Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューイシグロキョウヘイ(監督)×佐藤大(脚本)- 「サイダーのように言葉が湧き上がる」音楽も記憶とリンクしている

「サイダーのように言葉が湧き上がる」音楽も記憶とリンクしている

2021.07.19

等身大の子たちに作ってもらうのが一番いいという思いが

──音楽ものとして出発したとのことですけど、タイトルも含めて俳句を選んだのは何故なんですか。俳句も詩ですが、音楽というと少し離れるのかなと思いますが。

大:イシグロさんから「音楽が生まれる瞬間みたいなものを描きたい。」と言われたんです。具体的な話となった時に「ヒップホップとソフトロックみたいものが混然一体となった瞬間に新しい音楽が生まれる」みたいな話をしたんです。じゃあ、それはどういう瞬間何だろうとヒップホップを調べていく中で、いとうせいこうさんと金子兜太さんの対談集「他流試合──俳句入門真剣勝負!」と出会ったんです。その本の中で金子さんが「俳句はもしかしたら、ヒップホップかもしれない。」という流れのお話をされているのを目にして、これだと思いイシグロさんに「この本を読んでくれませんか。」と勧めたのが俳句にグッと寄った始まりです。

イシグロ音楽が元になっていることが重要だったんです。俳句と聞くと文学で音楽っぽいとは感じませんが、「他流試合──俳句入門真剣勝負!」を読んだことでこれも音楽なんだと思えるようになったんです。俳句は面白いんですよ。あと、大さんから映画『8 Mile』でリリック・ライムを思いついた時にメモ帳に書くというのが、句を詠む子たちが俳句を思いついた時に手帳に書くということに置き換えることでキャラクター付けになるんじゃないか、それがスマホだったらというところで物語が進んでいったんです。

大:「ゲットダウン」という詩人の男の子がラッパーに変わっていくというNetflixのドラマの話もイシグロさんとしていて、そういう色々からチェリーが俳句少年になっていきました。

──ラップというものも影響があったんですね。タイトルも高校生の俳句が元になっていて、作中も実際の高校生から作品提供をしてもらっているとのことですが。

イシグロ等身大の子たちに作ってもらうのが一番いいという思いがあって、相談したところ「面白そうだからやってみたい。」と好意的に協力してもらえました。句会を開いてもらったのですが、そこでは出来上がって終わりではなく、批評するんです。

【サブ3】ckw_c_0669_still.jpg

──お二人もその句会に行かれたのですか。

イシグロはい、立ち会わせてもらいました。それこそラップバトルじゃないですけど、意見の言い合いもあって。そういう所から推敲されて句が新しくなっていく、そのやり取りが物語に反映されていくということもありました。

大:僕らも俳句は素人なので、監修を含めて相談させていただいた橋下優歩さんから「句が生まれ、語られ、修正されて、完成されていくかを実際に見た方がいい」と助言をいただいて見せてもらうことにしました。

イシグロ特に「夕暮れのフライングめく 夏灯(なつともし)」のエピソードは忘れられないです。作中ではスマイルが「“めく”可愛い」と言うんですけど、それは実際の句会でもあったことなんです。朴訥した少年が句を発表した時に1つ上の元気のいい女の子から「“めく”超かわいい。私好き」と言われるんです。

大:それを言われた男の子が「かわいい? わかんない。」みたいになったんです。それが繰り広げられているとき、イシグロさんと二人で目を合わせて、これ入れなきゃって。

イシグロ映像で覚えてますもん。机2つを挟んで、1つ上のお姉ちゃんが「超“めく”可愛い」って言っている姿。

──まさにチェリーとスマイルの関係性じゃないですか。

イシグロアニメはなかなか偶然性が許容されることが無いんですけど、シナリオに関してはライブ感がありました。

大:監修に入ってもらった時にも「上手い句になっちゃダメ。初々しい部分を獲得しないと監修としてもリアリティが出ない。」と言われていたんです。実際に見たことで「このことか」と思いました。そういった、句が生まれるまでのリアリティもちゃんとやっています。

【サブ5】ckw_b_0479_still_1.jpg

「サイダーのように言葉が湧き上がる」
著者:おおのいも  
原作:フライングドッグ  

協力:スタジオ心
発行:KADOKAWA
第1巻 価格:600円+税
第2巻・第3巻 価格:610円+税

amazonで購入

THEME SONG主題歌
「サイダーのように言葉が湧き上がる」
never young beach

ビクターエンタテインメント

amazonで購入

【収録内容】
1. サイダーのように言葉が湧き上がる
2. シティサイド・ラプソディ
3. サイダーのように言葉が湧き上がる (Instrumental)
4. シティサイド・ラプソディ (Instrumental)

LIVE INFOライブ情報

フライングドッグ10周年記念作品「サイダーのように言葉が湧き上がる」
 
7月22日(木・祝)より全国劇場にて公開!
 
-Cast-
チェリー:市川染五郎
スマイル:杉咲 花
 
ビーバー:潘めぐみ
ジャパン:花江夏樹
タフボーイ:梅原裕一
ジュリ:中島 愛
マリ:諸星すみれ
紘一:神谷浩史
まりあ:坂本真綾
フジヤマ:山寺宏一
つばき:井上喜久子 ほか
 
-staff-
原作:フライングドッグ
監督・脚本・演出:イシグロキョウヘイ
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン・総作画監督:愛敬由紀子
音楽:牛尾憲輔
主題歌:never young beach『サイダーのように言葉が湧き上がる』
劇中歌:大貫妙子『YAMAZAKURA』
演出:山城智恵
作画監督:金田尚美、エロール・セドリック、西村郁、渡部由紀子、辻智子、洪熙昌、小磯由佳、吉田南
原画:森川聡子
プロップデザイン:小磯由佳、愛敬由紀子
色彩設計:大塚眞純
美術設定・レイアウト監修:木村雅広
美術監督:中村千恵子
3DCG監督:塚本倫基
撮影監督:棚田耕平、関谷能弘
音響監督:明田川仁
アニメーションプロデューサー:小川拓也
配給:松竹
アニメーション制作:シグナル・エムディ、サブリメイション
製作:『サイダーのように言葉が湧き上がる』製作委員会
 
“言の葉が 弾け飛ぶ夏 強炭酸”『サイダーめく団地団 夜』
 
脚本を担当された佐藤大さん登壇のイベント開催
7/22公開『サイダーのように言葉が湧き上がる』についてもトーク予定!!
 
7/27 START 19:00
視聴チケット 2,000円
 
【今回の登壇予定メンバー】
団地団 are
佐藤大(脚本家)/大山顕(写真家)/速水健朗(ライター)
山内マリコ(作家)/稲田豊史(編集・ライター)/うめ・妹尾朝子(漫画家) ほか
※出演者の諸事情により、やむをえずリモート参加、遅刻、欠席になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
 
 

RECENT NEWS最新ニュース

6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻