています。オーディションでもその点を意識して演じました。

──ワイズが人間臭いというのは私も感じていました。その人間臭さが読者目線に近いのかもしれないですね。『EDENS ZERO』はSF(スペースファンタジー)作品と言こともあって知らない世界を描いているので、そういった作品で人間臭さがあるワイズが居てくれるのは、心の面では繋がることが出来るので『EDENS ZERO』の世界をより身近に感じることが出来ます。

手塚:そういっていただけると嬉しいです。

──真島先生はコミックのあとがきで、ワイズは「主人公側のクズ」と書かれていますね。

手塚:そうですね(笑)。ワイズは不良ですし、やりたくないことはやりたくないと言ったり、その時々の欲望に素直なので、それを表現したのんでしょうね。

031_01.png

──そうですね。不良やアウトサイダーという事を真島先生なりの表現で表した言い方なんでしょうね。

手塚:そうだと思います。人間の本音の面ではそう思っているところはあるでしょうから、やっぱり人間臭いキャラクターだなと思います。

──私はワイズが作品の中で一番演技のふり幅が必要なキャラクターだなと感じています。もちろん、他のキャラクターを演じるにあたっても演技力が確かでないといけないのは言うまでもないですが、ワイズは不良とヒーロー、コメディとシリアス、そして50年の年齢差を同じキャラクターとして演じなければいけない。人間味があるからこそ複雑という事もあると思いますが、実際に演じる際に意識されていることを伺えますか。

手塚:この作品は時間軸が関係ない作品で、作中でもありますが同じ人間でも過ごした時間は違うんです。これからの歩みによっては違う未来をたどって違う人になるかもしれない、そういう意味では老人ワイズと青年ワイズは別の人間だと思って演じています。

──そうなんですね。

手塚:ただ、根底にある部分は同じ人間だという事も意識しています。実は優しいという部分や女好きといったところなど変わらない部分がです。年を取って丸くなるなど見た目が変化する部分はありますが、変わらないものがあるというのは作中でも見て取れます。老人ワイズと青年ワイズで共通している部分・違っている部分をそれぞれの年代でどう合わせるか意識して演じさせていただきました。

──青年ワイズならではの特徴はどこですか。

手塚:青年ワイズに関して言うと基本的にツッコミが多いところです。

──確かに。シキはボケですもんね。

手塚:レベッカも普段はツッコミなんですけど、レベッカも一緒にボケるときにツッコムのがワイズなんです。

──確かに。そこも演じ分けが必要になる訳なんですね。

手塚:基本的にワイズは本音で話すことが多い思うので、ストレートに演じるように心がけています。ワイズもあまり裏で計算をするという事をしないので。ホムラを怪しんでいたりとかはしていましたけど、結局そこも受け入れていましたし。この表現が正しいかは分からないですけど、あまり思慮深くなりすぎないキャラかなと思います(笑)。

──わかります(笑)。あとはお兄さん的な立ち位置なのかなとも思っています。

手塚:もしかしたらメンバーの中で一番常識人なのかもしれないですね。

058_01.png

このアーティストの関連記事

「EDENS ZERO」

真島ヒロ(著)  発行:講談社
第1巻~第16巻 発売中
第1巻~第14巻  価格: 450円+税
第15巻・第16巻 価格: 480円+税

amazonで購入

テレビアニメ「EDENS ZERO」Blu-ray&DVD第1巻 完全生産限定版

【収録話数】
第1話~第3話
【発売日】
2021年8月4日(水)
【価格】
Blu-ray:6,600円(税込)
DVD:5,500円(税込)

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

TVアニメ「EDENS ZERO」
 
「EDENS ZERO」第一弾キービジュアル.jpg
 
毎週土曜日24時55分より日本テレビ系ほかにて放送・配信中!
 
-Cast-
シキ:寺島拓篤
レベッカ:小松未可子
ハッピー:釘宮理恵
ワイズ:手塚ヒロミチ
ピーノ:井澤詩織
ホムラ:青木志貴
エルシー:大原さやか
ジギー:大塚芳忠
マザー:井上喜久子 ほか
 
-staff-
原作:真島ヒロ(講談社「週刊少年マガジン」連載)
総監督:石平信司
監督:鈴木勇士
シリーズ構成:広田光毅
アニメーションキャラクターデザイン:迫由里香
サブキャラクターデザイン:菊池隼也
美術監督:魏斯曼(スタジオちゅーりっぷ)
色彩設計:伊藤由紀子
撮影監督:廣瀬唯希
編集:後藤 正浩(REAL-T)
音響監督:はたしょう二
音響制作:マジックカプセル
音楽制作:日本テレビ音楽
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:講談社・日本テレビ
 
6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻