Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー百鬼朱紀(sui sui)- 最後までアイドルでいたかったし、貫きたかった。アイドルになってめっちゃ良かったです!

最後までアイドルでいたかったし、貫きたかった。アイドルになってめっちゃ良かったです!

2021.07.20

わたしを見つけてくれてありがとう

──卒業を発表されてからファンの方の反応はいかがでしたか。

百鬼:それが、結構想像以上に前向きな言葉をかけてくれる人が多かったんです。「幸せになってね」って言ってくれて、sui suiの2年間でファンの人と築いたものはこんなに強かったんだなと改めて実感しました。こんなに人生を応援してくれてるんだって思うと、自分が活動をしてきたことは間違いなかったなって思いました。

──その関係性って、メンバー全員がSNSで自分たちの気持ちやファンの方への感謝をちゃんと伝えているからこそだと思います。

百鬼:それはもうファンの人たちがあたたかいグループなので、メンバーみんな自然にこうなったんですよね。自分たちから発信をしないと伝わらないし。わたしたちは感情が表情にはあまり出ないタイプが多いので、だからこそちゃんと言葉にしないと伝わらないぞってみんな思ってるんだと思います。

──SNSやツイキャスだと、アー写や楽曲のかっこいいイメージとはまた違った面が見えてとても良いですよね。メンバー同士がいい関係性なんだなって感じますし、グループの活動に慣れていってもファンの存在を忘れていないんだなと思います。

百鬼:たぶんみんなガチガチに自分のキャラをつくり込むタイプじゃないので、ちょっと素を出しつつ、というかつい素が出ちゃうほうが強いですね(笑)。

nakiri001.jpg

──百鬼さんは歌い出しを担当されることも多かったですが、グループをこういう面で引っ張っていきたいとか、こういう面で支えたいって思っていた部分はありますか?

百鬼:自分はなににも特化できていないなって思うんですけど、まわりの人からはsui suiそのものだって言っていただくことが多かったです。自分がパフォーマンスで引っ張っていける部分は声量だったんですけど、新メンバーが入ってみんな個性があるし、ユーキちゃんはわたしよりも声量があったし歌もうまいし、葵已ちゃんはダンスが秀でていて頼りになるし、和音はオールマイティーでなんでもできるうえに周りを見ることもできる、彩凪は彩凪にしかない魅力を持っている。もうみんなに全部任せようって思えたんです。だから、すごくニュートラルな立ち位置だったのかなって自分では思います。

──sui suiの百鬼朱紀だった自分を振り返るといかがでしたか。

百鬼:……オタク目線で自分を見ると、ほんとうに不出来なアイドルだったなって思います。推してあげられないかもしれない(笑)。でも良かったです! アイドルになってめっちゃ良かったです! 濃いどころじゃない2年だったと思います。絶対走馬灯の最初に出てきますもん。

──「アイドルになって良かった」という言葉、百鬼さんを推していた方はとても幸せだなと思います。最後に、応援してくれた方へメッセージをお願いします。

百鬼:わたしを見つけてくれてありがとうって言いたいです!

五人体制4.jpg

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻